ライター

大学卒業後、世界一周の旅に出発し、1年半かけて45カ国を周る。帰国後、株式会社アマナに入社。2016年よりフリーランスとなり、想像もできない風景を多くの人に届けるために世界中の極地、僻地を旅しながら撮影を行なっている。 近年はヒマラヤの8000m峰から水中、南極まで活動範囲を広めており、2021年にはエベレスト(8848m)を登頂した。 受賞歴 2017年 Canon "SHINES" 2017 品川一治選 書籍 2018年 写真集「Ama Dablam」 2022年 写真集「空と大地の間、夢と現の境界線 -Everest- 」 2022年 新書「エベレストの空」 写真展 2019年 キヤノンギャラリー銀座、名古屋、大阪 「Ama Dablam」 2020年 キヤノンギャラリー品川、大阪  「Manaslu」 2022年 代官山蔦屋書店「空と大地の間、夢と現の境界線 -EVEREST-」

こんにちは。写真家の上田優紀です。6月初旬にフィンランド西海岸へ1週間ほど取材に行ってきました。

フィンランドといえばオーロラやムーミン、サンタクロース…そんなイメージが強く、今まで行ったことのなかった僕は、何となく冬に楽しめる国なんだと思っていました。

そのため、この時期にフィンランド取材のお話を頂いた時、あれ?っと最初思ったくらいです。

 

しかも西海岸。オーロラもムーミンもサンタクロースいない西海岸。何があるんだろう?

全く何があるか分からないままスタートした取材でしたが、実際はとても魅力あふれる場所がたくさんありました。

もしまだ夏休みの旅行の予定が決まっていなければ、絶対におすすめしたい!そんなフィンランド西海岸について、レポートしていきたいと思います。

第1回目の今回はフィンランドの玄関口、ヘルシンキについてご紹介します。

本特集「まだ見ぬフィンランド」のコンテンツまとめ
第1話:国の玄関口ヘルシンキは夏でも楽しめる街だった
第2話:年に一度のお祭り騒ぎ!「ヘルシンキデー」は街中に食と音楽が溢れてた
第3話:唯一の世界自然遺産「クヴァルケン群島」に言葉を失う
第4話:静かに広がる絵本の世界。世界遺産「ラウマの旧市街」を歩く
第5話:大自然が育んだ、ぜいたくな伝統料理に舌鼓
第6話:人に優しくなれる国。西海岸で過ごした、癒しの6日間

 

旅の始まりはヘルシンキ

-0005

photo by yukiueda

今回の取材は「まだ知られざるフィンランド西海岸」を周る行程ですが、まずはフィンランドの玄関口、ヘルシンキに向かいます。日本からヘルシンキまではフィンランド航空が成田空港、中部国際空港、関西空港から出航されています。2016年の夏からは福岡空港からも新たに直航便が出るようです。

成田空港からヘルシンキまでは約10時間のフライト。首都のヘルシンキはフィンランド南部にあり、バルト海に面した美しい街です。

ヘルシンキ空港を出て風の涼しさに「あぁ、異国に来たな」と感じるとともに、気温16度、湿度56%という気持ちいい天候に早速、日本の夏から逃げるのには最適だなと思うのでした。

 

ヘルシンキは移動はとても便利

-0007

photo by yukiueda

ヘルシンキではメトロやバス、トラムなど様々な交通網が発達しており、どこに行くにもとても便利でした。空港からヘルシンキ市内までは、バスや電車などで行くことができます。

もちろん街中での移動にも便利で、特にトラムを使えばヘルシンキのどこにでも簡単に行く事ができます。

ライター

大学卒業後、世界一周の旅に出発し、1年半かけて45カ国を周る。帰国後、株式会社アマナに入社。2016年よりフリーランスとなり、想像もできない風景を多くの人に届けるために世界中の極地、僻地を旅しながら撮影を行なっている。 近年はヒマラヤの8000m峰から水中、南極まで活動範囲を広めており、2021年にはエベレスト(8848m)を登頂した。 受賞歴 2017年 Canon "SHINES" 2017 品川一治選 書籍 2018年 写真集「Ama Dablam」 2022年 写真集「空と大地の間、夢と現の境界線 -Everest- 」 2022年 新書「エベレストの空」 写真展 2019年 キヤノンギャラリー銀座、名古屋、大阪 「Ama Dablam」 2020年 キヤノンギャラリー品川、大阪  「Manaslu」 2022年 代官山蔦屋書店「空と大地の間、夢と現の境界線 -EVEREST-」

RELATED

関連記事

EVENT

イベント一覧