ライター
兼若 勇基 コンサル業界の某企業に就職

大阪大学の大学院生。2013年2月〜11月大学を休学し、初海外で世界一周!ブログ・twitterでの情報発信、couchsurfingで現地の家に泊まるなどの方法で、26カ国を周遊する。 帰国後は、「旅の魅力を伝える」立場に廻るべく、TABIPPO2014大阪の幹部を務める。現在は関西旅人会幹部や、TABIPPO2015大阪の副代表として活動中。また、Twitterにて「世界一周フリカエリ」と題して、毎日旅の様子を発信している。来年からはコンサル業界の某企業に就職予定。

僕は、2013年に9か月間で世界一周を行いました。最近は日本の魅力も知ろうと、ヒッチハイクを使って旅をすることが多くなりました。

ヒッチハイクはタダで目的地に行ける上に、乗せてくれた人との交流も生まれ、めちゃめちゃ楽しいです!ただはじめからヒッチハイクがうまくいったわけではありません。ひたすら2時間近く車が止まってくれるのを待った日もありました(苦笑)

今回は、僕がヒッチハイクを重ねる中でわかった、ヒッチハイクの6つのコツをみなさんに紹介しようと思います。

 

コツ1 まずは身だしなみから

まずは、ヒッチハイクに繰り出す前に、身だしなみを整えましょう。まあなかなか乗せてもらえないような服装もないとは思いますが(笑)ただ身なりは整っていた方が、見た目の印象が良く乗せてもらいやすいです。

 

コツ2 ベストポジションを探せ!

144378710_fbdb8ea79d_z

photo by mrhayata

身なりを整えたら、ヒッチハイクに出発!ただここで大事なのが、道路で待機する場所選び。そこで重要なのは、

・車が止まりやすい場所であること
・目的地方向へ向かう車が多いこと

の2点。

特に車が止まりやすい場所であるかは重要です。信号の前で直接声をかける、車のスピードが落ちている場所や路肩が広い場所を選ぶなど、ドライバーの目線に立って、良い場所を選びましょう。また、目的地方向へ行く車を探すなら、高速の入り口前などがベスト!

ライター
兼若 勇基 コンサル業界の某企業に就職

大阪大学の大学院生。2013年2月〜11月大学を休学し、初海外で世界一周!ブログ・twitterでの情報発信、couchsurfingで現地の家に泊まるなどの方法で、26カ国を周遊する。 帰国後は、「旅の魅力を伝える」立場に廻るべく、TABIPPO2014大阪の幹部を務める。現在は関西旅人会幹部や、TABIPPO2015大阪の副代表として活動中。また、Twitterにて「世界一周フリカエリ」と題して、毎日旅の様子を発信している。来年からはコンサル業界の某企業に就職予定。

RELATED

関連記事

RANKING

人気記事ランキング