ライター
永野 桃 TABIPPO編集部 / フリーライター

書く人・エッセイスト。アメリカ・イギリスでの短期語学留学、ヨーロッパ鉄道周遊ひとり旅など経て、新卒でベンチャーの旅行会社に就職。現在は複数メディアにてフリーのライター兼編集者。趣味は英語で、映画は洋画を中心に年間150本を鑑賞。渡航国数は23ヶ国。

日本から約3時間半〜4時間でアクセスできる常夏の島・グアム。週末を利用して楽しむことができるリゾート地として、人気が高いエリアです。マリンアクティビティで思いっきり遊ぶもよし、買い物三昧で楽しむもよし、自然の中でリラックスするもよし。

そんなグアムにいく前に知っておきたい基本情報をまとめました。

*編集部追記
2019年5月公開の記事に新たに加筆しました。(2019/6/24)

グアムに行ってみた感想

グアム
photo by shutterstock

14歳のときに初めての海外旅行先で訪れ、23歳で二度目のグアムへ行きました。1回目は4月、2回目は9月だったのですが、4月の方が暑かった記憶があります。しっかり紫外線の対策をしていないと、すぐに日焼けをしてしまうので、日焼け止めはしっかり塗っておくことが大切です。

物価は安くはなく、レストランのディナーでは一人3,000円程度見込んでおくと良いでしょう。アメリカらしく、ジャンクフードを始めレストランは多いので、食事に困ることはなさそうです。

グアムの物価

グアムの物価は日本より少し高いくらいと考えてください。食べ物は特に、島でなかなか取れないものもあるので、レストランの食事は値が張ってしまうことも。

しかし、グアムには本場アメリカと同じくファストフードのお店がたくさんあります。毎日レストランに行って食事をしたり、アルコールを飲んでしまうと値が張ってしまいますが、たまにはピザをテイクアウトしたり、ファストフードで済ませてみても良さそうです。

 

グアム市内にはスーパーマーケットもいくつかあるので、キッチン付きの宿に滞在している場合は、現地の食材を利用して自炊するのも節約です。海外のスーパーマーケットは珍しい商品がたくさんあるので、いろいろ見て回るのも面白いですよ。

グアムの治安

グアムの治安
photo by shutterstock

グアムの治安は比較的良いですが、夜中に出歩いたり、夜遅くまで遊んでいると確実に狙われます。夜遅くなってしまう場合はタクシーなどを呼んで、安全はお金で買ったほうが良さそう。

グアム中心地は夜も観光客が集まりワイワイ騒いでおり、近くのお店が閉まってしまう時間まで人が多い印象です。ホテルが中心地に近い人は夜ご飯を食べた後、ショッピングをしても良さそうですが、少しでも危ないなと感じたら、タクシー配車サービスなどで安全に帰りましょう。

グアムの気候・服装・旅行シーズン

一年を通して非常に温暖で、まさに常夏。服装は夏服で問題ありませんが、日本よりもかなり紫外線が強く、外を少し歩いただけで日焼けをしてしまいます。体質によってはすぐにシミになったり、赤く痛くなってしまいます。

そのため、日焼け止めを全身に塗るのはもちろん、紫外線(UV)カットができる薄手で長袖のカーディガンを一枚持っておくと良いでしょう。忘れがちですが、サンダル焼けもしてしまうので、しっかり足まで日焼け止めは塗ります。

 

日焼け止めは水のような肌にスッとなじむものからスプレーなど種類はさまざま。使いやすいものを選んでいくのが良いです。

顔用の日焼け止めは、化粧品売り場で販売されているので、自分の肌に合ったものを使いましょう。万が一忘れてしまっても、出国前の免税店で購入できるので、必ず持って行きましょう。

グアムの通貨

グアム通貨
photo by shutterstock

アメリカドルです。グアムの空港にも両替はありますので、着いてから両替をしても大丈夫です。心配なら日本で両替をするというのもありです。

クレジットカードは基本的にナイトマーケット以外なら使うことができるので、最低二枚は持っていきましょう。なお、ナイトマーケットには移動式のATMがあるので、万が一現金が足りない場合でも楽しめますが、できるだけ事前に現金を持ち合わせておきましょう。

グアムのビザ

日本国籍であれば、最大45日以内の滞在の場合、ビザは必要ありません。あわせて、アメリカの電子渡航認証システムESTAは必須ではありません。

しかし、ESTAがあると入国書類(I-736)の記入が免除されることから、入国が簡略化されるので、少しでも早くグアムを楽しみたい人は、ESTAを事前に取っておくことをおすすめします。

 

さらに、ESTAを取得し一度でもハワイ・グアムを含むアメリカ本土に入国したことがある人は、APC(入国審査セルフサービス機)の利用が可能になります。長い列に並ばなくて済むのは非常に大きなメリットでしょう。

ライター
永野 桃 TABIPPO編集部 / フリーライター

書く人・エッセイスト。アメリカ・イギリスでの短期語学留学、ヨーロッパ鉄道周遊ひとり旅など経て、新卒でベンチャーの旅行会社に就職。現在は複数メディアにてフリーのライター兼編集者。趣味は英語で、映画は洋画を中心に年間150本を鑑賞。渡航国数は23ヶ国。

RELATED

関連記事

RANKING

人気記事ランキング