千と千尋の神隠しの舞台と呼ばれる群馬県の四万温泉にある温泉宿「積善館」に大興奮!

Pocket はてブ

コンニチハ、022おふじです。今日はジブリ好きな僕が、ジブリ好きな皆様、そうではない皆様へ、珍しく国内の旅をご紹介しようと思います!

 

スタジオジブリ作品、「千と千尋の神隠し」の中で主人公の《千尋》と湯屋の先輩《リン》が肉まんを食べている女中部屋にそっくりな日本最古の湯宿建築があるのをご存知でしょうか?

それは、群馬県の四万温泉にありました。元禄4年に建てられたという積善館というお宿。湯屋に似ているだけではなく素敵な温泉宿でしたので、ご紹介させていただきたいと思います。

*編集部追記
2016年2月に公開した記事に新たに加筆しました。(2019/01/28)

積善館1

photo by Kentaro Ohno

 

まずは、積善館へ向かう道中!

sIMG_2450

photo by 022おふじ

四万温泉の温泉街へと向かう途中の道には、アスファルトにつけた溝によって、その道を車で走ると「千と千尋の神隠し」の主題歌「いつも何度でも」が聞こえて来るのです。

それだけでジブリ好きは、テンションが上がってきます!温泉街も交え、とてもいい雰囲気です。

 

積善館本館の玄関には「千と千尋の神隠し」を思わせる赤い橋が!

sIMG_2304

photo by 022おふじ

「橋を渡る間、息をしてはいけないよ。ちょっとでも吸ったり吐いたりすると、術が解けて店の者に気づかれてしまう」

そんな《ハク》の声が聞こえてきそうな赤い橋を、息をせずに渡って、積善館へ向かいましょう。

 

女中部屋に似ている部屋は間取りから雪見障子まで、そっくりすぎる!

sIMG_2264

photo by 022おふじ

sIMG_2269

photo by 022おふじ

わかりますか?あの女中部屋にそっくりでしょう?こんな偶然あるのでしょうか?

実はこの部屋、老朽化と安全面の関係上宿泊や一般公開はされておらず、不定期で開催される館内アクティビティのアニメツアーなるものでしか、お部屋に入ることができません。

そもそも30年間お客様を入室させておらず、宮崎駿監督も「千と千尋の神隠し」公開前には、宿泊もしていなければ、見たこともないはずだそうです。

 

本館から、新館へのエレベーターへ続くトンネルも、どこかジブリ作品に出てきそうな雰囲気

sIMG_2317

photo by 022おふじ

元禄4年に建てられたという、積善館本館はどこを見ても、風情があり素敵な建物です。

この本館から新館へと続く長いトンネルがこれまた偶然なのでしょうが、《千尋》が迷い込んでしまった神々の世界と人間界をつなぐトンネルを思い出してしまうのです。

1 2
Pocket はてブ

WRITER

藤村ゆう(022おふじ)
子供の頃から転勤続き、いつの頃からかひとつの場所に定住することが苦手になり、日本全国世界中を行ったり来たり、ここ10年はインドネシアのバリ島をベースに定住していましたがさすがに10年で放浪癖が再燃…

TABIPPO.NETで
旅の情報をチェックしよう!

Twitter、Facebook、Instagram、LINE@で 編集部が毎日厳選してお届けします。

SNSやメールマガジンもチェック!

EVENTイベント情報

TABIPPOでは、全国で毎週「旅」をテーマにしたイベントを主催していますので、ぜひお気軽に足を運んでみてくださいね ♪

旅大学のWEBサイトを見る

GOODS旅に出たくなる商品

TABIPPOのモノづくりブランドPAS-POLでは、あなたにオススメな「旅グッズ」をたくさんご用意していますので、 ぜひチェックしてみてくださいね♪

オススメの旅グッズを全て見る

RANKINGカテゴリーランキング

スタジオジブリ

FEATURED特集

特集一覧へ

EVENTイベント情報

GOODS旅に出たくなる商品