南アイスランド・ゴールデンサークル・スナイフェルスネス半島の観光情報まとめ

南アイスランド・ゴールデンサークル・スナイフェルスネス半島の観光情報まとめ

南アイスランド・ゴールデンサークル・スナイフェルスネス半島の観光情報まとめ
Pocket はてブ

2019年の1月にTABIPPOチームで冬季のアイスランドを11日間旅してきました。アイスランド観光といえば、首都レイキャビクとブルーラグーン、氷の洞窟と氷河トレッキングなどいくつかのエリアやジャンルに分かれますが、今回はレンタカーで訪れることができるアイスランド西部から南部の観光地を中心にご紹介します。

 

アイスランドの地理を解説

アイスランド西部と南部は、いくつかのエリアに分かれています。上記は僕たちがアイスランドをレンタカーで旅行したルートで、主要な観光スポット番号を振りました。

  1. 首都レイキャビク周辺(1,2,8番)
  2. レイキャビクの北東にあるゴールデンサークル(3,4,5番)
  3. レイキャビク北西のスナイフェルスネス半島(13番)
  4. レイキャビク南東の南アイスランド(10,12,14番)
  5. レイキャビクから真東に位置するヴァトナヨークトル氷河周辺(6,7,11番)

レイキャビクとゴールデンサークル以外を訪れる場合はレンタカーでの移動が基本となります。しかし、雪道での運転に不安がある人や、少人数でのアイスランド旅行を予定している方はツアーの方が良い場合もあります。下記のリンクから現地ツアーの検索・比較ができますので、検討中の方はご覧ください。

»(目的地別、アクティビティ別で検索できる)アイスランドの現地ツアー

 

レイキャビク周辺とヴァトナヨークトル氷河の観光スポットに関しては、別の記事にまとめてありますので、ご覧ください。

<関連記事>

アイスランドの首都レイキャビクの観光スポット16選(カフェ・グルメ含む)https://tabippo.net/reykjavik-spot/

アイスランドの氷の洞窟と氷河トレッキングを徹底解説(費用・場所・注意など) https://tabippo.net/ice-cave-ice-trekking/

今回は、残りのゴールデンサークル、南アイスランド、スナイフェルスネス半島の観光情報をまとめて紹介します。

 

グトルフォス / ゴールデンサークル

グトルフォス / ゴールデンサークル

photo by ruimaeda

グトルフォス / ゴールデンサークル

photo by unsplash

ゴールデンサークルの3ヶ所(グトルフォス、シンクヴェトリル、ゲイシール)の中で、最もおすすめがグトルフォスです。アイスランド語で「フォス」は滝を意味していて、後述するスコゥガフォス、セリャラントスフォスなどもアイスランドで有名な滝です。

1枚目の写真は、残念ながら天候が崩れて雹(ヒョウ)が混じる吹雪の中での撮影。2枚目は綺麗に見えた場合の冬のグトルフォスです。レイキャビクからゴールデンサークルに向かうルートでは、グトルフォスは一番奥の山側に位置しますが、アイスランドの力強さをぜひ体感してください。

 

シンクヴェトリル国立公園 / ゴールデンサークル

シンクヴェトリル国立公園 / ゴールデンサークル

photo by ruimaeda

シンクヴェトリル国立公園 / ゴールデンサークル

photo by ruimaeda

シンクヴェトリルはプレートとプレートの裂け目ギャウ(アイスランド語でGjá)が見られる場所です。アイスランドはユーラシアと北米、2つの構造プレートが生まれる場所でして、ユーラシア大陸プレートの東端が日本です。アイスランドと違って、日本はプレートが沈み込む場所ですが、火山大国であるという点は同じですね。

シンクヴェトリルを観光するなら、1~2時間かけてギャラからトレッキングルートを歩くと、アイスランドの穏やかな自然を堪能できます。冬であっても、澄んだ川と小さな滝、遠くに見えるルーテル教会と湿地帯が雪で白く染め上がる光景が美しいです。

 

ゲイシール間欠泉 / ゴールデンサークル

ゲイシール間欠泉 / ゴールデンサークル

photo by ruimaeda

ゲイシール間欠泉 / ゴールデンサークル

photo by ruimaeda

ゴールデンサークル最後の1つはゲイシール間欠泉です。正確にはゲイシール間欠泉は1916年頃に活動を休止し、現在噴出しているのはゲイシールの隣にあるストロックル間欠泉ですが、便宜上ゲイシールと引き続き呼ばれています(Google Map上の表記もゲイシール)。

間欠泉までは駐車場から徒歩3分ほどに位置しているので、間欠泉を観光するだけなら30分あれば十分です。なお、間欠泉の周囲には高温のお湯が沸き、流れ出しているので、触らないように注意が必要です。

ゴールデンサークル周辺の観光情報は以上で、次は南アイスランドの観光についてご紹介します。

 

セリャラントスフォス / 南アイスランド

セリャラントスフォス / 南アイスランド

photo by roy

レイキャビクから南アイスランド方面に車を走らせて、初めに訪れることができるのがセリャラントスフォス(Seljandsfoss)です。夏季は滝の裏側に回りこめる道があり、滝裏からのサンセットが非常に有名です。

積雪量が多い、または滑る可能性が高い日に限り、裏側への道が立ち入り禁止になりますが、滝壺まではかなり近づくことができます。

セリャラントスフォスに限らず、滝を撮影する場合にシャッタースピードを遅くして流水を美しく撮影することがありますが、アイスランドの滝は日本よりもずっと大きいため、遠くまで水しぶきが飛ぶことに留意してください。何も考えずに撮影して、後で写真を見てみたら水しぶきでレンズがびしょびしょでした。

 

スコゥガフォス / 南アイスランド

スコゥガフォス / 南アイスランド

photo by roy

スコゥガフォス / 南アイスランド

photo by roy

セリャラントスフォスから30キロほど走ると、内陸側にスコゥガフォス(Skógafoss)が見えてきます。セリャラントスフォスよりは1号線から遠くに位置しますが、スコゥガフォス方面に曲がる看板があるので見落とさないようにしましょう。

売店と土産物屋が1つずつあるだけのセリャラントスフォスと違い、スコゥガフォス周辺は小さな集落になっていて、レストランやホテルがあります。スコゥガフォスを正面に右側から滝の上に登る道があるので、頂上まで行くと下からとは別の景色を楽しむことができます。

 

Plane Wreck(未訪問) / 南アイスランド

Plane Wreck(未訪問) / 南アイスランド

photo by unsplash

Plane Wreck(未訪問) / 南アイスランド

photo by unsplash

Plane Wreck(未訪問) / 南アイスランド

photo by unsplash

残念ながら今回のアイスランド旅行で訪れることはできなかったのですが、南アイスランドでは「墜落した飛行機」が有名になってきています。Plane Wreckと呼ばれる、廃棄された飛行機は1973年にアメリカ軍の飛行機が砂浜の上に不時着したものです。現在では機体の両翼がなく、胴体のみを残しています。

1 2
Pocket はてブ

WRITER

前田塁
TABIPPO.NET編集長
慶應義塾大学商学部卒。大阪ガス、オプトを経てTABIPPOを立ち上げました。サーバー、コード、コンテンツ、マネタイズまでを担当するフルスタック編集長です。ツイートは旅行とテクノロジーと宇宙が多め。…

TABIPPO.NETで
旅の情報をチェックしよう!

Twitter、Facebook、Instagram、LINE@で 編集部が毎日厳選してお届けします。

SNSやメールマガジンもチェック!

EVENTイベント情報

TABIPPOでは、全国で毎週「旅」をテーマにしたイベントを主催していますので、ぜひお気軽に足を運んでみてくださいね ♪

旅大学のWEBサイトを見る

GOODS旅に出たくなる商品

TABIPPOのモノづくりブランドPAS-POLでは、あなたにオススメな「旅グッズ」をたくさんご用意していますので、 ぜひチェックしてみてくださいね♪

オススメの旅グッズを全て見る

RANKINGカテゴリーランキング

アイスランドのおすすめ観光スポット・旅行情報一覧

FEATURED特集

特集一覧へ

EVENTイベント情報

GOODS旅に出たくなる商品