editor
西嶋 結 TABIPPO編集部 / ライター・編集者

出版社出身のライター・編集者。本の要約サービスflierに所属。2012年に半年間の旅行を経験し、現在に至るまで訪れた国は60か国ほど。有給休暇をフル活用して弾丸旅に繰り出すべく、筋トレに励んでいます。

ファーストクラスで世界一周したあと、博多にてホステル「Hakata Minoshima Hostel FUTAGI」を経営されている二木 俊彦さん。今回は、二木さんがホステル経営にかける思いをうかがいました。

二木俊彦さん

1978年、北海道札幌市生まれ。食品の営業、医療機器の営業、世界一周の旅、MRを経て、福岡県福岡市にて「Hakata Minoshima Hostel FUTAGI」を開業。世界一周のコンサルや企業への旅学講師としての仕事も画策中。

 
――博多でホステル「Hostel FUTAGI」を経営されている二木さんですが、もともとホステル経営が夢だったんですか?

31歳のとき、ファーストクラスで世界一周していました。世界一周する前はもちろん、帰国した後もサラリーマンでしたし、サラリーマンをやめる気もありませんでした。

世界一周中に「ホステルを経営したらおもしろいだろうな」と思ったことはあったものの、お酒が好きな人が「将来バーを経営してみたいな」と言うのとちょっと似ているかな。本気ではなかったし、本当に自分が開業することになるなんて、夢にも思っていませんでした。

――その気持ちを変えるきっかけがあったんですか?

 

きっかけは、『人生を変えた世界一周』に寄稿したことです。出版と同時に、私が住んでいる福岡でも出版記念パーティーを開きました。ツイッターで告知したところ、知らない人を含めて、60人ほどが参加してくれました。

2次会で参加者と話していたら、「東京にはイベントがたくさんあるけど、福岡にはないよね」「旅行が好きだから、福岡で旅行好きのイベントがあればいいのに」という話題が出たんです。話の流れで「じゃあ、僕たちがやろうよ!」と盛り上がり、毎月1回、旅のイベントを主催するようになりました。

――どんなイベントですか?


提供:二木さん

 

飲み会のようなものです。でもそうすると、お金がない学生さんはあまり来られない。学生さんにも来てほしいから、やがて僕の自宅に集まるようになりました。20回ほどやったかな。

でもあるとき、僕の2LDKの自宅に70人くらい集まってくれたことがあって。静かに飲んでいたものの、あまりに多くの人が集まったので、警察を呼ばれてしまったんです。

その出来事をきっかけにシェアハウスを運営することを思いつき、物件を探すことに。そこで見つけた物件が「Hostel FUTAGI」です。

――はじめはホステルではなく、シェアハウスだったんですね。

そうなんです。シェアハウスでイベントを開催していたころ、Airbnbが上陸しました。「ホステルをやってみたい」という気持ちがなんとなく頭の中にあったので、練習としてシェアハウスの部屋を貸し出すことに。たくさんの人が泊まりに来てくれました。

――そこからホステル経営へ、気持ちが傾いていったんですね。

いつしか、ホステルを経営したいと思うようになっていました。そんな気持ちを知人に話したところ、今お世話になっている社長と引き合わせてくれたんです。

しかも、銀行を口説き落として、好条件で融資してもらうこともできた。それもこれもタイミングがよかっただけで、もし1年後だったら無理だっただろうなと思います。本当に運がよかった。

――運命の出会いだったんですね!「Hostel FUTAGI」のお客さんはどんな方が多いですか。

お客さまのうち、7~8割が女性です。若い女性、25歳~35歳くらいの方が多くいらっしゃいますね。
ありがたいことに、リピーターの方もいらっしゃいます。出張で来福されるある方は、2年間で9回いらしています。ある韓国の方は、3か月に1回、ショッピングに来るたびに泊まってくださっていますね。

――「Hostel FUTAGI」がよほど魅力的なんでしょうね!

提供:二木さん

 

僕自身、世界一周で100以上の宿を泊まり歩いた経験から、最高のホステルを実現できたという自負があります。

清潔感はどこにも負けませんし、設備が広々としていて居心地がいいのもポイントです。僕は旅しているとき、ベッドで首をのばして座れないのがいやだったし、シャワールームが狭いのも、ベッドのカーテンを開閉する音がうるさいのも嫌だった。そうした点を、「Hostel FUTAGI」ではすべて改善しています。

特にベッドにはこだわっています。二段ベッドのはしごではなく、ベッドの間に階段をつけています。こうすれば危なくないし、隣同士のベッドで顔を合わせながら話すこともできるんですよ。

editor
西嶋 結 TABIPPO編集部 / ライター・編集者

出版社出身のライター・編集者。本の要約サービスflierに所属。2012年に半年間の旅行を経験し、現在に至るまで訪れた国は60か国ほど。有給休暇をフル活用して弾丸旅に繰り出すべく、筋トレに励んでいます。

RELATED

関連記事