【真っ白な世界遺産】白鷺城と呼ばれる姫路城の美しい景観と歴史

Pocket はてブ

 

真っ直ぐ突撃は無理です・菱の門

22386440_3c7d1147d9_o

photo by machu.

大手門を入るとあっちへ曲がったり、こっちへ曲がったり敵を翻弄するように作られていますが、この菱の門も二の丸の入口を守る要です。安土桃山時代の様式を残した城内で一番大きな門です。

 

壁や塀に小さい穴が並んでいます

6155577881_2afd8af3d9_b

photo by Maarten1979

3291064865_5b3346a9dd_b

photo by paranoidnotandroid

塀に開けた小さい穴は鉄砲狭間や矢狭間といい、攻めてくる敵を待ち伏せてここから攻撃するためのものです。

 

自然の石をそのままの形で積んだ石垣

226849628_06633833a9_b

photo by neco

226858077_c7969493ec_b

photo by neco

一見乱雑に見えますが野面積みという積み方でとても丈夫な石垣です。

 

千姫も住んでいました

13541841_ca7caeaa24_b

photo by tiseb

226853542_8fd9df889c_b

photo by neco

大阪城が滅んだ時、豊臣秀頼の妻だった千姫は祖父徳川家康の手で救い出され、その後本多忠刻に再嫁します。本多家では悲劇の姫を思い、遣わされた化粧料10万石を使って千姫のための新しい御殿を作ったりして慰めました。

千姫が29歳の時に本多忠刻が亡くなり、姫は江戸に戻りますが姫路城での生活は束の間の幸せの時だったと伝えられています。

西の丸は千姫の住まいで、化粧櫓は休息所として好んで使った部屋だそうです。長局のたくさんの部屋にはお付きの侍女たちが住みました。

 

まとめ

城内には「播州皿屋敷」で有名なお菊井戸もあります。1枚、2枚・・・9枚、10枚目がなくて身を投げたと言われる井戸です。戦争はなくても悲劇の歴史はあったようですね。

 

1 2
Pocket はてブ

WRITER

沢之翠
好奇心旺盛で、各地の文化にふれる旅をするのが好きですが、時には目的を決めずに旅に出ることもあります。仕事で外出中に長距離列車や飛行機を見ると無性に乗ってしまいたくなって困ります。世界の文化には …

TABIPPO.NETで
旅の情報をチェックしよう!

Twitter、Facebook、Instagram、LINE@で 編集部が毎日厳選してお届けします。

SNSやメールマガジンもチェック!

EVENTイベント情報

TABIPPOでは、全国で毎週「旅」をテーマにしたイベントを主催していますので、ぜひお気軽に足を運んでみてくださいね ♪

旅大学のWEBサイトを見る

GOODS旅に出たくなる商品

TABIPPOのモノづくりブランドPAS-POLでは、あなたにオススメな「旅グッズ」をたくさんご用意していますので、 ぜひチェックしてみてくださいね♪

オススメの旅グッズを全て見る

RANKINGカテゴリーランキング

世界遺産

FEATURED特集

特集一覧へ

EVENTイベント情報

GOODS旅に出たくなる商品