writer
Yuki 海外旅行課に配属 / 35ヵ国以上訪問

旅が好きで旅行会社に入り、それまで国内派だったのに海外旅行課に配属され海外にハマる。 会社に入るまで2ヵ国しか行った事がなかったのに、いつの間にか35ヵ国以上訪れる事に。もちろん並行して国内旅行もかかさずに。 一生旅を楽しみ生きていければ幸せだと思っています。

北ドイツに位置するハンブルクはドイツ第二の都市であり、ヨーロッパ最大級の港街でもあります。中世にハンザ同盟の都市であったハンブルクは現在も自由ハンザ都市と名乗る特別市です。

ハンブルクには世界遺産となった倉庫街から美術館、博物館や、ビートルズゆかりの場所、歓楽街など観光名所が多くあり、観光客が世界中から集まる街でもあります。

今回はハンブルクの有名な場所からマイナーな場所まで、おすすめ観光スポット30ヶ所をご紹介します!

*編集部追記
2017年8月公開の記事に、新たに詳細情報と3スポットを追加しました。(2017/9/18)
2017年9月公開の記事に、新たに詳細情報と3スポットを追加しました。(2018/9/30)
執筆時点での情報なので、実際に訪れた方で古い情報を見つけた方はmedia@tabippo.netまでご連絡ください。

ハンブルクに行ってみての感想

photo by shutterstock

北ドイツ最大の都市であるハンブルク。ヨーロッパ有数の港であり、経済、芸術ともに盛んな場所です。歴史的な建造物、見ごたえのある美術館、おもしろスポットなどもあり、ドイツに行ったならぜひとも一度は足を運びたい都市!ヨーロッパ最大のショッピング・アーケードもあるので、買い物好きな方にもおすすめです。

私が訪れたのは初夏の頃で、昼は過ごしやすく、夜は若干肌寒いくらいでした。ハンブルクは街自体の面積が広く、また規模も大きいので、2〜3日の滞在では物足りないと感じました。

港街であるハンブルクでは新鮮な魚介類が食べられると聞いていたので、観光スポットでもあるフィッシュマルクトを訪れました。想像通りとても活気があり、また魚もおいしく、とても満足できました。

また、ザンクトパウリ地区には非常に有名な歓楽街「レーパーバーン」がありました。私は通りに入ってはいませんが、普通のドイツの街とは全く違う雰囲気にとても興味をそそられました。

ハンブルク観光をする際のアドバイス

photo by shutterstock

ハンブルクも含め、ドイツの治安は比較的良いと言えますが、やはりあまり近づかないほうがいいエリアもあります。シュテルンシャンチェ付近、ハンブルク中央駅の湖と反対側の駅前地域、レーパーバーンなどは治安が悪いと言われているので、夜や女性の1人歩きは避けたほうが良いでしょう。

物価は日本と同じくらいで、外食ばかりならそれなりにお金が必要でしょう。スーパーの食品価格は安いので、民泊などで自炊すればかなり節約できます。衛生面もそれなりに良いですが、ドイツは基本的に公共のトイレはお金がかかります。

駅のトイレなどはきれいですが、その分お金もかかるので(1ユーロほど)できれば出かける前に済ませたり、カフェやレストランに入るついでにトイレに行くようにしましょう。

ハンブルクのおすすめベストスポット

photo by shutterstock

港街ハンブルクにある倉庫街は、世界で最も大きな倉庫地区で、建物は木杭の基礎やオークの丸太の上に立っています。また水路に沿って多くの赤れんがの倉庫が建ち並び、古き良き港の風景が広がっています。

現在は倉庫の多くが博物館やレストラン、カフェなどに改装されて使用されており、ゆっくりと過ごすのに絶好の場所です。

ハンブルクといったら倉庫街

ハンブルク中央駅から南西の運河に並ぶ赤レンガの倉庫街は2015年、ドイツの40番目の世界遺産として登録されました。この倉庫街は今から100年以上前に建てられたもの。辺りを歩けば19世紀にタイムスリップしたように感じられるでしょう。

夜になると倉庫街はライトアップされ、光が水辺に反射するなど昼間とはまた違ったロマンチックな雰囲気を感じる事ができます。

■詳細情報
・名称:倉庫街(Speicherstadt)
・住所:Brook, 20457 Hamburg
・地図:
・アクセス:地下鉄Messberg駅から徒歩約6分
・公式サイトURL:http://www.hamburg-tourism.de/sehenswertes/hamburg-maritim/speicherstadt/

ハンブルクのランドマーク、ハンブルク市庁舎

photo by pixta

ハンブルク市庁舎は1886~97年にかけて建てられた街のシンボル。ネオルネッサンス様式の建物で、緑の屋根と高さ112mの尖塔が印象的です。

目の前には市庁舎広場が広がり、市民の憩いの場になっています。市庁舎の内部を見学できるガイドツアーもあり、お城のような素晴らしい内装を見られるでしょう。見学できるのは一部ですが、部屋の数はなんと497室もあります。

■詳細情報
・名称:ハンブルク市庁舎(Rathaus)
・住所:Rathausmarkt 1, 20095 Hamburg
・地図:
・アクセス:地下鉄RATHAUSMARKT駅からすぐ、またはハンブルク中央駅から徒歩約15分
・営業時間:ガイドツアー月曜日~金曜日11:00~16:00、土曜日10:00~17:00、
日曜日10:00~16:00の各30分毎
・定休日:公式行事
・電話番号:+49 40 428312064
・料金:有料
・公式サイトURL:http://www.hamburg-tourism.de/sehenswertes/sehenswuerdigkeiten/rathaus/

ドイツ有数の美術館の一つ、ハンブルク市立美術館

国内有数の美術館のひとつハンブルク市立美術館。ハンブルク中央駅から北に徒歩で数分の場所にあります。もともとは市民の寄付から作品を展示したことから始まり、現在はおもに中世~現代までの作品を数多く展示しています。

3つの建物のうち、一番古いものは1869年に創立された建物です。この建物はは初期イタリア・ルネッサンスの建築であり、内装も古典的でともて素敵です。絵画ももちろんですが、内装もよく見たい美術館でしょう。

■詳細情報
・名称:ハンブルク市立美術館 (Hamburger Kunsthalle)
・住所:Glockengießerwall 20095 Hamburg.de
・地図:
・アクセス:ハンブルク中央駅から徒歩約3分
・営業時間:火曜日~日曜日10:00~18:00(木曜日~21:00)※一部祝日は時間短縮あり
・定休日:月曜日、12月24日
・電話番号:+49-40-428131-200
・料金:平日12ユーロ、週末・祝日14ユーロ、木曜日17:30~21:00は8ユーロ
・公式サイトURL:http://www.hamburger-kunsthalle.de/

青缶好きならたまらない!ニベアハウス

 

View this post on Instagram

 

NIVEA Deutschlandさん(@nivea_de)がシェアした投稿

ニベアの青い缶で有名な世界的スキンケア会社ニベアはハンブルク生まれ。ハンブルクにはニベアの専門店ニベア・ハウスがあります。

お店ではどこもかしこもニベア商品だらけ。日本では発売していない商品もあるので、ニベア愛好者はぜひとも訪れたいところ。スキンケアやコスメ以外の商品もあり、エステコーナーもあります。

■詳細情報
・名称:ニベア・ハウス(NIVEA HAUS)
・住所:Jungfernstieg 51, 20354 Hamburg
・地図:
・アクセス:ドイツ鉄道・地下鉄Jungfernstieg駅から徒歩約2分
・営業時間:10:00~20:00
・定休日:日曜日
・電話番号:+49 40 82224740
・公式サイトURL:https://www.nivea.de/nivea-haus/nivea-haus/#user=1

世界のアートを体験する美術工芸博物館

 

この投稿をInstagramで見る

 

Museum für Kunst und Gewerbe(@mkg.hamburg)がシェアした投稿


美術工芸博物館はハンブルク中央駅から南に位置するクラシックな建物。1877年に設立され、世界のアート、工芸、デザイン、写真などを展示している美術館です。特にアールヌーボーのコレクションはドイツ最大規模を誇ります。

また、日本の茶室があり、月に数回本格的な茶道を体験することができます。料金は入場料にプラス3ユーロ。お抹茶と和菓子付きです。スケジュールは公式サイトで確認ができます。なお博物館にあるレストランも人気があります。

■詳細情報
・名称:美術工芸博物館(Museum Fuer Kunst Und Gewerbe)
・住所:Steintorpl., 20099 Hamburg
・地図:
・アクセス:ハンブルク中央駅から徒歩約3分
・営業時間:火曜日~日曜日10:00~18:00(木曜日~21:00)
・定休日:月曜日、5月1日、12月24日、12月31日
・電話番号:+49 40 428134880
・料金:12ユーロ、木曜日17:00~8ユーロ
・公式サイトURL:http://www.mkg-hamburg.de/en/

ドイツ屈指の大人の街、レーパーバーン

港町の歴史から、ハンブルクのザンクトパウリ地区にはドイツ屈指の歓楽街・風俗街があります。その中でひときわ有名なのが長さ930mに及ぶストリート・レーパーバーン。

辺り一帯がキャバレー、ストリップ劇場、セックスショップなどのピンクな看板とお店ばかりです。また、オランダ・アムステルダムで有名な飾り窓もハンブルクのヘルベルト通りにはありますが、女性と未成年は入場禁止です。

■詳細情報
・名称:レーパーバーン(Reeperbahn)
・住所:Reeperbahn Hamburg
・地図:
・アクセス:ドイツ鉄道Reeperbahn駅からすぐ
・公式サイトURL:http://www.hamburg-tourism.de/sehenswertes/sehenswuerdigkeiten/st.-pauli-reeperbahn/

レーパーバーンでもっとも美しい建物、警察署

レーパーバーンでもっとも美しいと言われている建物がご存知でしょうか。なんとそれはレーパーバーンの警察署、ダヴィットヴァッヘ(Davidwache)なんです!

この警察署はドイツでもっとも有名で、かつ小さい警察署であることで知られています。警察署ながらハンブルクの有名な観光スポットでもあるなんて少し不思議ですね。

■詳細情報
・名称:レーパーバーンの警察署(Polizeikommissariat 15 Davidwache)
・住所:Spielbudenpl. 31, 20359 Hamburg
・地図:
・アクセス:ドイツ鉄道Reeperbahn駅から徒歩約5分
・電話番号:+49 40 428651510
・公式サイトURL:http://www.hamburg-tourism.de/sehenswertes/sehenswuerdigkeiten/st.-pauli-reeperbahn/davidwache/

ファンには聖地!ビートルズ広場

実はハンブルクはビートルズのゆかり地でもあります。ビートルズが有名になる前の1960年から1962年に何度かハンブルクで音楽活動をしていました。

レーパーバーンにはビートルズ広場(ビートルズ・プラッツ)と呼ばれる広場があり、そこにはステンレス製のメンバーの像があります。ビートルズファンはぜひ訪れてみてください。

■詳細情報
・名称:ビートルズ広場(Beatles-Platz)
・住所:Reeperbahn 174, 20359 Hamburg
・地図:
・アクセス:ドイツ鉄道Reeperbahn駅からすぐ
・公式サイトURL:http://www.hamburg-tourism.de/sehenswertes/sehenswuerdigkeiten/st.-pauli-reeperbahn/beatles-platz/

ハンブルクでシーフードを楽しもう!フィッシュマーケット

ドイツではあまり手軽に魚料理にありつけることが少ないのですが、日曜日の朝にハンブルクに滞在しているのなら絶好のチャンスがあります。それが日曜日の朝のみ開催するフィッシュマルクト(魚市場)。1703年から開催されている歴史ある市場です。

エルベ川の川沿いで開催されるこの魚市場は、海鮮だけではなく、お菓子や果物、その他の食べ物や花などいろいろな屋台が並ぶ市場です。美味しいシーフードを食べれられるレストランもあります。

■詳細情報
・名称:フィッシュマーケット(Fischmarkt)
・住所:Große Elbstraße 9, 22767 Hamburg
・地図:
・アクセス:ドイツ鉄道駅Reeperbahn駅から徒歩約10分
・営業時間:日曜日3月~11月07:00~09:30、10月~4月05:00~09:30
・定休日:日曜以外
・公式サイトURL:http://www.hamburg-tourism.de/sehenswertes/hamburg-maritim/fischmarkt/

生まれ故郷でもっと魅力に浸ろう!ブラームス博物館

バッハ、ベートーベンと並んで「ドイツ音楽三大B」と呼ばれるブラームス。世界的に有名なドイツの作曲家、ピアニストである彼はここハンブルク生まれです。現在ブラームスの生家は空襲によって焼失してしまいましたが、小さな博物館がハンブルクにはあります。

博物館にはブラームスの大理石の胸像や写真、直筆の楽譜、使用していたピアノなどが展示しており、ブラームスファンなら必ず訪れたい場所です。

■詳細情報
・名称:ブラームス博物館 (Johannes-Brahms-museum)
・住所:Peterstraße 39, 20355 Hamburg
・地図:
・アクセス:ドイツ鉄道Stadthausbrücke駅から徒歩約7分
・営業時間:火曜日~日曜日10:00~17:00
・定休日:月曜日、1月1日、12月24、25、31日
・電話番号:+49 40 4191 3086
・料金:5ユーロ
・公式サイトURL:http://brahms-hamburg.de/

北ドイツに位置するハンブルクはドイツ第二の都市であり、ヨーロッパ最大級の港街でもあります。中世にハンザ同盟の都市であったハンブルクは現在も自由ハンザ都市と名乗る特別市です。

ハンブルクには世界遺産となった倉庫街から美術館、博物館や、ビートルズゆかりの場所、歓楽街など観光名所が多くあり、観光客が世界中から集まる街でもあります。

今回はハンブルクの有名な場所からマイナーな場所まで、おすすめ観光スポット30ヶ所をご紹介します!

*編集部追記
2017年8月公開の記事に、新たに詳細情報と3スポットを追加しました。(2017/9/18)
2017年9月公開の記事に、新たに詳細情報と3スポットを追加しました。(2018/9/30)
執筆時点での情報なので、実際に訪れた方で古い情報を見つけた方はmedia@tabippo.netまでご連絡ください。

ハンブルクに行ってみての感想

photo by shutterstock

北ドイツ最大の都市であるハンブルク。ヨーロッパ有数の港であり、経済、芸術ともに盛んな場所です。歴史的な建造物、見ごたえのある美術館、おもしろスポットなどもあり、ドイツに行ったならぜひとも一度は足を運びたい都市!ヨーロッパ最大のショッピング・アーケードもあるので、買い物好きな方にもおすすめです。

私が訪れたのは初夏の頃で、昼は過ごしやすく、夜は若干肌寒いくらいでした。ハンブルクは街自体の面積が広く、また規模も大きいので、2〜3日の滞在では物足りないと感じました。

港街であるハンブルクでは新鮮な魚介類が食べられると聞いていたので、観光スポットでもあるフィッシュマルクトを訪れました。想像通りとても活気があり、また魚もおいしく、とても満足できました。

また、ザンクトパウリ地区には非常に有名な歓楽街「レーパーバーン」がありました。私は通りに入ってはいませんが、普通のドイツの街とは全く違う雰囲気にとても興味をそそられました。

ハンブルク観光をする際のアドバイス

photo by shutterstock

ハンブルクも含め、ドイツの治安は比較的良いと言えますが、やはりあまり近づかないほうがいいエリアもあります。シュテルンシャンチェ付近、ハンブルク中央駅の湖と反対側の駅前地域、レーパーバーンなどは治安が悪いと言われているので、夜や女性の1人歩きは避けたほうが良いでしょう。

物価は日本と同じくらいで、外食ばかりならそれなりにお金が必要でしょう。スーパーの食品価格は安いので、民泊などで自炊すればかなり節約できます。衛生面もそれなりに良いですが、ドイツは基本的に公共のトイレはお金がかかります。

駅のトイレなどはきれいですが、その分お金もかかるので(1ユーロほど)できれば出かける前に済ませたり、カフェやレストランに入るついでにトイレに行くようにしましょう。

ハンブルクのおすすめベストスポット

photo by shutterstock

港街ハンブルクにある倉庫街は、世界で最も大きな倉庫地区で、建物は木杭の基礎やオークの丸太の上に立っています。また水路に沿って多くの赤れんがの倉庫が建ち並び、古き良き港の風景が広がっています。

現在は倉庫の多くが博物館やレストラン、カフェなどに改装されて使用されており、ゆっくりと過ごすのに絶好の場所です。

ハンブルクといったら倉庫街

ハンブルク中央駅から南西の運河に並ぶ赤レンガの倉庫街は2015年、ドイツの40番目の世界遺産として登録されました。この倉庫街は今から100年以上前に建てられたもの。辺りを歩けば19世紀にタイムスリップしたように感じられるでしょう。

夜になると倉庫街はライトアップされ、光が水辺に反射するなど昼間とはまた違ったロマンチックな雰囲気を感じる事ができます。

■詳細情報
・名称:倉庫街(Speicherstadt)
・住所:Brook, 20457 Hamburg
・地図:
・アクセス:地下鉄Messberg駅から徒歩約6分
・公式サイトURL:http://www.hamburg-tourism.de/sehenswertes/hamburg-maritim/speicherstadt/

ハンブルクのランドマーク、ハンブルク市庁舎

photo by pixta

ハンブルク市庁舎は1886~97年にかけて建てられた街のシンボル。ネオルネッサンス様式の建物で、緑の屋根と高さ112mの尖塔が印象的です。

目の前には市庁舎広場が広がり、市民の憩いの場になっています。市庁舎の内部を見学できるガイドツアーもあり、お城のような素晴らしい内装を見られるでしょう。見学できるのは一部ですが、部屋の数はなんと497室もあります。

■詳細情報
・名称:ハンブルク市庁舎(Rathaus)
・住所:Rathausmarkt 1, 20095 Hamburg
・地図:
・アクセス:地下鉄RATHAUSMARKT駅からすぐ、またはハンブルク中央駅から徒歩約15分
・営業時間:ガイドツアー月曜日~金曜日11:00~16:00、土曜日10:00~17:00、
日曜日10:00~16:00の各30分毎
・定休日:公式行事
・電話番号:+49 40 428312064
・料金:有料
・公式サイトURL:http://www.hamburg-tourism.de/sehenswertes/sehenswuerdigkeiten/rathaus/

ドイツ有数の美術館の一つ、ハンブルク市立美術館

国内有数の美術館のひとつハンブルク市立美術館。ハンブルク中央駅から北に徒歩で数分の場所にあります。もともとは市民の寄付から作品を展示したことから始まり、現在はおもに中世~現代までの作品を数多く展示しています。

3つの建物のうち、一番古いものは1869年に創立された建物です。この建物はは初期イタリア・ルネッサンスの建築であり、内装も古典的でともて素敵です。絵画ももちろんですが、内装もよく見たい美術館でしょう。

■詳細情報
・名称:ハンブルク市立美術館 (Hamburger Kunsthalle)
・住所:Glockengießerwall 20095 Hamburg.de
・地図:
・アクセス:ハンブルク中央駅から徒歩約3分
・営業時間:火曜日~日曜日10:00~18:00(木曜日~21:00)※一部祝日は時間短縮あり
・定休日:月曜日、12月24日
・電話番号:+49-40-428131-200
・料金:平日12ユーロ、週末・祝日14ユーロ、木曜日17:30~21:00は8ユーロ
・公式サイトURL:http://www.hamburger-kunsthalle.de/

青缶好きならたまらない!ニベアハウス

 

View this post on Instagram

 

NIVEA Deutschlandさん(@nivea_de)がシェアした投稿 -

ニベアの青い缶で有名な世界的スキンケア会社ニベアはハンブルク生まれ。ハンブルクにはニベアの専門店ニベア・ハウスがあります。

お店ではどこもかしこもニベア商品だらけ。日本では発売していない商品もあるので、ニベア愛好者はぜひとも訪れたいところ。スキンケアやコスメ以外の商品もあり、エステコーナーもあります。

■詳細情報
・名称:ニベア・ハウス(NIVEA HAUS)
・住所:Jungfernstieg 51, 20354 Hamburg
・地図:
・アクセス:ドイツ鉄道・地下鉄Jungfernstieg駅から徒歩約2分
・営業時間:10:00~20:00
・定休日:日曜日
・電話番号:+49 40 82224740
・公式サイトURL:https://www.nivea.de/nivea-haus/nivea-haus/#user=1

世界のアートを体験する美術工芸博物館

 

この投稿をInstagramで見る

 

Museum für Kunst und Gewerbe(@mkg.hamburg)がシェアした投稿 -


美術工芸博物館はハンブルク中央駅から南に位置するクラシックな建物。1877年に設立され、世界のアート、工芸、デザイン、写真などを展示している美術館です。特にアールヌーボーのコレクションはドイツ最大規模を誇ります。

また、日本の茶室があり、月に数回本格的な茶道を体験することができます。料金は入場料にプラス3ユーロ。お抹茶と和菓子付きです。スケジュールは公式サイトで確認ができます。なお博物館にあるレストランも人気があります。

■詳細情報
・名称:美術工芸博物館(Museum Fuer Kunst Und Gewerbe)
・住所:Steintorpl., 20099 Hamburg
・地図:
・アクセス:ハンブルク中央駅から徒歩約3分
・営業時間:火曜日~日曜日10:00~18:00(木曜日~21:00)
・定休日:月曜日、5月1日、12月24日、12月31日
・電話番号:+49 40 428134880
・料金:12ユーロ、木曜日17:00~8ユーロ
・公式サイトURL:http://www.mkg-hamburg.de/en/

ドイツ屈指の大人の街、レーパーバーン

港町の歴史から、ハンブルクのザンクトパウリ地区にはドイツ屈指の歓楽街・風俗街があります。その中でひときわ有名なのが長さ930mに及ぶストリート・レーパーバーン。

辺り一帯がキャバレー、ストリップ劇場、セックスショップなどのピンクな看板とお店ばかりです。また、オランダ・アムステルダムで有名な飾り窓もハンブルクのヘルベルト通りにはありますが、女性と未成年は入場禁止です。

■詳細情報
・名称:レーパーバーン(Reeperbahn)
・住所:Reeperbahn Hamburg
・地図:
・アクセス:ドイツ鉄道Reeperbahn駅からすぐ
・公式サイトURL:http://www.hamburg-tourism.de/sehenswertes/sehenswuerdigkeiten/st.-pauli-reeperbahn/

レーパーバーンでもっとも美しい建物、警察署

レーパーバーンでもっとも美しいと言われている建物がご存知でしょうか。なんとそれはレーパーバーンの警察署、ダヴィットヴァッヘ(Davidwache)なんです!

この警察署はドイツでもっとも有名で、かつ小さい警察署であることで知られています。警察署ながらハンブルクの有名な観光スポットでもあるなんて少し不思議ですね。

■詳細情報
・名称:レーパーバーンの警察署(Polizeikommissariat 15 Davidwache)
・住所:Spielbudenpl. 31, 20359 Hamburg
・地図:
・アクセス:ドイツ鉄道Reeperbahn駅から徒歩約5分
・電話番号:+49 40 428651510
・公式サイトURL:http://www.hamburg-tourism.de/sehenswertes/sehenswuerdigkeiten/st.-pauli-reeperbahn/davidwache/

ファンには聖地!ビートルズ広場

実はハンブルクはビートルズのゆかり地でもあります。ビートルズが有名になる前の1960年から1962年に何度かハンブルクで音楽活動をしていました。

レーパーバーンにはビートルズ広場(ビートルズ・プラッツ)と呼ばれる広場があり、そこにはステンレス製のメンバーの像があります。ビートルズファンはぜひ訪れてみてください。

■詳細情報
・名称:ビートルズ広場(Beatles-Platz)
・住所:Reeperbahn 174, 20359 Hamburg
・地図:
・アクセス:ドイツ鉄道Reeperbahn駅からすぐ
・公式サイトURL:http://www.hamburg-tourism.de/sehenswertes/sehenswuerdigkeiten/st.-pauli-reeperbahn/beatles-platz/

ハンブルクでシーフードを楽しもう!フィッシュマーケット

ドイツではあまり手軽に魚料理にありつけることが少ないのですが、日曜日の朝にハンブルクに滞在しているのなら絶好のチャンスがあります。それが日曜日の朝のみ開催するフィッシュマルクト(魚市場)。1703年から開催されている歴史ある市場です。

エルベ川の川沿いで開催されるこの魚市場は、海鮮だけではなく、お菓子や果物、その他の食べ物や花などいろいろな屋台が並ぶ市場です。美味しいシーフードを食べれられるレストランもあります。

■詳細情報
・名称:フィッシュマーケット(Fischmarkt)
・住所:Große Elbstraße 9, 22767 Hamburg
・地図:
・アクセス:ドイツ鉄道駅Reeperbahn駅から徒歩約10分
・営業時間:日曜日3月~11月07:00~09:30、10月~4月05:00~09:30
・定休日:日曜以外
・公式サイトURL:http://www.hamburg-tourism.de/sehenswertes/hamburg-maritim/fischmarkt/

生まれ故郷でもっと魅力に浸ろう!ブラームス博物館

バッハ、ベートーベンと並んで「ドイツ音楽三大B」と呼ばれるブラームス。世界的に有名なドイツの作曲家、ピアニストである彼はここハンブルク生まれです。現在ブラームスの生家は空襲によって焼失してしまいましたが、小さな博物館がハンブルクにはあります。

博物館にはブラームスの大理石の胸像や写真、直筆の楽譜、使用していたピアノなどが展示しており、ブラームスファンなら必ず訪れたい場所です。

■詳細情報
・名称:ブラームス博物館 (Johannes-Brahms-museum)
・住所:Peterstraße 39, 20355 Hamburg
・地図:
・アクセス:ドイツ鉄道Stadthausbrücke駅から徒歩約7分
・営業時間:火曜日~日曜日10:00~17:00
・定休日:月曜日、1月1日、12月24、25、31日
・電話番号:+49 40 4191 3086
・料金:5ユーロ
・公式サイトURL:http://brahms-hamburg.de/

夜は恋人と散歩したくなるアルスター湖

photo by pixta

アルスター湖はハンブルク市内中心地にある人造湖。エルベ川をせき止めて作られました。アルスター湖は2つに分かれており、面積の広い外アルスター湖はケネディ橋側、旧市街側は内アルスター湖でロンバルツ橋側です。

特に旧市街側の内アルスター湖を通してみる旧市街の風景は最高です。夜になると光に包まれる幻想的な旧市街の光景が見られます。

■詳細情報
・名称:アルスター湖(Alstersee)
・住所:Alster Hamburg
・地図:
・アクセス:ハンブルク中央駅から徒歩約10分
・公式サイトURL:http://www.hamburg-tourism.de/sehenswertes/sehenswuerdigkeiten/rund-um-die-alster/

北ドイツでもっとも美しい聖ミヒャエル教会

photo by pixta

バロック様式の聖ミヒャエル教会は北ドイツでもっとも美しい教会のひとつと言われています。特徴は高さ132mの塔。ハンブルクの中心地からであれば、ほぼどこからでも見えるランドマーク的存在です。

この塔はエレベーターを使って展望台までのぼることができます。展望台からはハンブルクの街並みが一望できる絶景スポット。そのほか、教会の地下はお墓になっており、バッハの息子など著名人が眠っています。こちらも見学が可能です。

■詳細情報
・名称:聖ミヒャエル教会(St.Michaelis Kirche)
・住所:Englische Planke 1 20459 Hamburg
・地図:
・アクセス:ドイツ鉄道Stadthausbrücke駅から徒歩約5分
・営業時間:5~10月09:00~19:30、11月~4月10:00~17:30
・定休日:宗教行事のとき
・電話番号:+49 40 376780
・料金:タワー5ユーロ、地下室4ユーロ、コンボチケット7ユーロ※入場は寄付
・公式サイトURL:http://www.st-michaelis.de/

ユニークな外観のエルプフィルハーモニー・ハンブルク

photo by pixta

まるで海に浮かぶ帆船のような外観のエルプフィルハーモニー・ハンブルク。世界遺産である倉庫街の一番奥にできたコンサートホールです。北ドイツ放送エルプフィルハーモニー管弦楽団の新たな本拠地となりました。

2007年に建設が始まりましたが、たびたびの延期が重なり完成したのは2016年秋。正式開館は2017年1月になり、建設から10年の時が経つなど時間はかかりましたが、新たなハンブルクのランドマークとして注目されています。内部を見学するガイド付きツアーもあります。

また、プラザ展望台へは当日プラザチケットを手にいれて無料で入場することができますが、人数制限があるので必ず入りたい人は2ユーロで事前に予約することをおすすめします。

■詳細情報
・名称:エルプフィルハーモニー・ハンブルク(Elbphilharmonie Hamburg)
・住所:Platz der Deutschen Einheit 1, 20457 Hamburg
・地図:
・アクセス:地下鉄Baumwall (Elbphilharmonie)駅から徒歩約5分
・営業時間:プラザ09:00~24:00、ガイドツアー公式サイトから予約
・料金:ガイド付きツアー13ユーロ、プラザチケット事前予約2ユーロ
・公式サイトURL:https://www.elbphilharmonie.de/de/

海のことならここ!アルトナ博物館

ハンブルク市内の西側にある街アルトナにある博物館です。船の模型や船首像の展示や、漁業や海運についての展示品が多くあります。また、あまり知る機会がない北ドイツやバルト海沿岸の文化や生活などを知ることができる博物館です。

■詳細情報
・名称:アルトナ博物館 (Altonaer Museum)
・住所:Museumstraße 23, 22765 Hamburg
・地図:
・アクセス:ドイツ鉄道Altonaer駅から徒歩約5分
・営業時間:火曜日~日曜日10:00~17:00
・定休日:月曜日
・電話番号:+49 40 4281350
・料金:8.5ユーロ
・公式サイトURL:http://www.altonaermuseum.de/de/home

対岸からハンブルク市内を見るならザンクト・パウリ・エルベトンネル(旧エルベ・トンネル)

photo by pixta

ザンクト・パウリ・エルベトンネル(旧エルベ・トンネル)はハンブルク港から対岸のシュタインヴェルダーを結ぶ、エルベ川の地下を通るトンネルです。徒歩や自転車、時間指定で自動車が通ることができます。

1911年に開通したエルベ・トンネルは2011年に100周年をむかえ、深さ24m・長さ426.5mのトンネルは今や多くの観光客が訪れるスポットです。まっすぐ400m以上歩くので少し長く感じますが、対岸から見るハンブルク港の景色はとても素晴らしいですよ。

■詳細情報
・名称:ザンクト・パウリ・エルベトンネル(旧エルベ・トンネル)(St. Pauli Elbtunnel)(Der alte Elbtunnel)
・住所:Bei den St. Pauli-Landungsbrücken 5, 20359 Hamburg
・地図:
・アクセス:ドイツ鉄道Landungsbrücken駅から徒歩約4分
・営業時間:歩行者・自転車)24時間
自動車)平日08:00~13:00ハンブルク港からシュタインヴェルダー方面、13:00~18:00シュタインヴェルダーからハンブルク港方面
・定休日:歩行者・自転車)12月31日21:00~04:00、自動車)土日・祝日
・電話番号:+49 40 428474802
・料金:歩行者と自転車は無料、自動車は片道2ユーロ
・公式サイトURL:http://www.hamburg-port-authority.de/de/der-hafen-hamburg/elbtunnel/Seiten/default.aspx

アート好きならマストで訪れよう!ダイヒトハーレ

 

この投稿をInstagramで見る

 

Deichtorhallen Hamburg(@deichtorhallenhamburg)がシェアした投稿 -


ダイヒトハーレは現代アート作品や写真展を展示する美術館。ヨーロッパ最大級の美術展会場でもあります。アート好きの方には特に好まれる美術館で、国内外の有名写真家たちによる作品も展示されることがあります。

曜日によってガイドツアーも開催しているので、より作品を知りたいときはおすすめです。館内にはレストランやカフェもあります。

■詳細情報
・名称:ダイヒトハーレ(Deichtorhallen Hamburg)
・住所:Deichtorstraße 1, 20095 Hamburg
・地図:
・アクセス:ハンブルク中央駅から徒歩約10分
・営業時間:11:00~18:00(祝日を除く木曜日~21:00)
・定休日:月曜日、12月24日、31日
・電話番号:+49 40 321030
・料金:10ユーロ
・公式サイトURL:http://www.deichtorhallen.de/

ハンブルガーSVの聖地!フォルクスパルクシュタディオン

ブンデスリーガ1部から降格したことのない唯一のチーム、ハンブルガーSVの本拠地フォルクスパルクシュタディオン。命名権の関係で何度かスタジアム名が変わっていますが、ドイツワールドカップの試合会場としても利用されたことがあります。

普段入ることのできないスタジアム内部の見学ツアーやミュージアムがあり、ハンブルガーSVファンとしては必ず訪れたい場所です。2017年現在、日本代表の酒井高徳選手が所属しています。

■詳細情報
・名称:フォルクスパルクシュタディオン(Volksparkstadion)
・住所:Sylvesterallee 7, 22525 Hamburg
・地図:
・アクセス:ドイツ鉄道Hamburg-Eidelstedt駅から徒歩約15分
・営業時間:10:00~18:00、
スタジアムツアー開始12:00、14:00、16:00※11月~3月の月~木曜日は12:00、14:00)
※祝日は追加されることもあり
・定休日:試合当日
・電話番号:+49 40 - 4155 1550
・料金:ミュージアム6ユーロ、ミュージアムとスタジアムツアーのコンボチケット12ユーロ
・公式サイトURL:https://hsv.de/volksparkstadion/uebersicht/

ザンクトパウリの本拠地ミラントア・シュタディオン

シンボルマークがドクロで知られるハンブルクのもう一つの人気サッカークラブ、ザンクトパウリ(St.Pauli)。ザンクトパウリ地区を本拠地とし、熱狂的なファンがいることで有名です。ミラントア・シュタディオンをホームスタジアムとしています。

スタジアムでは内部の見学ツアーがあり、じっくり120分コースと短時間の60分コースに分かれています。2017年現在、宮市亮選手が所属しているチームです。

■詳細情報
・名称:ミラントア・シュタディオン(Millerntor-Stadion)
・住所:Harald-Stender-Platz 1, 20359 Hamburg
・地図:
・アクセス:地下鉄Paulinenstraße駅から徒歩約5分
・開始時間:120分コース)月曜日~金曜日14:30/土曜日・日曜日10:30
60分コース)金曜日16:30/土曜日・日曜日12:30
・料金:120分コース)13.5ユーロ、60コース)9ユーロ
・公式サイトURL:https://www.fcstpauli.com/

作り込まれた最強のおもちゃたち!ミニチュア・ワンダーランド

photo by 桃

ミニチュア・ワンダーランドは世界遺産・倉庫街に位置する世界最大のジオラマパーク。鉄道や空港の模型を中心に世界の8つのエリアをミニチュアで表現しています。

ミニチュアの精巧さには驚くばかり。子供でなくても楽しめる施設であり、人気のため特に週末・祝日は行列ができることも。公式サイトが事前予約をすすめています。特にハンブルクの冬は寒いので、待つは大変。行く予定のある場合はなるべく予約をしておきましょう。

■詳細情報
・名称:ミニチュア・ワンダーランド(Miniatur Wunderland)
・住所:Kehrwieder 2-4/Block D, 20457 Hamburg
・地図:
・アクセス:地下鉄Baumwall (Elbphilharmonie)駅から徒歩約8分
・営業時間:09:00~18:00※季節によって異なるので公式サイトで確認要
・定休日:年中無休
・電話番号:+49 40 3006800
・料金:13ユーロ
・公式サイトURL:http://www.miniatur-wunderland.de/

噴水ショーは必見!プランテン・ウン・ブローメン公園

ハンブルクの中心地にある巨大な公園。約47ヘクタールという広大な面積を誇り、緑豊かで市民の人気の憩いの場になっています。園内にはローラースケートリンクや温室、庭園、日本庭園など多くのエリアがあり、日本庭園には茶室もあります。

また毎年夏季には人気の水と光のショーが行われ、音楽と光とイルミネーションを合わせて創り出される幻想的な噴水ショーを楽しめます。

■詳細情報
・名称:プランテン・ウン・ブローメン公園(Park Planten un Blomen)
・住所:Marseiller Str. 7, 20355 Hamburg
・地図:
・アクセス:ドイツ鉄道Dammtor駅から徒歩約10分
・営業時間:07:00~20:00※季節や施設によって異なるので公式サイト確認要
光と水のショー5~8月22:00~、9月21:00~
・料金:無料
・公式サイトURL:http://plantenunblomen.hamburg.de/

ハンブルクでショッピングするならオイローパ・パサージュ

ハンブルクの新市街にあるオイローパ・パサージュはドイツ最大級規模のショッピングモールです。120店舗以上が集まる5階建てのモールにはファッション、スーパー、本屋、レストランなんでも揃います。

特に人気なのは地下にあるフードコート。ドイツ料理に飽きた人には中華料理もありますよ。フリーWiFiもあるので、ちょっとした休憩にも良いでしょう。また、日曜日でも空いている飲食店があるのも嬉しいものです。

■詳細情報
・名称:オイローパ・パサージュ(Europa Passage)
・住所:Ballindamm 40, 20095 Hamburg
・地図:
・アクセス:ドイツ鉄道Jungfernstieg駅から徒歩約2分
・営業時間:10:00~20:00
・定休日:日曜日・祝日(※一部飲食店は営業)、10月3、31日、12月25日、26日、1月1日
・電話番号:+49 40 30092640
・公式サイトURL:https://www.europa-passage.de/

100年以上の歴史をもつライスハレ

 

この投稿をInstagramで見る

 

Elbphilharmonie Hamburg(@elbphilharmonie)がシェアした投稿 -


ライスハレはネオ・バロック様式のクラシックな外観が美しいコンサートホール。設立のため多額の寄付をしたライス夫妻からその名前が付けられました。エルプフィルハーモニー・ハンブルクができるまで市内で一番大きいコンサートホールでした。

1908年に完成し、すでに100年以上の月日が経っている歴史あるコンサートホールですが、現在も多様な音楽イベントを開催しています。

■詳細情報
・名称:ライスハレ(Laeiszhalle)
・住所:Johannes-Brahms-Platz Hamburg
・地図:
・アクセス:バス停Johannes-Brahms-Platzから徒歩約2分
・営業時間:公演による
・定休日:公演による
・電話番号:+49 40 35766666
・料金:公演による
・公式サイトURL:https://www.elbphilharmonie.de/de/

ヨーロッパ一長い青空市場イーゼマルクト

ハンブルクの市場といえばフィッシュマルクトが有名ですが、もうひとつ有名な市場があります。それがヨーロッパ一長い青空市場と言われるイーゼマルクトです。

鉄道の高架下に約1kmもの長さに約200店舗が続き、新鮮な野菜や果物、ドライフルーツ、花、軽食スタンド、日用品などが並びます。もちろん魚もありますよ。火曜日・金曜日の朝から~14:00までの限定なのでご注意ください。

■詳細情報
・名称:イーゼマルクト(Isemarkt)
・住所:Isestraße 1-73, 20144 Hamburg
・地図:
・アクセス:地下鉄Klosterstern駅から徒歩約5分
・営業時間:火曜日・金曜日08:30~14:00
・定休日:上記以外
・電話番号:+49 40 428013708
・料金:見学無料
・公式サイトURL:https://www.isemarkt.com/

もっとも古いレストランの一つ、オールド・コマーシャル・ルーム

ハンブルクでもっとも古いレストランのひとつオールド・コマーシャル・ルーム。創業は1795年。多くの有名人が訪れているお店で、中にはビートルズも含まれています。

伝統的なドイツ料理が食べられます。ハンブルク名物Labskausもありますよ。聖ミヒャエル教会の近くのお店です。

■詳細情報
・名称:オールド・コマーシャル・ルーム (Old Commercial Room)
・住所:Englische Planke 10, 20459 Hamburg
・地図:
・アクセス:ドイツ鉄道Stadthausbrücke駅から徒歩約7分
・営業時間:12:00~23:00
・定休日:12月24日
・電話番号:+49 40 366319
・公式サイトURL:https://www.oldcommercialroom.de/

ドイツ風日本文化のニッポン・ホテル

ハンブルクに日本をモデルにしたニッポン・ホテルというホテルがあるのでご紹介します。特に日本人向けではないホテルですが、ドイツにありながら和風の内装で、客室には畳や障子がある4つ星ホテルです。

寝具はベッドですがこれも和風にテイストされています。ドイツで和の空間に滞在できるちょっと変わった体験ができるでしょう。純和風じゃないところが面白いところ。ハンブルク滞在の際は泊まってみてはいかがでしょうか。

■詳細情報
・名称:ニッポン・ホテル(Nippon Hotel Hamburg)
・住所:Hofweg 75, 22085 Hamburg
・地図:
・アクセス:バス停Zimmerstraßeからすぐ
・電話番号:+49 40 2271140
・公式サイトURL:http://www.nipponhotel.de/

人気動物園の一つ!ハーゲンベック動物園

ドイツ有数の人気動物園のひとつハーゲンベック動物園はハンブルクの動物商カール・ハーゲンベックが100年以上前に手がけた動物園。世界初の柵のない動物園です。

1860匹以上の動物たちが生息しており、間近で動物たちを見ることができます。なんとゾウにエサをあげることもできるんですよ。また、開園100年を記念した2007年からは水族館もオープンしています。

■詳細情報
・名称:ハーゲンベック動物園(Tierpark Hagenbeck)
・住所:Lokstedter Grenzstraße 2, 22527 Hamburg
・地図:
・アクセス:地下鉄Hagenbecks Tierpark駅から徒歩約4分
・営業時間:09:00~18:00(季節によって異なる)
・定休日:年中無休
・電話番号:+49 40 5300330
・料金:動物園20ユーロ、水族館14ユーロ、コンボチケット30ユーロ
・公式サイトURL:http://www.hagenbeck.de/startseite.html

開館は17世紀!ハンブルク国立歌劇場

 

この投稿をInstagramで見る

 

Staatsoper Hamburg(@staatsoperhamburg)がシェアした投稿 -


オペラやバレエの公演が中心に行われるハンブルク州立歌劇場。17世紀ごろに開館した歴史が長い歌劇場です。1955年ごろに近代的な建物に改築され、オペラやバレエのほかにもコンサートやイベントが行われます。また、内部の大ホールはモダンな作りが素敵です。

アメリカ人の振付師ジョン・ノイマイヤーのバレエ団など、人気公演はチケットがすぐ売りきれてしまうので、公式サイトで事前に確認しましょう。

■詳細情報
・名称:ハンブルク州立歌劇場(Hamburgische Staatsoper)
・住所:Große Theaterstraße 25, 20354 Hamburg
・地図:
・アクセス:地下鉄Stephansplatz駅からすぐ
・営業時間:公演による
・定休日:公演による
・電話番号:+49 40 35680
・料金:公演による
・公式サイトURL:http://www.staatsoper-hamburg.de/

倉庫街の有名カフェ、フレートシュレスヘン

ハンブルク港といえばシュパイヒャーシュタットと呼ばれる赤レンガの倉庫街が有名です。「フレートシュレスヘン」は、そんな倉庫街の一部にあるカフェです。紅茶、コーヒー、オレンジジュースなどシンプルなドリンクメニューはもちろん、サンドウィッチなどの軽食もいただけます。

■詳細情報
・名称:フレートシュレスヘン
・住所:Brooktorkai 17, 20457 Hamburg
・地図:
・公式サイトURL:http://www.fleetschloesschen.de

地元客に人気のスパイヒャーシュタッド カフェ

 

View this post on Instagram

 

Speicherstadt Kaffeeröstereiさん(@speicherstadt_kaffee)がシェアした投稿 -


自家焙煎のコーヒーがいただける「スパイヒャーシュタッド カフェ」。焙煎したて、挽き立てのコーヒーは香り高く、地元客にも大人気のカフェです。

また、ケーキやパイなどスイーツも揃っており、ゆっくり過ごすのにもおすすめです!

■詳細情報
・名称:スパイヒャーシュタッド カフェ
・住所:Kehrwieder 5, 20457 Hamburg
・地図:
・公式サイトURL:http://www.speicherstadt-kaffee.de

おしゃれな店内のカフェ、ヘア マックス

 

この投稿をInstagramで見る

 

Herr Max(@herrmax_konditorei)がシェアした投稿 -


白を基調としたキュートな店内が魅力のカフェ「ヘア マックス」。5種のスパイスのケーキなど、ちょっとクセのある変わったケーキがあるので、ぜひ挑戦してみてくださいね。

■詳細情報
・名称:ヘア マックス
・住所:Schulterblatt 12 20357 Hamburg
・地図:
・公式サイトURL:http://herrmax.de

アートに音楽にサッカーなどなど!ハンブルクは魅力満載!

世界遺産である倉庫街をはじめ、新しくできたエルプフィルハーモニー・ハンブルクや世界最大級のジオラマワールド、ミニチュアワンダーランドなどさまざまは見どころがあるハンブルク。

美術館や博物館も多く、ショッピングする箇所もたくさんあります。一度では周りきれないドイツ第2の都市にぜひ訪れてみてください。

writer
Yuki 海外旅行課に配属 / 35ヵ国以上訪問

旅が好きで旅行会社に入り、それまで国内派だったのに海外旅行課に配属され海外にハマる。 会社に入るまで2ヵ国しか行った事がなかったのに、いつの間にか35ヵ国以上訪れる事に。もちろん並行して国内旅行もかかさずに。 一生旅を楽しみ生きていければ幸せだと思っています。

RELATED

関連記事

RANKING

人気記事ランキング