【真っ白な世界遺産】白鷺城と呼ばれる姫路城の美しい景観と歴史

Pocket はてブ

大天守の修理を終えて2015年春から一般公開されている姫路城は別名白鷺城(しらさぎじょう・はくろじょう)とも呼ばれる白い外観が目を引きます。

この城で黒田官兵衛が産まれた頃は小さい城でしたが、江戸時代に入って池田輝政の手によって今の天守が築かれました。白漆喰総塗籠の5層7階建て、連立式天守の城です。

築城以来一度も戦火にまみえる事のなかったお城は、現存12天守の1つ、国宝4天守の1つです。大天守は、JR姫路駅を出るとお城まで真っ直ぐ伸びている道の向こうにそびえています。

 

白鷺のイメージは真っ白な大天守

17027439666_5ece6799ae_b

photo by 雅布 重

大天守は天守台の東南隅にあり、最上階の屋根の上には阿吽一対の大鯱瓦が飾られています。千鳥破風、大千鳥破風、唐破風を組み合わせた美しい外観です。

白漆喰総塗籠というのは外壁だけでなく屋根瓦の目地も白漆喰が塗り込められており、そのため遠目には真っ白に見えるのです。2~3年すると風雨にさらされて少し黒ずんでくるそうですので今のうちに見ておきたいですね。

 

大天守からは姫路の町が一望できます

77442672_e3b3ff0c6f_b

photo by nicwn

姫路の街中にある姫路城は石垣と大天守を合わせると46mの高さがあります。町も一望できますが、もしも敵に攻められたらあそこで防いで、ここで待ち伏せてと計算されているのがよくわかります。

 

武者走りが周りを囲んでいます

22386222_4193e450ea_o

photo by machu.

2924290030_c619624b72_b

photo by laszlo-photo

天守は普段の住まいではなく、シンボルであり、いざという時の守りの要です。中に入ると中央部に幾つか部屋のある階と広間が1つだけの階があります。広間は武者だまりといって戦いの時に武士が詰める場所です。

どの階も周囲は廊下のようなものでぐるっと囲まれています。これは武者走りで、武器も置いてありますし、ここから攻めてくる敵を攻撃しました。

1 2
Pocket はてブ

WRITER

沢之翠
好奇心旺盛で、各地の文化にふれる旅をするのが好きですが、時には目的を決めずに旅に出ることもあります。仕事で外出中に長距離列車や飛行機を見ると無性に乗ってしまいたくなって困ります。世界の文化には …

TABIPPO.NETで
旅の情報をチェックしよう!

Twitter、Facebook、Instagram、LINE@で 編集部が毎日厳選してお届けします。

SNSやメールマガジンもチェック!

EVENTイベント情報

TABIPPOでは、全国で毎週「旅」をテーマにしたイベントを主催していますので、ぜひお気軽に足を運んでみてくださいね ♪

旅大学のWEBサイトを見る

GOODS旅に出たくなる商品

TABIPPOのモノづくりブランドPAS-POLでは、あなたにオススメな「旅グッズ」をたくさんご用意していますので、 ぜひチェックしてみてくださいね♪

オススメの旅グッズを全て見る

RANKINGカテゴリーランキング

世界遺産

FEATURED特集

特集一覧へ

EVENTイベント情報

GOODS旅に出たくなる商品