「旅人は最終的にこういうところにたどり着くんかな?」

編集部員

11/26は「カワイジェン火山」です!ここはインドネシアにある火山で、世界中のカメラマンが行きたい場所として有名だそうです。

めちゃくちゃ青いのに火山なの!?すごく綺麗だけど、なんで青いのか気になるな〜。

ともちんぱ

編集部員

ここの溶岩には硫酸が溶け込んでいるんです。山頂の近くにある火口湖は「死の湖」とも呼ばれている、生き物も住めないような湖だそうですよ。
うわ〜、そういうことか!硫黄が溶け込んでるってことはガスマスクが必要系な危険スポットだね。溶岩に巻き込まれて命失うのだけは勘弁してほしいから、ここは映像で楽しもうかな(笑)。

ともちんぱ

編集部員

ツアーで案内してもらうこともできるのですが、煙の近くまで行くためにはガスマスクが必須だそうですよ!綺麗なのに危険なところが、さらに冒険家精神を掻き立てるんだと思います。
世界中をまわって色んなものを見すぎた人は、最終的にこういうところにたどり着くんかな(笑)?私はここまで身体張れないけど、生で見たら絶対綺麗なんだろうな!!

ともちんぱ

◆◆◆

 

今日のギャルからの学び

生き物も住めないほど酸性濃度の高い「死の湖」を持つカワイジェン火山の青い景色に喰いつく青好きなともちんぱさん。絶景と危険度のギャップに。最高の景色を撮るためなら体を張って硫黄に飛び込むことも厭わない、カメラマンや旅人の冒険家精神に興味津々な様子でした。

バガンって?

ジャワ島にあるアジア最大の噴火口を持っている火山で、神秘的な硫酸湖が有名。な火山。カワイジェンというのは「緑のクレーター」「緑の火口」という意味で、火口湖の色からつけられた名前。日中は日の光によって見えなかった炎も、夜になると青い光を放って漆黒の闇に揺れる。その光景は「青く光る溶岩」と呼ばれ、世界中のカメラマンを誘う、美しくも危険な冒険心を煽る場所に変貌する。

『365日 世界一周 絶景の旅』とは

「いつか旅に出てみたい」「世界中の美しい景色を見てみたい」という夢を現実にするために生まれた一冊。TABIPPOが編集を担当し、一年をかけて本当に行くことができる世界一周ルートと共に、途中で見ることができる365カ所の絶景が紹介されている。
(https://pas-pol.jp/product/365book/)
***
photo by model:Shigeki Naganuma 絶景:Manamana/Shutterstock.com
他のギャル旅365記事を見る

ライター

埼玉県生まれ。あまいものと音楽を愛でるヲタク気質な19歳。高校を卒業し、自分の「好き」と向き合うためにギャップイヤーを謳歌中。一日をちょっとだけ豊かにするアイデアブログ「PEACHY mode」の管理人。夢は 「自由でご機嫌な人生を送ること」。来年からはマレーシア国内の大学に留学予定。

RELATED

関連記事

RANKING

人気記事ランキング