カリブ海に浮かぶ島!グラナダのおすすめ観光スポット24選

Pocket はてブ

カリブ海に浮かぶ島のひとつで、イギリス連邦加盟国であるグラナダは、1498年コロンブスによって発見された国です。名前の由来は諸説ありますが、有力説は、スペインのグラナダからといわれています。

「スパイスアイランド」として知られるグラナダは、ナツメグ、シナモン、クローブ、バニラ、カカオなどが豊富な国で、肥沃な火山灰層からできています。首都のセントジョージは、グラナダでは最大の都市です。

過去にフランスや英国から支配された経験のあるグラナダでは、観光などの短時間滞在でも、十分にその両国の影響を感じることができます。今回は、そんなグラナダのおすすめ観光スポットをご紹介します。

*編集部追記
2017年11月公開の記事に新たに追記しました。(2018/08/12)

 

グレナダに行ってみての感想

photo by shutterstock

カリブ海に浮かぶ島・グレナダ島は、限りなく透明で青い海と、絵画のように美しい街並みが魅力の場所です。スペインのグラナダと勘違いする人が多いようですが、グレナダ島はカリブ海にあるので注意!グラナダに行こうと思って、間違えてグレナダ島に来てしまう観光客も多々いるそうです(笑)。

そんなグレナダ島は、今なお美しい自然が残る場所で、キラキラと光るビーチはもちろんのこと、緑豊かな国立公園も多く、自然が大好きな人におすすめです。私がグレナダ島を訪れたのは数年前の夏でしたが、欧米からの観光客も多く、皆ビーチで寝そべったりと、ゆったりとした時間を過ごしていました。島自体がとてもきれいなので、ただそこにいるだけで癒されること間違いなしです!

 

観光する際のアドバイス

photo by shutterstock

グレナダ島はカリブ海諸国の中では治安の良い国として知られており、物価もさほど安くありません。屋台などもありますが、衛生面が気になる人はレストランで食事をするのがおすすめです。

 

グレナダのベストスポット

グランド アンセ ビーチ

グランドアンセビーチは、海の深さによって色が異なるので見ているだけでも面白い場所です。浅瀬は透き通ったエメラルドグリーンで、奥に行くと徐々に色が濃くなっていきます。「グランドアンセビーチは世界一」と称賛する人も多いほど美しく、リゾート気分を味わいたい人には特におすすめのスポットです。

 

サマーズガーデン

グレナダの落ち着いた静かな公共公園設備であるサマーズガーデン。歴史ある建造物なので観光スポットとしても人気があります。

■詳細情報
・名称:サマーズガーデン
・住所:Duke of York St, St. George, Bermuda

 

Grand Anse Beach

グラナダで最も有名な海岸Grand Anse Beachは、国を代表する観光スポット。総客室200室を超えるような巨大なリゾートホテルが立ち並ぶ海岸です。水上スキー、パラセーリング、カヤックなどマリンスポーツなどを楽しむことができます。

スノーケリングやダイビングなどにも訪れる人も多いところですが、特別なアクティビティに参加せずに、のんびりと青い海を眺める休暇もおすすめです。Grande Anse Beachそばには、スパイスを売っているスパイスマーケットがあるので、そちらを訪れてお土産探しをしてみるのもいいですね。

 

Carengage

セントジョージ市内にあるCarenageは、埠頭そばにあるとてもかわいらしい街です。ヨットや船を停泊させることができる港があります。新鮮なシーフードを食べることができるレストランも多く、地元の人だけでなく、観光客にも人気です。

SNS映えするフォトジェックにな町並みがつづくので、ぶらぶらと港を散歩して、きままに写真などを撮られてみてはいかが?

 

Annandale Falls

首都のセントジョージからさほど離れていないところにあるAnnandaleと呼ばれる滝があります。グラナダには色んな滝がありますが、比較的簡単に見に行くことができる滝という点では、ここがおすすめです。落差は10メーターほどで、滝の下で泳いだりすることもできます。滝近くから、熱帯植物園へ行く道も整備されています。

グラナダでは、ほとんどの滝には、見学料を徴収するためのゲートが設けられています。その周辺には簡単な売店があり、冷えたビール、ココナッツ、ジュースなどの類からお土産にできるネックレスなどが販売されていますので、時間があったら簡易売店をのぞいてみると、掘り出し物が見つかるかもしれませんよ。

■詳細情報
名称:Annandale waterfalls
オススメの時期:だいだい8時から夕方の4時ごろまで見ることが可能

 

Underwater Sculpture Park

Natasaさん(@natukka)がシェアした投稿 – 2017 1月 10 2:32午後 PST

海底彫刻パークがあるのは、グラナダの海の底。ちょうど首都のセント・ジョージの西海岸にあります。海底にある彫刻は、65基ほど。顔だけのもの、16体の女性が円陣を組んでいるものなど、様々。

もちろんこのような海底彫刻パークは世界初で、運営はGusmiと呼ばれるNOPボランティアが行っています。海の中においてある彫刻のために、海水などで変化していくのも興味深く、最初に見たときとまた違う雰囲気になるので、また何年かしたら訪れてみるのもいいですよ。

この海底彫刻パークを見に行くには、ツアーに参加するとよいでしょう。小さい子供だと2歳ぐらいから参加しています。高齢者だと90歳ぐらいまでです。もちろん健康に自信のあるかたが、参加してください。

■詳細情報
住所:Molinere bayの北部。グラナダの西海岸
1 2
Pocket はてブ

WRITER

羽田守
三度の飯より旅行が好きで、日本全国はもとより世界各国も「深く」旅するライターです。メジャーな場所より渋くディープなスポットが大好き。最近買ったアンドロイドタブレットのカメラ機能が秀逸で、旅先での撮…

TABIPPO.NETで
旅の情報をチェックしよう!

Twitter、Facebook、Instagram、LINE@で 編集部が毎日厳選してお届けします。

SNSやメールマガジンもチェック!

EVENTイベント情報

TABIPPOでは、全国で毎週「旅」をテーマにしたイベントを主催していますので、ぜひお気軽に足を運んでみてくださいね ♪

旅大学のWEBサイトを見る

GOODS旅に出たくなる商品

TABIPPOのモノづくりブランドPAS-POLでは、あなたにオススメな「旅グッズ」をたくさんご用意していますので、 ぜひチェックしてみてくださいね♪

オススメの旅グッズを全て見る

RANKINGカテゴリーランキング

スペインのおすすめ観光スポット・旅行情報一覧

FEATURED特集

特集一覧へ

EVENTイベント情報

GOODS旅に出たくなる商品