TABIPPO社員
中 美砂希 TABIPPO / 編集者・ディレクター

大学卒業後7年半神戸の旅館で勤めたあと、世界一周のために退職。枕が変わると寝れない・方向音痴・語学ができない・とにかく心配性の自分でも世界一周ができることを証明するため、9ヶ月の旅に出発。旅の途中は心配性な性格が功を奏しトラブルやスリの遭遇を回避して帰国。

日本全国に拡大し続けている、定額で世界中住み放題サービス「HafH(ハフ)」。2019年12月からは17の国と地域・国内外124都市・171拠点が「旅して働ける」場所として利用可能になり、日本国内では47都道府県を網羅する形となりました。

また、先日NECキャピタルソリューション株式会社と資本業務提携を結んだことで、HafHの目標でもある⾃社運営Coliving(コリビング)施設の拡大に向けて一歩前進しました。

定額制住み放題サービス「HafH(ハフ)」とは?

HafH(ハフ)は毎月定額(光熱費・備品・インターネット費用・敷金・礼金・保証金・家具購入費等の諸費用及び初期費用がオールインワン)で、全世界に住むことのできるプラットフォームを目指す、新しいサブスクリプション型住居サービスです。

月に5日泊まれる月額1.6万円のプランや、1ヶ月丸々泊まれて月額8.2万円のプランなど自身の生活スタイルに合わせてプランを選択し、利用することができます。

ノマドワーカーやフリーランスの方々が利用するだけでなく、企業に勤める方々にも、リモートワークやワーケーションとして利用することが可能です。

働く場所や働き方を自由に選択できるよになってきた時代、あなたはどう働き、生きますか?

働き方の選択肢増加に向けて

HafHを運営する株式会社KabuK Style(以下KabuK Style)は、定額制住み放題サービス「HafH(ハフ)」をより充実したサービスとするために、利⽤可能施設の拡充に注⼒しています。

特に、⾃社運営Coliving(コリビング)施設の拡充は、KabuK Styleが掲げるミッションである「多様な価値観を多様なまま許容する社会のインフラを創る」を達成するための重要な要素と位置付けています。

KabuK Styleが目指す未来は、まだ世界的にも定着していないColiving(コリビング)施設が住むための選択肢の⼀つとなること。多様になる働き方、暮らし方が増えていく中で、HafHの誕生により選択肢が増えた方も多いのではないでしょうか。

福岡の「THE LIFE HOSTEL & BAR LOUNGE」が直営の拠点に

第一弾として2019年11⽉から、株式会社TRASTAより「 THE LIFE HOSTEL & BAR LOUNGE」にかかる一切の業務の譲渡を受けたHafH。2020年2月1日(予定)のリニューアルオープンを計画しているとのことです。

HafH利用者にも大人気のこちらのホステル。リニューアルオープンがとても楽しみですね!さらに、第二、第三弾のプロジェクトも進行しているとのことで、「好きな時に好きな場所で過ごす」が実現できる環境がどんどん進化していっています。

働き方の多様性が広がっていく中、来年もHafHの躍進に目が離せません!

■詳細情報
・名称:THE LIFE HOSTEL & BAR LOUNGE
・住所:福岡市博多区祇園町8-13 第一プリンスビル
・地図:
・アクセス:福岡市営地下鉄 祇園駅より徒歩にて約10分
・電話番号:092-292-1070
・ベッド数:合計132床(ドミトリー:112床、個室 / 定員2名:10室)
・公式サイトURL:https://thelife-hostel.com/jp/

気軽にはじめられるHafH

どんどん拠点が拡大し、活用しやすくなっているHafH。ぜひ利用してその快適さを体験してみてくださいね。

HafHを見てみる

TABIPPO社員
中 美砂希 TABIPPO / 編集者・ディレクター

大学卒業後7年半神戸の旅館で勤めたあと、世界一周のために退職。枕が変わると寝れない・方向音痴・語学ができない・とにかく心配性の自分でも世界一周ができることを証明するため、9ヶ月の旅に出発。旅の途中は心配性な性格が功を奏しトラブルやスリの遭遇を回避して帰国。

RELATED

関連記事

RANKING

人気記事ランキング