other

こんにちは、旅を広める会社である株式会社TABIPPOが運営をしている「旅」の総合WEBメディアです。世界一周のひとり旅を経験した旅好きなメンバーが、世界中を旅する魅力を伝えたいという想いで設立しました。旅人たちが実際に旅した体験をベースに1つずつ記事を配信して、これからの時代の多様な旅を提案します。

クイーンズ ビーチ

photo by Akihiko Hiramatsu

クイーンズ ビーチは、ワイキキで一番のサーフスポット。クイーンズ サーフ ビーチとも呼ばれ、初心者から玄人までが憩う場所となっている。

ビーチカフェもあり芝生と海との距離も近く緑も多いので、一息つくのにちょうどいい。ビーチを散歩したり、ござを敷いて海風に当たるのにももってこい。ストレスフリーなひとときを過ごそう。

■詳細情報
・名称:クイーンズ ビーチ
・住所:2685 Kalakaua Ave, Honolulu, HI 96815 アメリカ合衆国
・アクセス:ワイキキ中心地からバスで15分。Kapahulu Ave + Kalakaua Ave下車すぐ
・公式サイトURL:http://www.honolulu.gov/

 

キラウエア アベニュー

photo by Akihiko Hiramatsu

こんなにも開放的な道があるだろうか。キラウエア アベニューを走っていると現れる大パノラマ。海に向かって坂道が敷かれ、高い建物がないので水平線をも見通せる。

カハラの街から見下ろす大海原は、まるでこの道から繋がっているかのよう。何気ない瞬間に思いがけない絶景に出会えるのがハワイの魅力の一つだ。

■詳細情報
・名称:キラウエア アベニュー
・住所:Kilauea Ave, Honolulu, HI 96816 アメリカ合衆国
・アクセス:ワイキキ中心地からバスで25分。Kilauea Ave + 10th Ave下車、徒歩10分

 

ロイヤル ハワイアン ラグジュアリー コレクション リゾート ワイキキ

photo by ハワイ州観光局

ワイキキの真ん中に位置するラグジュアリーホテル。「太平洋のピンクパレス」の愛称の通り、外観だけでなくタオルなどのアメニティもピンク色で統一されている。このクラシックで可愛いピンクパレスで挙げる結婚式は、世界中の花嫁の憧れだ。

1927年に開業。戦時中はアメリカ海軍の保養所としても使われていた。戦後はビートルズやマリリン・モンローなどの著名人も宿泊。花嫁だけでなく、誰しも一度は訪れてみたいホテルだ。

■詳細情報
・名称:ロイヤル ハワイアン ラグジュアリー コレクション リゾート ワイキキ
・住所:2259 Kalakaua Avenue, Honolulu, Oahu, HI 96815-2515
・アクセス:ワイキキ中心地
・公式サイトURL:https://www.royal-hawaiian.com/

 

カハラ ビーチ

photo by ハワイ州観光局

オアフ島で美しい朝日が見られるビーチといえばここ。ちょっと早起きをして、朝日を見に出かけたい。

正式名称はワイアラエ ビーチだが、カハラ地区のザ・カハラ・ホテル&リゾート沿いにあるためカハラ ビーチの名前で知られている。近年はウェデングフォトのロケ地やビーチウェディングができるところとしても人気が高いローカルビーチだ。

■詳細情報
・名称:カハラ ビーチ
・住所:4999 Kahala Ave, Honolulu, HI 96816 アメリカ合衆国
・アクセス:ワイキキ中心地からバスで20分。Kahala Ave + Opp Pueo St下車、徒歩5分
・公式サイトURL:http://kahalabeachapts.com/kahala-faq.html

 

カカアコ ウォーター フロント パーク

photo by Takuro Matsumoto

ワイキキの喧騒から離れたい時はここへ来よう。ワイキキのアラモアナ ビーチパークの西に位置した静かな公園。遊歩道をぶらりと歩いたり、湾を挟んだ対岸に見えるダイヤモンド ヘッドを眺めながら、芝生に腰掛けて少し休憩してみたり。

サンセットが美しい場所としても有名だ。デートで訪れるのにもぴったりの場所。

■詳細情報
・名称:カカアコ ウォーター フロント パーク
・住所:4999 Kahala Ave, Honolulu, HI 96816 アメリカ合衆国
・アクセス:ワイキキ中心地からバスで15分。Alamoana Bl + Coral St下車、徒歩10分
・公式サイトURL:http://kahalabeachapts.com/kahala-faq.html

 

カカアコ

photo by Nana Ogura

最近話題の壁面アートの街。大規模な再開発が進められているエリアであり、賑やかなウォールアートが楽しい場所。毎年2月に新しい作品が増えていくので、その時期を狙っていけば、生まれ変わる街のなかに真新しい作品を見つけることができる。

小洒落たカフェに入ったり、ショッピングに心を踊らせたり。右を見ても左を見てもカラフルな街は、散策にぴったりだ。

■詳細情報
・名称:カカアコ
・住所:531 Cooke St, Honolulu, HI 96813 アメリカ合衆国
・アクセス:ワイキキ中心地からバスで15分。Ala Moana Bl + Ward Ave下車、徒歩20分

 

アラワイ運河

photo by BooKofLura/PIXTA

1928年、もともと湿地帯だったワイキキのリゾート化に伴って埋め立ててできたのが、このアラワイ運河。周辺住民の散歩やジョギングのコースになっている。

運河の完成によって山の湧き水は運河へと流れるようになり、ワイキキの衛生環境が向上したといわれる。夕暮れ時、運河に映り込む太陽の光はあたりを夕焼け色に染め上げ、うっとりとする景色をつくりあげる。

■詳細情報
・名称:アラワイ運河
・住所:Ala Wai Blvd Honolulu, HI 96815
・アクセス:ワイキキ中心地から徒歩10分

 

デューク・カハナモク像

photo by Akihiko Hiramatsu

サーフィンの父として有名なハワイの英雄、デューク・カハナモク。水泳においてもその類まれな能力を発揮し、オリンピック3大会で計5つのメダルを獲得した伝説の男だ。その功績は今でも語り継がれ、クヒオ ビーチには人々を見守る彼の像が置かれている。

サーフボードを背にして両手を広げる姿は、訪れた私たちを温かく出迎えてくれているよう。毎年8月24日の彼の誕生日は、像にレイをかけるセレモニーが開催される。

■詳細情報
・名称:デューク・カハナモク像
・住所:Honolulu, HI
・アクセス:ワイキキ中心地
・公式サイトURL:http://int.gohawaii.com/jp/oahu/regions-neighborhoods/honolulu/duke-kahanamoku-statue/

 

アラワイ ヨット ハーバー

photo by kula/PIXTA

サンセットに足を運びたい、ロマンチックな絶景。大小700艇のクルーザーやヨットが停泊しており、夕刻の訪れとともに沖へ出ていくヨットが、さらに旅の気分を盛り上げ、癒やしてくれる。

昭和の名優、石原裕次郎のヨットもここにあったのだとか。散歩をしながら、レストランで食事をしながら、どこから眺めても絵になる風景がここにある。

■詳細情報
・名称:アラワイ ヨット ハーバー
・住所:Honolulu Waterfront, Honolulu, Oahu, HI 96813
・アクセス:ワイキキ中心地から徒歩15分
other

こんにちは、旅を広める会社である株式会社TABIPPOが運営をしている「旅」の総合WEBメディアです。世界一周のひとり旅を経験した旅好きなメンバーが、世界中を旅する魅力を伝えたいという想いで設立しました。旅人たちが実際に旅した体験をベースに1つずつ記事を配信して、これからの時代の多様な旅を提案します。

RELATED

関連記事