深川八幡祭り

東京の凄いお祭り7選

深川八幡祭り
Pocket はてブ

東京だけでなく、関東地方には江戸時代のまま続けられているお祭りが幾つかあります。将軍様のお膝元の誇りにかけてみっともない事はできないと言った意気を感じさせるお祭りの数々をご紹介します。

 

深川八幡祭り

2775690329_7e52d35b80_b
photo by udono

3836183659_04d67e35d4_b
photo by udono

8月14日から16日にかけて行われる東京深川の富岡八幡宮の祭りは「水掛け祭り」の別名があります。「ワッショイ、ワッシヨイ」の伝統的な掛け声とともに神輿がやってくると、沿道の観衆は担ぎ手に清めの水を浴びせます。

富岡八幡宮は寛永年間に永代島とその周辺の砂州を埋め立てたところを社有地として創建され、深川の八幡様として江戸庶民に親しまれ、時代小説にもよく登場します。今も、日本一の4.5tもの黄金の神輿一の宮と、担いで練り歩くための2tの神輿二の宮がおさめられています。

 

神田祭

3529791146_20fac2c980_b
photo by Marufish

3529773484_7613f4a3fb_b
photo by Marufish

神田祭は干支で丑・卯・巳・未・酉・亥の年、西暦でいうと奇数年の5月に行われる江戸伝統の祭りです。山王祭とは交互の斎行になります。

祭りは4日の奉納神楽で始まり、9日の神幸祭をメインに15日の例大祭で氏子の幸せと日本の繁栄・平和を祈念して締めくくられます。14日に境内の特設舞台で行われる金剛流薪能は神田明神伝統の神事能です。

 

山王祭

2578046201_d74e16732a_b
photo by shokai

2578046805_9789da8d18_b
photo by shokai

14401209636_7d611f04b7_b
photo by jetalone

山王祭は赤坂の日枝神社の祭礼で、干支で子・寅・辰・午・申・戌、西暦の偶数年の6月に行われます。将軍が上覧したことで神田祭とならんで天下祭と呼ばれています。神幸祭では、江戸時代に神輿の城内渡御が行われた故事にならって、今も皇居の前を通って挨拶をします。

旧暦の6月は夏越の祓の月にあたることから、夏越稚児行列や山王御祓並鎮火祭も行われて、境内には「茅の輪」が作られ、罪穢・災厄を祓い、延命長寿と無病息災を祈って参拝客が茅の輪をくぐります。

 

三社祭

14208034116_ce1d43ea31_b
photo by *_*

14231167255_7ca40aa53e_b
photo by *_*

三社祭は5月中旬に行われる浅草神社の祭礼です。浅草神社は江戸時代まで浅草寺と神仏習合していて、当時はお祭りも浅草寺のお祭りでした。明治時代に神仏分離が行われ、浅草神社単体で祭礼が行われるようになりました。

1 2
Pocket はてブ

WRITER

沢之翠
好奇心旺盛で、各地の文化にふれる旅をするのが好きですが、時には目的を決めずに旅に出ることもあります。仕事で外出中に長距離列車や飛行機を見ると無性に乗ってしまいたくなって困ります。世界の文化には …

TABIPPO.NETで
旅の情報をチェックしよう!

Twitter、Facebook、Instagram、LINE@で 編集部が毎日厳選してお届けします。

SNSやメールマガジンもチェック!

EVENTイベント情報

TABIPPOでは、全国で毎週「旅」をテーマにしたイベントを主催していますので、ぜひお気軽に足を運んでみてくださいね ♪

旅大学のWEBサイトを見る

GOODS旅に出たくなる商品

TABIPPOのモノづくりブランドPAS-POLでは、あなたにオススメな「旅グッズ」をたくさんご用意していますので、 ぜひチェックしてみてくださいね♪

オススメの旅グッズを全て見る

RANKINGカテゴリーランキング

祭り

FEATURED特集

特集一覧へ

EVENTイベント情報

GOODS旅に出たくなる商品