ライター
新田 浩之 フリーライター

国鉄が民営化された1987年生まれ。神戸市出身です。高校の時に読んだある小説の影響で、中央ヨーロッパ、東ヨーロッパ、ロシアに強い関心を持つことに。大学、大学院ではユーゴスラビアのことを勉強していました。2016年3月からライターとして神戸で活動しています。 直近では2015年9月から3ヶ月間、友人を訪ねながら、ヨーロッパ14カ国をめぐる旅を決行。ただ、イギリス、フランス、イタリア、スペインなどの西欧諸国には行ったことがありません。

こんにちはライターの新田です。今回は北海道で使える旅行キャンペーンを紹介します。寒さが本格化する前に北海道旅行を楽しんでみませんか。

Go toトラベルキャンペーンについて

photo by shutterstock
最初に、全国で行われているGo toトラベルキャンペーンについて解説します。

制度の説明

Go toトラベル事業(キャンペーン)は国土交通省が行っている国の事業です。目標としてはウィズコロナ時代における「新しい生活様式」に基づく旅のあり方を普及・定着させるものとされています。さてGo toトラベルキャンペーンの主な内容は以下のとおりです。

・対象は国内旅行に限り、宿泊・日帰り旅行代金の50%相当額を支援します
・給付額のうち、70%は旅行代金の割引、30%は旅行先で使える地域共通クーポンとして付与
・1人1泊あたり給付上限は2万円、日帰りの上限は1万円
・連泊や利用回数の制限はなし

要するにGo toトラベルキャンペーンを使うと上限はあるものの旅行代金は事実上、半額に!旅行代金が割り引かれるだけでなく、旅行先のショッピングに使える商品券のような地域共通クーポンがもらえます。

制度の期間

2020年11月8日現在、Go toトラベルキャンペーンの実施期間は2020年7月22日~2021年3月15日とされています。ただ「実施期間を延長すべきだ」という意見もあり、今後変更される可能性があります。

制度の対象範囲

2020年10月1日から、Go toトラベルキャンペーンは東京都発着も対象になりました。そのため全国で使えます。

各旅行会社の情報をチェック

各旅行代理店やオンライン予約サイトではそれぞれお得な情報やキャンペーンを開催中ですので、ぜひチェックしてみてください。

詳細はこちら

Go toトラベル キャンペーンは、今後も何かしらの変更が行われる可能性があります。最新情報には十分に注意しましょう。

Go toトラベルキャンペーンの利用方法

Go toトラベルキャンペーンはホテルや航空会社の公式サイトからの予約・購入には適用されません。各旅行サイトから「Go toトラベルキャンペーン適用!」「クーポン獲得!」といったマークがある旅行プランを選んで申し込みます。旅行サイトによって購入方法は異なるため、各サイトの指示に従ってください。

Go to トラベルキャンペーンの利用にあたっては、国土交通省が発表している「新しい旅のエチケット」を守るようにしましょう。宿泊日数分のマスクもお忘れなく!

どうみん割

photo by shutterstock

制度の紹介

どうみん割」は北海道民を対象とした旅行キャンペーンです。道内を旅行すると最大半額(上限は1万円)まで補助が受けられます。たとえば宿泊旅行商品は一人1泊あたり最大1万円、交通付き日帰り旅行商品は最大5,000円まで補助されます。なお1回あたりの上限は5連泊までとなっています。

申込方法は対象事業者に直接連絡してください。連絡後、対象事業者から詳細な説明があります。利用の際は施設に利用者全員が北海道民であることを示す証明書の提示が必要です。

制度の期間

~2021年1月31日(宿泊の場合はチェックアウト)です。

制度の対象範囲

北海道民

割引金額の例

交通付き宿泊旅行商品
1人(1泊)あたりの販売価格が2万円以上の場合
→割引額は1万円

交通付き日帰り旅行商品
1人あたりの販売価格が5,000円の場合
→割引額は2,000円

アウトドア体験等の商品
1人あたりの販売価格が6,000円の場合
→割引価格は3,000円

「Go Toトラベルキャンペーン」との関係

「Go To トラベルキャンペーン」との併用はできません。

この割引が利用できる旅行予約サイト
近畿日本ツーリスト 
JALダイナミックパッケージ
日本旅行

りとうぷらす

photo by PIXTA

制度の紹介

りとうぷらす」は北海道民を対象に北海道内の離島の宿泊施設で利用できます。基本的なシステムは「どうみん割」と同じですが、「りとうぷらす」は上限が1万2,000円となります。

2020年11月現在、「りとうぷらす」の主な対象地域は礼文島、利尻島、天売島、焼尻島、奥尻島です。連泊ツアーの場合、旅行プランに離島が含まれていれば、それ以外の宿泊日も「りとうぷらす」の割引が適用されます。上限は5連泊ですが、欠航により離島に留まった場合は延泊分も補助されます。

制度の期間

~2021年3月7日

制度の対象範囲

北海道民

割引金額の例

1人(1泊)あたりの販売価格が2万円以上の場合
→割引額は1万2,000円

交通付き宿泊旅行商品
1人(1泊)あたりの販売価格が2万円以上の場合
→割引額は1万2,000円

交通付き日帰り旅行商品
1人あたりの販売価格が5,000円の場合
→割引額は2,500円

アウトドア体験等の日帰り旅行商品
1人あたりの販売価格が6,000円の場合
→割引価格は4,000円

「Go Toトラベルキャンペーン」との関係

「Go To トラベルキャンペーン」との併用はできません。

小樽宿泊サンキュークーポン付き宿泊プラン

photo by shutterstock

制度の紹介

小樽宿泊サンキュークーポン付き宿泊プラン」で対象の宿泊施設に泊まると、小樽市内の観光施設や飲食店で利用できる2,000円分の「小樽宿泊サンキュークーポン」がチェックイン時にもらえます。

申込は日本旅行の「小樽★サンキュークーポン2,000円付きプラン!」もしくはHISの「2,000円分のクーポン付『小樽・朝里川温泉』ホテル宿泊プラン!」から。

制度の期間

~2021年3月1日
※ただし宿泊日は2021年2月28日までが対象です。
※1万名に達した時点で宿泊プランは販売終了となります。

制度の対象範囲

小樽市内の宿泊者

割引金額の例

5,000円(対象商品)-2,000円(クーポン)=3,000円(支払価格)

この割引が利用できる予約サイト
日本旅行

泊まって遊ぼうおびひろ割

photo by shutterstock

制度の説明

泊まって遊ぼうおびひろ割」は、帯広市内の宿泊施設に宿泊する人1名1泊につき、最大3,000円の割引が適用されます。割引額は以下のとおりです。

1名1泊 宿泊料金6,000円(税込)以上:3,000円割引
1名1泊 宿泊料金6,000円(税込)未満:50%割引

利用回数の制限はありませんが、連泊の上限は5泊までです。また各施設により販売対象日や販売上限人数が異なります。申込は各旅行会社やオフィシャルサイトが用意している「泊まって遊ぼうおびひろ割」の記載があるプランを選んでください。

制度の対象

特に制限はありません。

割引金額の例

7,500円(宿泊料金)-3,000円(補助)=4,500円(支払料金)
5,500円(宿泊料金)→2,750円(支払料金)宿泊料金が6,000円未満なので、50%OFFが適用されます。

「Go Toトラベルキャンペーン」との関係

「Go Toトラベルキャンペーン」との併用は可能ですが、他キャンペーンとの併用はできません。

洞爺湖町おもてなし商品券

photo by PIXTA

制度の説明

洞爺湖町の登録宿泊施設に宿泊すると町内の取扱店で利用できる「洞爺湖おもてなし商品券」がもらえます。宿泊客1名に対し1枚(1,000円分)が配布されますが、連泊の場合でも1回の旅行につき1枚です。

制度の対象

洞爺湖町にある対象施設に宿泊した方

割引金額の例

定価-1,000円(商品券)=支払金額

都道府県民限定プラン(JTB)

photo by PIXTA

制度の説明

新型コロナウイルス感染症に伴う緊急事態宣言から立ち直るべく、同一県内の旅行者を対象とした限定プランです。詳細はJTBウェブサイトにある「都道府県民限定プラン」をご覧ください。

なお「都道府県民限定プラン」の利用にあたってはチェックイン時に宿泊者全員分の身分証明証の提示が求められます。提示できない場合は通常プランの料金となるのでご注意ください。

制度の対象範囲

北海道民が対象
※北海道民以外の方は利用できません。

割引金額の例

「都道府県民限定プラン」に表示されている金額は「Go toトラベルキャンペーン」適用以前のものです。予約を進めると「Go toトラベルキャンペーン」のクーポンを獲得でき、表示価格の35%引きで宿泊できます。

なお割引率は商品によって異なり、追加料金なしでのアップグレードやホテルにあるレストランへの割引適用、カートレンタル無料など、さまざまな特典が行われているものもあります。

キャンペーンを利用して、お得に北海道を旅しよう!

北海道は各自治体で旅行キャンペーンを行っていますが、対象が北海道民や町内に限っているものもあります。北海道民でない方は、よくよく調べてみてから利用するようにしましょう。

なおそれぞれの旅行キャンペーンの条件などは、変更される可能性があります。利用の際は必ず各Webサイトにて確認してください。

ライター
新田 浩之 フリーライター

国鉄が民営化された1987年生まれ。神戸市出身です。高校の時に読んだある小説の影響で、中央ヨーロッパ、東ヨーロッパ、ロシアに強い関心を持つことに。大学、大学院ではユーゴスラビアのことを勉強していました。2016年3月からライターとして神戸で活動しています。 直近では2015年9月から3ヶ月間、友人を訪ねながら、ヨーロッパ14カ国をめぐる旅を決行。ただ、イギリス、フランス、イタリア、スペインなどの西欧諸国には行ったことがありません。

RELATED

関連記事

RANKING

人気記事ランキング