「シャレ突き上げてんな〜!」

編集部員

今日は台湾にある「日月潭(リーユエタン)」という湖です!昨日、台北には行ったことがあるとお聞きしたのですが、ここには行きましたか?
あ、行ってないんだけど行きたいと思ってるところだー!!確かちょっと遠いんだよね…。

ともちんぱ

編集部員

標高の高いところにある高山湖なので、確かにちょっと遠いですよね。少しディープな場所なのですが、ご存知だとはさすがです!中華美人にも人気な映え間違えなしの湖なので、ぜひ行ってほしいなと思います。
うわー、いまSNSで調べてみたんだけど投稿されてる画像がどれもシャレ突き上げてんな〜(笑)。ポージングして写真撮ってもめちゃくちゃ似合うってすごいわ!

ともちんぱ

編集部員

確かに、どんなポーズでも似合ってしまいそうですよね。ちなみにここは水上アクティビティも豊富で、スタンドアップパドル(SUP)とかもできるらしいですよ!
SUPができるくらい広いんだ!?黄龍とかを見てても思ったんだけど、湖ってこんなにきれいなんだね。海より湖のほうがきれい説あるよ。これはプロのカメラマンに同行で撮影してほしいわ〜!

ともちんぱ


「行ってくれます?イェーイ!」編集部のカメラマンのうなずきに喜ぶともちんぱさん

◆◆◆

 

今日のギャルからの学び

ギャル曰く「シャレ突き上げて」いる日月潭の絶景。ギャルのSUPには今回のインタビューの様子を撮影したカメラマンさんも「ぜひ同行したい」と、また一つおもしろそうな企画アイデアが浮かんだことに盛り上がる編集部でした。

日月潭って?

湖の北側が太陽(日)、南側が月形をしていることから「日月潭」と呼ばれている。もともとはエメラルドグリーンの淡水湖だが、太陽の日差しの当たり具合によって様々な色に変化する。いちばん美しい色に輝くのは夜明けの時。レンタサイクルもあるので、湖のまわりを自由に散策してみよう。日月潭一周を達成すると、環湖証明証なるものがもらえる。

『365日 世界一周 絶景の旅』とは

「いつか旅に出てみたい」「世界中の美しい景色を見てみたい」という夢を現実にするために生まれた一冊。TABIPPOが編集を担当し、一年をかけて本当に行くことができる世界一周ルートと共に、途中で見ることができる365カ所の絶景が紹介されている。
(https://pas-pol.jp/product/365book/)
***
photo by model:Shigeki Naganuma 絶景:HTU/Shutterstock.com
他のギャル旅365記事を見る

ライター

埼玉県生まれ。あまいものと音楽を愛でるヲタク気質な19歳。高校を卒業し、自分の「好き」と向き合うためにギャップイヤーを謳歌中。一日をちょっとだけ豊かにするアイデアブログ「PEACHY mode」の管理人。夢は 「自由でご機嫌な人生を送ること」。来年からはマレーシア国内の大学に留学予定。

RELATED

関連記事

RANKING

人気記事ランキング