writer
佐々木 拓馬 フリーライター

せかいいっしゅうしましょう じぶんのいきたいところにいきましょう むずかしいことはなしにして さぁ、いきましょう

そもそも、「インディアン嘘つかない」という言葉は、真っ赤な、真っ赤な、真っっっっっ赤な!!『嘘』です!

日本人のみなさん、あなたはなぜ嘘をつきますか?
なにか後ろめたいことがあるから、嘘をついたら許されることがあるから、誰かをだます方法だから。
そうです。日本人をはじめ、ほとんどの国の人がつく嘘には「理由」があります。でも、インドに住む現地のインド人がつく嘘は本当に理由もなく、なんの意味もない毒にも薬にもならないものばかりです。

だから、衝撃!!ほかの国ではまず聞けないはちゃめちゃなインドの嘘を今回は紹介したいとおもいます。

 

僕「○○どこ?」インド人「あっち⇒」・・・逆じゃねーか!!

6292774718_584dfac4de_b

photo by Arian Zwegers

一般的に海外で道に迷うことはしばしばありますが、そんな時にはやはり現地の人に道を教えてもらうのが良いでしょう。

ですが、インドで道をたずねる場合には注意が必要です。多くのインド人は適当に道を教えてくれます。

自分がその場所を知らなくても教えてくれます。なんてやさしいんでしょう!気がついたら「どこ?ここ・・・」なんてことも。冒険心がくすぐられますね!

 

インド人少年「オレナガブチ!ニホンジン!!」

僕がガンジス河のほとりでぼーっとしていたところ、目の前に10歳くらいのインド人の少年が現れました。すると彼はおもむろに自分の胸を指差してこう言いました。

「オレナガブチ!ニホンジン!!」

違う。絶対に違う。きみは絶対にインド人だ。

彼はそれだけ言うと、走ってどこかへ消えました。彼はなにがしたかったんだろう・・・。

 

インド人青年「オレ日本人の彼女5,6人いるけど・・・おまえは?」

s8356730145_eae139145b_k

photo by Rajarshi MITRA

ある日、まちをブラブラしていると20代の青年が話かけてきました。最初はたわいない話をしていましたが、なぜか途中から

writer
佐々木 拓馬 フリーライター

せかいいっしゅうしましょう じぶんのいきたいところにいきましょう むずかしいことはなしにして さぁ、いきましょう

RELATED

関連記事

FOCUSいま注目の特集