深川八幡祭り
other

こんにちは、旅を広める会社である株式会社TABIPPOが運営をしている「旅」の総合WEBメディアです。世界一周のひとり旅を経験した旅好きなメンバーが、世界中を旅する魅力を伝えたいという想いで設立しました。旅人たちが実際に旅した体験をベースに1つずつ記事を配信して、これからの時代の多様な旅を提案します。

東京だけでなく、関東地方には江戸時代のまま続けられているお祭りが幾つかあります。将軍様のお膝元の誇りにかけてみっともない事はできないと言った意気を感じさせるお祭りの数々をご紹介します。

 

深川八幡祭り

2775690329_7e52d35b80_b
photo by udono

3836183659_04d67e35d4_b
photo by udono

8月14日から16日にかけて行われる東京深川の富岡八幡宮の祭りは「水掛け祭り」の別名があります。「ワッショイ、ワッシヨイ」の伝統的な掛け声とともに神輿がやってくると、沿道の観衆は担ぎ手に清めの水を浴びせます。

富岡八幡宮は寛永年間に永代島とその周辺の砂州を埋め立てたところを社有地として創建され、深川の八幡様として江戸庶民に親しまれ、時代小説にもよく登場します。今も、日本一の4.5tもの黄金の神輿一の宮と、担いで練り歩くための2tの神輿二の宮がおさめられています。

 

神田祭

3529791146_20fac2c980_b
photo by Marufish

3529773484_7613f4a3fb_b
photo by Marufish

神田祭は干支で丑・卯・巳・未・酉・亥の年、西暦でいうと奇数年の5月に行われる江戸伝統の祭りです。山王祭とは交互の斎行になります。

祭りは4日の奉納神楽で始まり、9日の神幸祭をメインに15日の例大祭で氏子の幸せと日本の繁栄・平和を祈念して締めくくられます。14日に境内の特設舞台で行われる金剛流薪能は神田明神伝統の神事能です。

 

山王祭

2578046201_d74e16732a_b
photo by shokai

2578046805_9789da8d18_b
photo by shokai

14401209636_7d611f04b7_b
photo by jetalone

山王祭は赤坂の日枝神社の祭礼で、干支で子・寅・辰・午・申・戌、西暦の偶数年の6月に行われます。将軍が上覧したことで神田祭とならんで天下祭と呼ばれています。神幸祭では、江戸時代に神輿の城内渡御が行われた故事にならって、今も皇居の前を通って挨拶をします。

旧暦の6月は夏越の祓の月にあたることから、夏越稚児行列や山王御祓並鎮火祭も行われて、境内には「茅の輪」が作られ、罪穢・災厄を祓い、延命長寿と無病息災を祈って参拝客が茅の輪をくぐります。

 

三社祭

14208034116_ce1d43ea31_b
photo by *_*

14231167255_7ca40aa53e_b
photo by *_*

三社祭は5月中旬に行われる浅草神社の祭礼です。浅草神社は江戸時代まで浅草寺と神仏習合していて、当時はお祭りも浅草寺のお祭りでした。明治時代に神仏分離が行われ、浅草神社単体で祭礼が行われるようになりました。

 

くらやみ祭り

8706240139_d55038150d_b
photo by urasimaru

8706250779_e94764114d_b
photo by urasimaru

大化の改新の時に武蔵の国の国府が置かれたことが府中市の名前のもとですが、その折、大國魂神社を国衙の斎場とし武蔵総社と定めました。5月5日の例大祭は国府祭として知られていました。

この祭りを「くらやみ祭」というのは、以前は八基の御輿が提灯の火を消し、月の落ちた闇夜を御旅所に神幸した事からです。現在は少し時間を早めて夕刻から日本最大級の大太鼓の先導で始められます。

 

川越まつり

2043939488_71f6c55e45_o
photo by d’n’c

2043938152_fe03d83146_o
photo by d’n’c

小江戸と呼ばれる川越市は、江戸情緒の残る蔵造りの町並みと江戸時代初めから城下に時を告げてきた「時の鐘」が有名ですが、そこを曳行される昔の「天下祭」を再現した豪華な山車の行列が川越まつりの見どころです。

特に、数台の山車が、笛・太鼓・踊りなどのお囃子を競い合い、人々が提灯を振り上げて歓声をあげる「曳っかわせ」は祭りの最高潮です。

 

秩父夜祭

2439267952_3a47d5ac0b_o
photo by d’n’c

秩父夜祭は秩父神社の祭礼として12月の初めに行われます。秩父は江戸時代秩父絹と呼ばれる絹の生産地として栄え、祭礼の時には絹市もたち、江戸から買い付けに来る人を楽しませるために華やかな祭りになったと言われています。

国重要有形民俗文化財になっている山車を屋台囃子を打ち鳴らしながら曳きまわしたり、屋台山車の両側に舞台を設置して行われる秩父歌舞伎など見どころの多いお祭りです。

東京だけでなく、関東地方には江戸時代のまま続けられているお祭りが幾つかあります。将軍様のお膝元の誇りにかけてみっともない事はできないと言った意気を感じさせるお祭りの数々をご紹介します。

 

深川八幡祭り

2775690329_7e52d35b80_b
photo by udono

3836183659_04d67e35d4_b
photo by udono

8月14日から16日にかけて行われる東京深川の富岡八幡宮の祭りは「水掛け祭り」の別名があります。「ワッショイ、ワッシヨイ」の伝統的な掛け声とともに神輿がやってくると、沿道の観衆は担ぎ手に清めの水を浴びせます。

富岡八幡宮は寛永年間に永代島とその周辺の砂州を埋め立てたところを社有地として創建され、深川の八幡様として江戸庶民に親しまれ、時代小説にもよく登場します。今も、日本一の4.5tもの黄金の神輿一の宮と、担いで練り歩くための2tの神輿二の宮がおさめられています。

 

神田祭

3529791146_20fac2c980_b
photo by Marufish

3529773484_7613f4a3fb_b
photo by Marufish

神田祭は干支で丑・卯・巳・未・酉・亥の年、西暦でいうと奇数年の5月に行われる江戸伝統の祭りです。山王祭とは交互の斎行になります。

祭りは4日の奉納神楽で始まり、9日の神幸祭をメインに15日の例大祭で氏子の幸せと日本の繁栄・平和を祈念して締めくくられます。14日に境内の特設舞台で行われる金剛流薪能は神田明神伝統の神事能です。

 

山王祭

2578046201_d74e16732a_b
photo by shokai

2578046805_9789da8d18_b
photo by shokai

14401209636_7d611f04b7_b
photo by jetalone

山王祭は赤坂の日枝神社の祭礼で、干支で子・寅・辰・午・申・戌、西暦の偶数年の6月に行われます。将軍が上覧したことで神田祭とならんで天下祭と呼ばれています。神幸祭では、江戸時代に神輿の城内渡御が行われた故事にならって、今も皇居の前を通って挨拶をします。

旧暦の6月は夏越の祓の月にあたることから、夏越稚児行列や山王御祓並鎮火祭も行われて、境内には「茅の輪」が作られ、罪穢・災厄を祓い、延命長寿と無病息災を祈って参拝客が茅の輪をくぐります。

 

三社祭

14208034116_ce1d43ea31_b
photo by *_*

14231167255_7ca40aa53e_b
photo by *_*

三社祭は5月中旬に行われる浅草神社の祭礼です。浅草神社は江戸時代まで浅草寺と神仏習合していて、当時はお祭りも浅草寺のお祭りでした。明治時代に神仏分離が行われ、浅草神社単体で祭礼が行われるようになりました。

 

くらやみ祭り

8706240139_d55038150d_b
photo by urasimaru

8706250779_e94764114d_b
photo by urasimaru

大化の改新の時に武蔵の国の国府が置かれたことが府中市の名前のもとですが、その折、大國魂神社を国衙の斎場とし武蔵総社と定めました。5月5日の例大祭は国府祭として知られていました。

この祭りを「くらやみ祭」というのは、以前は八基の御輿が提灯の火を消し、月の落ちた闇夜を御旅所に神幸した事からです。現在は少し時間を早めて夕刻から日本最大級の大太鼓の先導で始められます。

 

川越まつり

2043939488_71f6c55e45_o
photo by d'n'c

2043938152_fe03d83146_o
photo by d'n'c

小江戸と呼ばれる川越市は、江戸情緒の残る蔵造りの町並みと江戸時代初めから城下に時を告げてきた「時の鐘」が有名ですが、そこを曳行される昔の「天下祭」を再現した豪華な山車の行列が川越まつりの見どころです。

特に、数台の山車が、笛・太鼓・踊りなどのお囃子を競い合い、人々が提灯を振り上げて歓声をあげる「曳っかわせ」は祭りの最高潮です。

 

秩父夜祭

2439267952_3a47d5ac0b_o
photo by d'n'c

秩父夜祭は秩父神社の祭礼として12月の初めに行われます。秩父は江戸時代秩父絹と呼ばれる絹の生産地として栄え、祭礼の時には絹市もたち、江戸から買い付けに来る人を楽しませるために華やかな祭りになったと言われています。

国重要有形民俗文化財になっている山車を屋台囃子を打ち鳴らしながら曳きまわしたり、屋台山車の両側に舞台を設置して行われる秩父歌舞伎など見どころの多いお祭りです。

町田時代祭り

photo by pixta

東京・町田は昔から、鎌倉武士や農兵隊に所縁があると言われています。10月最後の日曜日に行われる「まちだ時代祭り」では、当時の鎌倉武士や農兵隊を再現し「時代行列」や「砲術」などが行われることで有名です。一目見ようと訪れる人がたくさんおり、特に、砲術では演舞とはいえ、その迫力に歓声が上がるそう。

一番の見所は、コスプレ行列として当時の武士の格好や和装をしたコスプレイヤーたちが集まり、ぽっぽ町田~原町田中央通り~一番街~パークアベニュー~文学館通り~町田街道~芹ヶ谷公園を練り歩くパレードです。定員は100名、料金はコスプレイヤー参加費2,000円、カメラ登録料2,000円で、ゴールの芹ヶ谷公園では撮影会も開催されます。

訪日外国人も注目しているお祭りで、世界中から多くの人が集まるお祭りとなっています。

 

日本橋・京橋まつり

photo by pixta

10月最後の日曜日、日本橋・京橋で行われる「大江戸活粋(かっき)パレード」は、全国の伝統の踊りを披露するお祭りです。

「阿波踊り(徳島県)」や「エイサー(沖縄県)」、「盛岡さんさ踊り(岩手県)」や「玉すだれ(富山県)」などの踊りを広めるため、活動している団体が踊りながら東京駅近くの中央通りを練り歩きます。

スタートは京橋付近の鍛治橋通りから、日本橋を抜けてゴールは江戸桜通り付近。かなり長い道のりを、当日は交通規制を強いてパレードが行われるので、見応え十分。西河岸地蔵尊通りでは、全国の名産品を購入できる会場も用意されているので、ふらっと訪れても楽しいでしょう。

 

厄除元三大師大祭・縁起だるま市

photo by pixta

3月3日、4日に行われる「厄除元三大師大祭」は東京都調布市にある深大寺で行われます。厄除けで知られる深大寺最大のお祭りで、7万人の人が集まるとも言われています。元三大師様のご霊験を崇めるお祭りで、一番の見所はすてきな法衣を着た僧侶たちが行列になって歩く「お練り行列」です。

photo by pixta

そして、境内ではそのご威力にあやかり「縁起だるま市」が開催されています。大小300以上のだるまが並び、一つ購入しようと全国から人が集まります。

photo by pixta

ここで購入しただるまは、特設会場の「だるま開眼所」で僧侶が目を描き入れてくれるのも、このお祭りに足を伸ばしたい理由の一つ。いろんな種類のだるまの中から好きなものを見つけて、購入できるのが魅力のお祭りです。

 

くらやみ祭

photo by pixta

くらやみ祭は、5月5日を中心に(2019年は4月30日〜5月6日まで)東京府中にある「大國魂神社(おおくにたまじんじゃ)」で行われるお祭りです。東京都の指定無形民俗文化財として指定されており、メインのお祭りが夜なのにもかかわらず、たくさんの人が集まります。

photo by pixta

5月5日に朝行われる「例祭」は年中行事で最も重要な祭儀で、午後6時から行われる「神輿渡御」がメインイベント。ライトアップされた神社内を、大きな神輿を担いで運んでいきます。終了は午後9時と、神社のお祭りにしてはかなり遅めですが、一度は訪れたいお祭りです。

 

みたままつり

photo by pixta

東京千代田区にある靖国神社で毎年7月に行われる「みたままつり」は、東京でもかなり有名な夏のお祭り。この時期になると祖霊(みたま)があの世からこの世へ戻り、家族と過ごすと言われているそう。毎年30万人もの人が集まり、幅広い世代に親しまれています。

photo by pixta

境内には提灯や懸雪洞(かけぼんぼり)が飾られ、その様子は圧巻。その様子を写真に収めようとカメラを持つ人で賑わいます。

お祭り中は、毎日行われる盆踊りをはじめ、「青森ねぶた」や「江戸芸かっぽれ」、「阿波踊り」などが行われ、大きな盛り上がりに。

photo by pixta

靖国神社は九段下駅と市ヶ谷駅の間にあり非常に立地が良く、お祭りの時期になると近所のお店も混み合うので気をつけてくださいね。

 

酉の市

photo by pixta

浅草の鳳神社で行われる酉の市は、日本発祥の地だそう。毎年11月に行われ、開運出世や商売繁盛などを祝うお祭りとして、全国からたくさんの人が集まり賑わいます。鷲神社だけでなく、隣に位置する長國寺の二箇所で盛大に行われ、一回に二つの場所のご利益が得られるのはこのお祭りの特徴です。

photo by pixta

酉の市では熊手が売られており、購入して置いておくと縁起がいいとされ、さまざまな熊手を購入したいと人が集まります。

日程は、一の酉と二の酉に分かれており、2019年は一の酉が11月8日(金)、二の酉が11月20日(水)。昔からより縁起が良いと言われてきた一の酉の方が人が殺到するため、非常に混み合うでしょう。

浅草から鷲神社は少し離れており、東武線やメトロ浅草線・銀座線の浅草駅からは徒歩15分、一番近い駅は地下鉄日比谷線の入谷駅で徒歩7分です。

 

 

節分・豆まき祭り

日本各地のお寺・神社では、節分の日に大々的な節分行事が行われます。特に、東京は毎年有名人や著名人が豆を撒くことが有名で、全国から大勢の人が豆まきをするために足を運ぶのです。そんな東京で豆まきが行われている代表的なお寺・神社を4つご紹介します。

 

浅草寺

photo by pixta

浅草寺での節分行事は、寺院で大規模な豆まきが行われるきっかけになった、最初の寺だそう。豆まきは一日中行われ、午前中は付属の幼稚園生が、昼ごろに年男による豆まき、夕方からは有名人が豆まきが実施されます。

浅草寺の豆まきの有名人ゲストは、浅草周辺に住んでいたり、寄席の劇場「東洋館」に出演している人、浅草歌舞伎の出演者など、浅草にゆかりのある人ばかり。ちなみに、2019年は中村勘九郎さん、中村七之助さん、アニマル濱口さん、桂文治さん、林家三平さんなどが参加しました。

 

湯島天満宮(湯島天神)

photo by pixta

教育の神様が祀られていることで有名で、多くの受験生が願掛けに訪れる湯島天満宮。ここでは、節分の日午後3時頃から豆まきがはじまります。豆まきの前に白梅太鼓の演奏があり、毎年非常に盛り上がるのが特徴です。

湯島天満宮の豆まきの有名人ゲストは、力士や落語家の方が多く、集まったたくさんの人と一緒に豆まきを楽しみます。

 

大國魂神社

photo by pixta

東京・府中の府中本町駅から徒歩5分のところにある大國魂神社は、厄除・厄払いで有名な神社です。「くらやみ祭」が行われることで有名。

1日で合計3回の豆まきが行われ、第3回目はくらやみ祭りのような、日が暮れた後に行われます。著名人はもちろん、ゆるキャラや俳優・女優さんも駆けつけ、豪華な豆まきが楽しめるでしょう。

 

柴又帝釈天

photo by pixta

葛飾区柴又にある柴又帝釈天の豆まきは、他の場所とちょっと異なるユニークな行事。豆を撒く前に、赤鬼・青鬼に関するクイズが出され、節分の知識を深める時間があります。

さらに、撒かれる豆袋には当たり券がついており、当たった方には商店街からプレゼントが。豆まきだけでも楽しいですが、クジまで楽しめるなんて一石二鳥です。ゲストは大人気シリーズ「男はつらいよ」の寅さんに関わる方や、大相撲の方が参加するそう。

photo by pixta

柴又帝釈天の前にはかなりレトロな商店街があり、食べ歩きや写真撮影にはぴったりの場所が多いので、豆まきの前後に散歩をするのも楽しいですよ。

 

東京のお祭りに参加しよう

東京では電線の設置とともに山車が消え神輿だけになったお祭りもありますが、少し周りに目を向ければ江戸時代のままの形でお祭りが行われているところがあって興味深いものです。

other

こんにちは、旅を広める会社である株式会社TABIPPOが運営をしている「旅」の総合WEBメディアです。世界一周のひとり旅を経験した旅好きなメンバーが、世界中を旅する魅力を伝えたいという想いで設立しました。旅人たちが実際に旅した体験をベースに1つずつ記事を配信して、これからの時代の多様な旅を提案します。

RELATED

関連記事

RANKING

人気記事ランキング