ライター
三浦 哲郎 総合旅行業務取扱管理者

総合旅行業務取扱管理者・総合旅程管理主任者であり、フィリピン留学・世界一周情報「Tabi Joy」運営者。大学卒業後にオーストラリア・フィリピンへの1年半の留学を経て、海外語学学校、旅行会社、大手留学会社にて留学カウンセラーとして勤務。退職後、妻とともに世界一周を経験し、現在はフリーで活動しています!

これまで多くの国や地域に訪れてきましたが、場所によって、同じ英語でも使い方や発音が違うことは日常茶飯事。その国独特の英語が根付いている場合も多いのです。

今回は、「いただきます」と「ごちそうさま」の表現方法をご紹介したいと思います。

 

「いただきます」を英語で伝えるフレーズ5選

Let’s eat!
さぁ食べましょう!/食べよう!

Let’s tuck in!
「Let’s eat!」と同じく、さぁ食べましょう!/食べよう!

Let’s dig in!
こちらもカジュアルな表現になります。さぁ食べましょう!/食べよう!

thank you for the meal.
おいしい食事をありがとう。

Let’s pray first.
まずは、祈りを捧げましょう。

 

その他にも様々な「いただきます・召し上がれ」の表現

It looks delicious.
おいしそうな料理ですね。

It smells really good.
おいしそうな匂いがします。

Thank you for making a nice cuisine!
素晴らしい料理を作ってくれてありがとう。

You’re a talented cook.
あなたはすばらしい料理人ですね。

Enjoy your meal.
食事を楽しんで。

ライター
三浦 哲郎 総合旅行業務取扱管理者

総合旅行業務取扱管理者・総合旅程管理主任者であり、フィリピン留学・世界一周情報「Tabi Joy」運営者。大学卒業後にオーストラリア・フィリピンへの1年半の留学を経て、海外語学学校、旅行会社、大手留学会社にて留学カウンセラーとして勤務。退職後、妻とともに世界一周を経験し、現在はフリーで活動しています!

RELATED

関連記事

RANKING

人気記事ランキング