writer
阿部サキソフォン TABIPPO編集部 / ライター

高橋歩さんの「BELIEVE YOUR トリハダ」という言葉に影響を受け、自身も人の心を動かせる仕事をしたいと決心。サックスとジャズへの愛が止められず、メンフィスとニューオーリンズを訪れたことから旅に目覚める。好きなものはお酒といちご。

関東の人気温泉地・箱根。箱根町には年間2000万人が訪れる有名スポットであり、近年では外国人からの人気も急上昇しています。温泉はもちろん、箱根でしか味わえない名物グルメや箱根の山が作り出す大自然の絶景、そして美術館やミュージアムも多くアート好きも多く訪れます。

本記事では、そんな箱根観光で行きたいスポットを時間ごとにまとめました!17時など早めに閉まる施設やお店も多いため、朝の早い時間から観光をスタートして、夜は温泉でゆっくりするのがいいかもしれません。

 

Morning(06:00-10:00)の箱根観光

箱根観光は、朝早い時間からスタート。人気のスポットは日中かなり混み合うため、ゆっくりと観光したい、人が少ないうちに写真を撮りたい人はこの時間帯をねらいましょう。

 

「箱根神社」の平和の鳥居で撮影

photo by Abe saxophone

朝一番のおすすめは箱根神社。瓊瓊杵尊(ニニギノミコト)、木花咲耶姫命(コノハナサクヤヒメノミコト)、彦火火出見尊(ヒコホホデミノミコト)を総称した箱根大神(ハコネノオオカミ)をお祀りする箱根神社は、パワースポットとして知られ交通安全や家内安全、心願成就などのご利益があるといわれています。

 

photo by pixta

参拝したあとに立ち寄りたいのが、こちらの「平和の鳥居」。真ん中に続く道の先まで進み、鳥居と自分の姿を写真におさめるのが人気となっています。日中は写真を撮ろうと行列ができますので、人が少ない朝の時間帯がおすすめです。

■詳細情報
・名称:箱根神社(九頭龍神社)
・住所:神奈川県足柄下郡箱根町元箱根80-1
・地図:
・アクセス:小田急箱根高速バス「山のホテル」下車徒歩3分、伊豆箱根バス「元箱根」下車徒歩10分、箱根登山バス「元箱根港」下車徒歩10分
・開園時間:9:00~16:00
・電話番号:0460-83-7123
・公式サイトURL:http://hakonejinja.or.jp/

 

「箱根ロープウェイ」で上空から絶景を楽しもう

photo by pixta

桃源台駅ー姥子駅ー大涌谷駅ー早雲山駅を結ぶ箱根ロープウェーに乗って、上空から絶景を楽しみましょう。天気のいい日には、富士山もこんなに美しく見ることができます。四季によって富士山の顔も変わるので、季節を変えて再度訪れるのもよさそうですね。

photo by pixta

大涌谷には「玉子茶屋」に続く遊歩道もありますが、上から見る景色も必見です。約3000年前に起きた山の水蒸気爆発によってできた景色を眺め、その歴史を感じてみましょう。

■詳細情報
・名称:大涌谷
・住所:神奈川県足柄下郡箱根町仙石原1251
・地図:
・アクセス:箱根湯本駅から箱根登山バス(T路線)約41分「桃源台」バス停乗り換え、箱根ロープウェイ(大涌谷行)で約16分「大涌谷駅」下車すぐ
・電話番号:0460-84-5201(大涌谷インフォメーションセンター)
・公式サイトURL:http://www.kanagawa-park.or.jp/owakudani/

 

「彫刻の森美術館」でアート作品を鑑賞

photo by Abe saxophone

箱根に数ある美術館の中でも、最近では「彫刻の森美術館」が人気を集めています。その理由が高さ18メートル、内径8メートルの「幸せをよぶシンフォニー彫刻」。陽の光の入り方によって塔の中も変化し、ステンドグラスがキラキラと輝きます。

photo by Abe saxophone

1969年に開館した日本初の野外美術館である彫刻の森美術館は、誰でも気軽にアートを楽しめる空間づくりにこだわっているそう。スタッフの方は「アートといっても気負いせずに、箱根に遊びに来たついでにふらっと訪れてほしい」とお話していました。子どもも楽しめる作品が多く、館内でのびのびと楽しめます。

■詳細情報
・名称:彫刻の森美術館 (THE HAKONE OPEN-AIR MUSEUM)
・住所:〒250-0493 神奈川県足柄下郡箱根町ニノ平1121
・地図:
・開館時間:9:00〜17:00(*入館は閉館の30分前まで)
・定休日:年中無休
・電話番号:0460-82-1161
・料金:大人1600円
・公式サイトURL:https://www.hakone-oam.or.jp/

 

箱根で行きたい美術館・ミュージアム

・「ポーラ美術館」でモネ、ルノワールの印象派作品を楽しむ
・「箱根ラリック美術館」のオリエント急行のカフェでティータイム
・駅伝の歴史を学べる「箱根駅伝ミュージアム」へ
・「岡田美術館」で美術展を鑑賞したあと、足湯カフェを楽しもう

 

Noon(11:00-14:00)の箱根観光

photo by Abe saxophone

箱根では海賊船に乗ったり、寿命が伸びると噂のくろたまごを食べたりするなど、ここでしか体験できないことがたくさん。友達と、家族と思い出作りに訪れてみるのはいかがでしょうか?

 

大涌谷で名物くろたまごを食べて寿命を延ばす?

photo by pixta

大涌谷は約3000年前に起きた山の水蒸気爆発によってできた爆裂跡。今でも煙が上がる様子を見ることができ、神奈川県とは思えないような景色が広がっています。

photo by Abe saxophone

大涌谷の名物といえば、温泉で茹でられた「くろたまご」です。たまごが黒く染まっているのは、温泉の成分(硫化水素)がたまごに付着しているから。「玉子茶屋」横の温泉池では、くろたまごを作る「蒸し方」といわれる方の姿を見ることができますよ。

■詳細情報
・名称:大涌谷
・住所:神奈川県足柄下郡箱根町仙石原1251
・地図:
・アクセス:箱根湯本駅から箱根登山バス(T路線)約41分「桃源台」バス停乗り換え、箱根ロープウェイ(大涌谷行)で約16分「大涌谷駅」下車すぐ
・電話番号:0460-84-5201(大涌谷インフォメーションセンター)
・公式サイトURL:http://www.kanagawa-park.or.jp/owakudani/

「箱根海賊船」でリッチ気分を味わう

photo by Abe saxophone

箱根町港、元箱根港、桃源台港を結ぶ「箱根海賊船」に乗って、芦ノ湖観光へ出かけましょう。基本の料金は大人一人1,050円ですが、特別料金500円をプラスすると、特別船室に乗ることができます。

中はまるで豪華客船のよう!リッチな気分で船旅を楽しめます。

 

photo by Abe saxophone

高級感のある白いソファに座って外を眺めたり、トリックアート写真が撮れるスポットで撮影大会をしたり、船に展示されてるオブジェを探したり……乗船しているあいだも、さまざまな楽しみ方があります。

■詳細情報
・名称:箱根海賊船
・住所:〒250-0521 足柄下郡箱根町箱根161(箱根町港)
・地図:
・電話番号:0460-83-7550
・料金:おとな1,050円 こども520円(片道)
・公式サイトURL:https://www.hakone-kankosen.co.jp/

 

「星の王子さまミュージアム」で物語の世界に入り込む

photo by Abe saxophone

サン=テグジュペリの「星の王子さま」を題材にした「星の王子さまミュージアム」は、2019年に開園20周年を迎えました。箱根に観光にくる人の多くが訪れ、その物語の世界観を楽しんでいます。

世界的な名作が生まれた背景、サン=テグジュペリがどのような生涯を送ってきたのかなどを知ることで、より物語を深く理解できるのではないでしょうか?

また館内だけでなく、外を歩くのも楽しめるのがこのミュージアムの特徴。フランスの町並みが再現されているので写真映えもばっちりです。

■詳細情報
・名称:星の王子さまミュージアム
・住所:〒250-0631 神奈川県足柄下郡箱根町仙石原909
・地図:
・アクセス:箱根登山鉄道「強羅駅」より観光施設めぐりバス「湿生花園前行き」約18分「川向・星の王子さまミュージアム」バス停下車すぐ
・開園時間:9:00〜18:00(最終入園17:00)
・電話番号:0460-86-3700
・料金:大人 1,600円(当日券)1,400円(前売り券)
・公式サイトURL:https://www.tbs.co.jp/l-prince/

 

仙石原のススキ草原に迷い込む

photo by Abe saxophone

「かながわの景勝50選」「かながわの花100選」にも選ばれている、神奈川県の名所。仙石原のススキ草原は、ぜひ秋に見ておきたい絶景です。一面のススキが黄金色に色づき揺れる様子は、まるで絨毯のようにも見えます。

近くに飲食店もありますので、食事がてら立ち寄るのもいいかもしれません。筆者が訪れたときは、近くのお店でボリュームたっぷりのススキも販売されていました。

■詳細情報
・名称:ススキ草原
・住所:神奈川県足柄下郡箱根町仙石原
・地図:
・アクセス:箱根湯本駅から箱根登山バス(T路線)で約30分「仙石高原」バス停下車すぐ。
・公式サイトURL:https://www.hakonenavi.jp/spot/1215

 

箱根で体験したいアクティビティ

・「強羅公園」でガラス吹き体験に挑戦
・「フォレストアドベンチャー」で思いっきり体を動かそう!
・着物を着て箱根湯本を散策したい
マウンテンバイクを借りて箱根の大自然を満喫

writer
阿部サキソフォン TABIPPO編集部 / ライター

高橋歩さんの「BELIEVE YOUR トリハダ」という言葉に影響を受け、自身も人の心を動かせる仕事をしたいと決心。サックスとジャズへの愛が止められず、メンフィスとニューオーリンズを訪れたことから旅に目覚める。好きなものはお酒といちご。

RELATED

関連記事