「銀の島日本」と呼ばれた由縁世界遺産石見銀山の歴史に迫る

Pocket はてブ

日本列島は活発な火山活動のおかげで鉱物資源に恵まれてきました。中でも世界遺産石見銀山は16世紀から17世紀にかけて大量の銀が産出され、当時の世界で産出されていた銀の三分の一は石見の銀だったそうです。

フランシスコ・ザビエルは、スペイン人が「銀の島」と日本の事を呼んでいると手紙で書いてますし、当時の世界地図には「銀鉱山」と石見銀山が書き込まれています。

 

労働者と環境にやさしい鉱山でした

17102098710_fb81a8c69b_b

photo by senngokujidai4434

16667190874_86fbcf99d4_b

photo by senngokujidai4434

石見銀山では鉱石鉱床に硫化物をほとんど含まないため鉱害問題がほとんどおこらず、また精錬に必要な大量の燃料も環境にやさしいものでした。

燃料の木炭は地区外に設けた御囲村で作られましたが、原料の樹木は土石流などが起こらないように伐採場所が厳しく管理され、森林の再生が繰り返されました。

鉱山労働者の保護のために坑内環境の改善、鉱山病の研究が行われました。鉱山病で仕事ができない者やその子供に米を支給したり、健康のために味噌の支給、梅の栽培も行われました。

 

お代官様も奥女中も寄進しました・羅漢寺

17101879008_1a744eb483_b

photo by senngokujidai4434

16667191884_308d3e6011_b

photo by senngokujidai4434

鉱山で亡くなった人々やご先祖様を供養するために江戸時代に建てられました。当時の大森代官の働きかけで田安家の奥女中も寄進したそうです。

特徴のある石の反り橋や、中には必ず知り合いの顔があると言われる五百羅漢など見どころが多いです。

 

昔は厳重に柵で囲まれていました・銀山柵内

17101877348_5dba372f65_b

photo by senngokujidai4434

何しろ生産しているのが貴重な銀ですから、江戸時代初めまでは銀山周辺は柵で囲い、出入りを厳重に監視したそうです。昔の街並みが残っています。

1 2
Pocket はてブ

WRITER

沢之翠
好奇心旺盛で、各地の文化にふれる旅をするのが好きですが、時には目的を決めずに旅に出ることもあります。仕事で外出中に長距離列車や飛行機を見ると無性に乗ってしまいたくなって困ります。世界の文化には …

TABIPPO.NETで
旅の情報をチェックしよう!

Twitter、Facebook、Instagram、LINE@で 編集部が毎日厳選してお届けします。

SNSやメールマガジンもチェック!

EVENTイベント情報

TABIPPOでは、全国で毎週「旅」をテーマにしたイベントを主催していますので、ぜひお気軽に足を運んでみてくださいね ♪

旅大学のWEBサイトを見る

GOODS旅に出たくなる商品

TABIPPOのモノづくりブランドPAS-POLでは、あなたにオススメな「旅グッズ」をたくさんご用意していますので、 ぜひチェックしてみてくださいね♪

オススメの旅グッズを全て見る

RANKINGカテゴリーランキング

世界遺産

FEATURED特集

特集一覧へ

EVENTイベント情報

GOODS旅に出たくなる商品