編集部
樋口 佑樹 ディレクター

『周りを幸せにする誰かのやりたいを実現する』という個人理念を掲げて、クリエイティブとコーチングをテーマに活動中。2022年には現在は、原チャリで日本を縦断しながら、地域を盛り上げる人たちに出会う「ひぐの出会い旅」を敢行中。 旅中のトラブルなど、鉄板のエピソードトークがあることに憧れ続けて早7年。好きなものは珈琲と旅とカメラ。

AKARIYAが目指すところ

photo by Akariya

これから本格的にオープンしていくことになりますが、どのような場所を目指していますか?

ひぐ

佐久間さん

AKARIYAの名前の由来にあるように、来てくれた方の心が明るくなったり、この町の盛り上がりに貢献できるような場所を目指したいですね。

あとは、多様なバックグラウンドを持った人が溶け合うということ。この場所で生まれた出会いによって、化学反応が起こって、人生のヒントがもらえる場所になったらいいなと思います。

まさしくゲストハウス、という感じですね。どんな人に来てほしいですか?

ひぐ

佐久間さん

将来に迷ってる人というか。人生になにかヒントが欲しい人や視野を広げたい人には来てほしいですね。きっと人生経験豊富な人たちも来てくれると思うので、色んな話を聞いてほしいです。あとは、地元の人もふらっと立ち寄ってほしいです。間口は広く、人が集まる場所になったらと思います。

photo by yuki higuchi

世界一周もして、色んなキャリアを積み上げたすーじーさんだからこそ、多種多様な人たちが集まりそうですね。

ひぐ

佐久間さん

そうですね。それこそ、2週間前くらいからAKARIYAを手伝ってくれてる大学生のゆうたも、将来どうしようかって人生に迷っていて。でも、たくさんの人に出会って「こんな選択肢もあるんだ」という気づきを得て、大学にいるのとは桁違いに視野が広がったと言ってくれました。

城下町である唐津の魅力

すーじーさんから見た唐津の魅力ってどんなところがありますか?

ひぐ

佐久間さん

そもそも城下町なので、歴史が残っていて古き良き町並みが残っています。唐津は海も山もそばにあるので、美味しい海の幸はもちろん、海辺や山奥でキャンプが出来たり、海水浴やSUPも楽しめます。また、日本三大松原である「虹の松原」もあるため、バイクや自転車旅にはもってこいの場所ですよ。

photo by yuki higuchi

photo by yuki higuchi

photo by yuki higuchi

土地の魅力はたしかに感じるところでした。

ひぐ

佐久間さん

あとは、昔から住んでいる方々もとてもオープンで、移住者に優しいです。それもあってか、近年移住者が増えていて、これから唐津が盛り上がっていくんじゃないかと思っています。その流れをさらに盛り上げるべく、私もこの町に明かりを灯していきたいです。

唐津の町を巡ってみた

世界一周も経て、色んな経験を得てきたすーじーさん。そんなすーじーさんにオススメしてもらった唐津のお店も巡ってきました!AKARIYAへの滞在中に唐津の街歩き、とても楽しめそうですよ。

CALALI

photo by yuki higuchi
最初にご紹介するのは、AKARIYAから歩いて10分ほど歩いたところにある「CALALI」です。古民家を改装してつくられた空間で、居心地が良いカフェ。畳の座席で足を伸ばしてくつろぐ時間はなんとも贅沢。

photo by yuki higuchi
photo by yuki higuchi
店主さんも優しくて、本も置いてある空間。ひとりで考え事をしたいときや、友だちとゆっくり話すときにはもってこいのカフェです。

■詳細情報
・名称:CALALI
・住所:〒847-0853 佐賀県唐津市江川町627
・地図:
・アクセス:JR唐津駅から徒歩15分
・営業時間:12:00~18:00
・定休日:水曜日
・電話番号:090-1162-8570
・公式サイトURL:https://www.calali-karatsu.com/

居酒屋呼子

photo by yuki higuchi
続いてはご飯屋さんの紹介です。唐津駅からもアクセスが良い場所にある「居酒屋呼子」は朝7時から空いていて、朝食メニューもあるお店。

photo by yuki higuchi
前日お腹いっぱい食べていたので、軽めに食べようと玉子焼き定食を注文。すると出てきたのは、ビッグサイズの玉子焼き!下にスパゲティも隠れています(笑)

photo by yuki higuchi
このボリュームで300円と、商売が成り立っているか心配になるほどのお得感。ちなみに食べ終わった後に、お店の方が「これ、サービスでつけとくよ」と、お皿を持ってきてくださいました。

「デザートかな♪」と思っていると、小鉢に入っていたのはとろろ。その心意気にありがたさを覚えながらも、白ごはんがあるときに出してほしいと思ったのでした(笑)

■詳細情報
・名称:居酒屋呼子
・住所:〒847-0053 佐賀県唐津市紺屋町1691−5
・地図:
・アクセス:JR唐津駅から徒歩3分
・営業時間:7:00~20:00
・定休日:月曜日
・公式サイトURL:https://tabelog.com/saga/A4102/A410201/41003439/

KARAE TABLE

photo by yuki higuchi
居酒屋呼子からAKARIYAに向かって帰る途中にあるのが、カフェ「KARAE TABLE」です。

photo by yuki higuchi
綺麗な店内で朝からほっと一息、コーヒーを飲むことができるお店です。写真集や本も充実していて、ふらりと立ち寄っても優雅な朝が過ごせます。

photo by yuki higuchi
photo by yuki higuchi
KARAE TABLEは複合施設「KARAE」の一角に位置しており、KARAEには唐津唯一の映画館や唐津焼のギャラリーショップがあったりと、充実した時間が待っています。

■詳細情報
・名称:KARAE TABLE
・住所:〒847-0045 佐賀県唐津市京町1783
・地図:
・アクセス:JR唐津駅から徒歩3分
・営業時間:7:30~18:00
・電話番号:0955-53-8067
・公式サイトURL:https://karae.info/floorguide/

他にもカレー屋さんやパン屋さん、足を伸ばせばイカで有名な呼子がある唐津。町としての活気もあって、これからが楽しみな地域です。

生き方の選択肢を増やしに行こう

photo by yuki higuchi
今回は以前から知り合いだったすーじーさんに会うべく向かった唐津でしたが、想像以上に素敵なお店も多く、充実した滞在になりました。そして、AKARIYAの名前通り、すーじーさんが明るく迎え入れてくれるゲストハウスは魅力的。

photo by Shizuka Sakuma
かき氷メーカーがあったり、駄菓子屋さんをしていたり、ときには地元の人も巻き込んでイベントを行っていたり。みんなと楽しい時間を過ごそうとするすーじーさんの生き方が現れている場所でした。

photo by yuki higuchi
人生の岐路に立っていたり、何か行き詰まりを感じていたりする人はもちろんですが、楽しい人生を送っていきたいという人もぜひ遊びにいってみてください。

唐津には太陽のように明るくみんなを照らしてくれるすーじーさんや、町の方々が待っています。僕も周りにプラスの影響を与えられる人間を目指しながら、次なる場所へと向かいます。

編集部
樋口 佑樹 ディレクター

『周りを幸せにする誰かのやりたいを実現する』という個人理念を掲げて、クリエイティブとコーチングをテーマに活動中。2022年には現在は、原チャリで日本を縦断しながら、地域を盛り上げる人たちに出会う「ひぐの出会い旅」を敢行中。 旅中のトラブルなど、鉄板のエピソードトークがあることに憧れ続けて早7年。好きなものは珈琲と旅とカメラ。

RELATED

関連記事

RANKING

人気記事ランキング