21歳だった私が初めての一人旅に出て、大学を辞めることになるまで

Pocket はてブ

この記事では、TABIPPOがつくりあげた3冊目の旅の本、『女子が旅に出る理由』のコンテンツをTABIPPO.netをご覧の皆様にもご紹介したいと考え、本誌に掲載している一人旅体験記を厳選して連載しています。
今回の主人公は、カンボジアへ一人旅をした中村舞さん(当時21歳)です。

 

世界には、様々な理由やきっかけによってを一人旅を決意して、自分の心と体で世界を感じてきた女の子たちがいます。

手に入れたのは、どんなに高価なアクセサリーよりも魅力的な自分らしさ。

そんな女の子たちが、初めての一人旅のときに「なぜ旅に出て、どう変わっていったのか」。

すべての女性に読んでほしい、女の子一人旅ストーリーをまとめました。

 

\こちらの記事は、書籍化もされています/

書店POP_01

 

嫌だったのに、不安だったのに出逢ってしまった

私はあの日、混乱した。

高校1年の時、留学中の姉に会うために、タイに行った日のことだった。

すべてが汚かった。乗り物の乗り方、お金の払い方、セキュリティ、すべてが適当だった。

道いっぱいにあふれる夜のお店。片腕や片足で楽器を弾く人たち。壁いっぱいに張り付くヤモリ。

食べながら、電話しながら、座りながらの接客。たばこを吸ながら歩く警察。次から次へと湧き出てくるトゥクトゥクの運転手たち。

 

正直、嫌だった。受け入れられなかった。

(早く日本に帰りたい。虫のいない、エアコンが効いた部屋 で、きれいなお皿と安心できる料理が食べたい)。

…ただ、嫌だったのに、不安だったのに、すべてが「出逢い」だと思った。

こんなにルールのない世界を知ったのは初めてだった。

ずっとまじめに生きてきた私にとって、自分の存在を小さく小さく感じる、裏切られたような、衝撃。

だからこそ気づけた。自分の弱さを。

 

世間から1ミリでもはみ出たことをするのは、不安な人だった。空気だけは人一倍読んだ。誰かに用意された道しか通らなかった。

本当は、周りを気にせずに、自分の力で行動したかった。わからないけど、おそらく小さいであろう世界で、いっぱいいっぱいになって生きているのは嫌だった。

 

1本ネジがとれた私は

タイで覚えた言葉「マイペンライ」。タイの人が頻繁に口にしていた。私の好きな言葉になった。

意味は、「気にしなくていいよ」「気楽に行こう」。

「おとなしい人」から「うるさい人」へ。

「まじめな人」から「クレイジーな人」へ。

1本ネジがとれた私は、どんどんどんどん変わっていった。

 

眠っていた好奇心が爆発した。大学1年で再び短期研修でタイへ。

その後、何かに取り憑かれたように、グアム、プーケット島でダイビング、大学2年の春に韓国へ山登り。

 

そして 21 歳の春。挑戦が始まった。

(カンボジアに行こう。今度は、誰も誘わなくていい)。

国内や他の先進国への旅とは比べものにならない。タイ研修の時は団体行動。

移動のバス、ホテルも手配されていた。 でも、今回は違う。

「私、カンボジアに行く」

「え? 一人? 大丈夫?」

友達に言われた。怖い、危ない、地雷の国。不安になった。

 

(もしも、死んだらどうしよう)。

そう思って姉と甥っ子に会いに行った。かっこいいと言われて強がったけれど、徹夜で宿の場所や緊急連絡先をメモした。

外務省のHPの注意事項も一 字一句読んだ。いらないであろうものまで、バックパックに詰め込んだ。そして朝、両親に置き手紙をして、ドアを閉めた。

 

「僕は君の一人目の友達だよ」

「WELCOME TO CAMBODIA」

一軒家を大きくしたようなシェ ムリアップの空港。

書かれていた文字を複雑な気持ちで読んだ。 税関にいる外国人は、みんな背の高い欧米人だ。急に自分がおつかいを頼まれた小学生のように思えた。

(しっかりしなきゃ。負けないぞ)。

くちびるを噛みしめて、空港を飛び出した。

暑苦しい。体中がチクチクする。行き交うトゥクトゥクの音が響く。むちゃくちゃな電線の数。

何屋なのかわからないお店が、道路沿いにずっと並ぶ。体中をとりまくガソリンの臭い匂いと、屋台の生臭い匂い。

(全部、現実なんだ。来てしまった)。

 

shutterstock_95537854

photo by shutterstock

こうして、11日間の旅が始まった。初めて一人で声をかけて、 トゥクトゥクに乗ってみる。ドライバーは小太りの50 代くらいの男性。お互いに、英語は片言。

(変なところに連れて行かれたらどうしよう)。

不安ばかり募って泣きそうになっていたら、ドライバーが聞いてきた。

「なんで一人なの? 彼氏は?こっちに友達がいるの?」。

知っている単語をすべて使って、答える。

「ここに友達は 一人もいない。私、すごく緊張してる」。
「OK! 安心して。 僕は、もう君の一人目の友達だからね」。

そう言って、彼はちゃんと日本語が通じるゲストハウスに送ってくれた。

初日の夜は、どっと疲れたのと、部屋のセキュリティーまで確認してくれたドライバーさんの優しさで泣きそうだった。

私は、一人旅の魅力に気づき始めた。

 

見つけたのは、大人の楽園

予定をパンパンに詰めるのが好きだった私は、最初の3日間、ずっと歩きまわり続けた。

孤児院でカメラを向けても笑わない子どもに涙したり、アンコールワットを訪れたり、毎晩出逢った旅人たちとお酒を飲んだり。

 

出発から4日目。

首都プノンペンを経て、さらに南へ。シハヌークビルという街に向かう。

1 2
Pocket はてブ

WRITER

TABIPPO.NET編集部
若者が旅する文化を創る!
全員が世界一周を経験したメンバーが学⽣時代に作った組織がTABIPPOです。設立して5年半、2014年4⽉に株式会社になりました。とにかく旅が好きで、たくさんの人に旅を広めたいと思っ…

TABIPPO.NETで
旅の情報をチェックしよう!

Twitter、Facebook、Instagram、LINE@で 編集部が毎日厳選してお届けします。

SNSやメールマガジンもチェック!

EVENTイベント情報

TABIPPOでは、全国で毎週「旅」をテーマにしたイベントを主催していますので、ぜひお気軽に足を運んでみてくださいね ♪

旅大学のWEBサイトを見る

GOODS旅に出たくなる商品

TABIPPOのモノづくりブランドPAS-POLでは、あなたにオススメな「旅グッズ」をたくさんご用意していますので、 ぜひチェックしてみてくださいね♪

オススメの旅グッズを全て見る

RANKINGカテゴリーランキング

女子が旅に出る理由

FEATURED特集

特集一覧へ

EVENTイベント情報

GOODS旅に出たくなる商品