「グルコサミン持って行かなきゃ〜!!」

編集部員

11/24は「キナバル山」です!ここはマレーシアにある標高4,095mの山ですね。山登りはされたことありますか?

一回も挑戦したことないんだよね!山登りが得意な人には楽しいんだろうけど、虫いるしキツそうだし、たぶんできないと思うんだよ〜。

ともちんぱ

編集部員

キナバル山は森というよりかは階段や岩登りがメインの山なので、虫こそいないかもしれませんがかなりキツそうですよね。どうやら、富士山に登った経験がある方が次に挑戦する山としてキナバル山は取り上げられるとのことです。
うわー、階段めっちゃあるならグルコサミン持って行かなきゃ〜!!じゃあうちらは先に富士山に挑戦しなくちゃいけないんだね。富士山にはマジで興味ないから、なんとか楽しみ方を見つけなくちゃ…(笑)

ともちんぱ

編集部員

富士山には興味がないんですね!?(笑)海外の山なら、生態系も日本とは全く異なるのでもしかしたら楽しめるかもしれませんよ!世界最大の花、『ラフレシア』もあるそうです。
ラフレシアって匂いが強烈なやつだよね?『ポケットモンスター』にもラフレシアっているし、これはマジもんのポケモンができるね!やっぱりアジアって癖が強いな〜。

ともちんぱ

◆◆◆

 

今日のギャルからの学び

グルコサミンが必要なほど険しい階段やクライミングを経て見ることができる、キナバル山の絶景。本人は「できないと思うんだ。」と仰っていたものの、登山やその過程で出会う生態系に反応するギャルたちの様子をぜひ見てみたいと思う編集部でした。

キナバル山って?

赤道近くに位置するキナバル山は高さによって植生がガラリと変わるユニークな山で、スタート地点ではジャングルでも、登るにつれ灌木帯、岩山と風景が様変わりしていくのが特徴。ランなど珍しい植物を探しながら歩けば、つらい登りもあっという間。東南アジア最高峰の山として名高い山頂で臨む日の出は、富士山から見るご来光に勝るとも劣らない絶景だ。

『365日 世界一周 絶景の旅』とは

「いつか旅に出てみたい」「世界中の美しい景色を見てみたい」という夢を現実にするために生まれた一冊。TABIPPOが編集を担当し、一年をかけて本当に行くことができる世界一周ルートと共に、途中で見ることができる365カ所の絶景が紹介されている。
(https://pas-pol.jp/product/365book/)
***
photo by model:Shigeki Naganuma 絶景:北野正樹
他のギャル旅365記事を見る

ライター

埼玉県生まれ。あまいものと音楽を愛でるヲタク気質な19歳。高校を卒業し、自分の「好き」と向き合うためにギャップイヤーを謳歌中。一日をちょっとだけ豊かにするアイデアブログ「PEACHY mode」の管理人。夢は 「自由でご機嫌な人生を送ること」。来年からはマレーシア国内の大学に留学予定。

RELATED

関連記事

RANKING

人気記事ランキング