ライター
橋場 泰樹 海外旅行情報サイト『トラベラーズカフェ ワールドギャラリー』代表

海外旅行情報サイト『トラベラーズカフェ ワールドギャラリー』代表。海外渡航回数は120回以上、旅の総延長距離は世界67周以上の実績を持つ旅のプロフェッショナル。世界5大陸 56ヶ国・570都市以上にも渡り旅を続け、旅行写真家、海外旅行評論家としての顔も持つ。過去に大手旅行会社で添乗員として活躍し、一味違った旅を演出するなどツアー満足度 優良表彰を多数受賞。バックパッカーから豪華客船まで幅広い旅に精通する。

入国税と出国税
今回カンボジアでは出国税は必要ないのですが2ドルが必要でしたし、出国税を徴収する国もあります。その際気を付けたいのが出国する国の通貨の残金。例えば出国する前にその国の通貨を綺麗さっぱり使い切ってから次の国に行くことが一般的です。しかし、その国が出国税が必要な場合、その出国税分は必ず残しておく必要があります。事前に情報をチェックしておきましょう。

 

その他
イミグレーションでは大人しくして、役人には丁寧に接しましょう。特に途上国の役人は傲慢な態度でムカつくことがあるかもしれませんが我慢です。出入国の許可を最終判断するのは役人なのです…。役人に楯突いて嫌がらせを受けることが本当にあります(経験者談)。

その他、もしゲストハウスなどで自分が旅するコースと逆コースから旅をしてきた旅人に会ったら、国境がどんな様子だったかを聞いておきましょう。国境情報は生ものです。国境を越えてきたばかりの人の話はとても参考になります。

 

難しいことは何もない!

こんな感じで陸路での国境越えは何も難しいことは無く、語学も簡単な英語がわかれば十分です。本当に特別なことは何もありません。さあ!旅に出ましょう!

なお、当記事は カンボジアからラオスへ。陸路での国境越え! を基に簡単にまとめているので、もっと詳しく知りたい方、この先どういう旅が続いたのか気になる方は元記事も見てみて下さい。

rounded_corners

 

筆者執筆のバックパッカー関連記事

世界20周した旅人が選ぶ「海外旅行の持ち物」を大公開
バックパッカー初心者へ。空港〜宿のチェックインまでの完全マニュアル
初めてバックパックで旅に出る人がすべき8つの準備

ライター
橋場 泰樹 海外旅行情報サイト『トラベラーズカフェ ワールドギャラリー』代表

海外旅行情報サイト『トラベラーズカフェ ワールドギャラリー』代表。海外渡航回数は120回以上、旅の総延長距離は世界67周以上の実績を持つ旅のプロフェッショナル。世界5大陸 56ヶ国・570都市以上にも渡り旅を続け、旅行写真家、海外旅行評論家としての顔も持つ。過去に大手旅行会社で添乗員として活躍し、一味違った旅を演出するなどツアー満足度 優良表彰を多数受賞。バックパッカーから豪華客船まで幅広い旅に精通する。

RELATED

関連記事

RANKING

人気記事ランキング