ライター
新田 浩之 フリーライター

国鉄が民営化された1987年生まれ。神戸市出身です。高校の時に読んだある小説の影響で、中央ヨーロッパ、東ヨーロッパ、ロシアに強い関心を持つことに。大学、大学院ではユーゴスラビアのことを勉強していました。2016年3月からライターとして神戸で活動しています。 直近では2015年9月から3ヶ月間、友人を訪ねながら、ヨーロッパ14カ国をめぐる旅を決行。ただ、イギリス、フランス、イタリア、スペインなどの西欧諸国には行ったことがありません。

こんにちは、ライターの新田浩之です。海外旅行ができない今だからこそ、おすすめしたい場所が都会で海外気分が味わえる兵庫県・神戸です。

また神戸は海と山を気軽に訪れることができ、気持ちをリフレッシュできます。今回は神戸市民の私が神戸の魅力をお伝えします。

兵庫県神戸への行き方


神戸へはさまざまな行き方がありますが、最もポピュラーな交通手段は新幹線でしょう。山陽新幹線に「新神戸駅」がありますが、東海道・山陽新幹線「新大阪駅」から神戸の中心地、三宮までは電車で30分ほど。

実は神戸は大阪からとても近いところにあります。関東からですと運賃面から「新大阪駅」の利用をおすすめします。

神戸市民としては悲しいですが、神戸に空港があることはあまり知られていないようです。神戸市の人口島、ポートアイランドには国内線が乗り入れる神戸空港があります。神戸空港へは東京、茨城、北海道、沖縄など全国いろいろなところから乗り入れています。

新幹線の駅からプチ登山が楽しめる神戸

神戸の玄関口、山陽新幹線「新神戸駅」からスタートします。「新神戸駅」から20分ほど登山をすると、美しい滝、布引の滝が見られます。新幹線の駅から徒歩30分以内で立派な滝が見られるのは「新神戸駅」だけではないでしょうか。


大阪から来られる場合は一点だけご注意を。「新神戸駅」は新幹線専用駅です。神戸の中心地にあたる三宮からは神戸市営地下鉄山手線に乗り「新神戸駅」で降ります。


JR「新神戸駅」の改札口を抜けたら1階へ降ります。地下鉄「新神戸駅」を降りた場合はJR「新神戸駅」方面に歩いてください。


1階から駅ビルを出て、新幹線の高架の真下を通ります。「布引の滝0.4km」とあり徒歩20分~30分ですが、正直にいうと登山です。重い荷物はロッカーに預け、歩きやすい靴をおすすめします。


高架を抜けると、いきなり急坂! 神戸は本当に坂が多い都市です。頑張って布引の滝を目指して歩きましょう。右側の建物は「新神戸駅」です。


しばらく歩くと雌滝(めんたき)に着きました。水量は少ないですが、美しい滝です。「これで滝を見終わった、さあ戻ろう!」と思うのは早い! 

実は布引の滝は雌滝(めんたき)、鼓ヶ滝、夫婦滝、雄滝(おんたき)の総称です。このうち実際に鑑賞できるのは雌滝と雄滝です。雌滝から雄滝までは250m! がんばって歩きましょう。


雌滝から雄滝までは本格的な登山道です。新幹線駅からすぐに登山ができるのも不思議な感じですが。


雄滝に着きました!雌滝と比べると水量も高さもあり迫力十分です。高さは43m、深さは6.6mです。夏の暑い日ですと滝つぼで泳ぎたくなりますが、危険なので絶対にやめておきましょう。

■詳細情報
・名称:布引の滝
・住所:兵庫県神戸市中央区葺合町
・地図:
・アクセス:「新神戸駅」から徒歩20分
・公式サイトURL:https://www.feel-kobe.jp/facilities/detail.php?code=0000000093

布引の滝から1時間以内で海へ向かうことができる


布引の滝を見たら、今度は海を目指します。足元に注意して「新神戸駅」に戻りましょう。「新神戸駅」に着いたら、2階にある「シティーループバス乗り場」を目指します。

他のバスは1階から出発しますが、なぜか「シティーループ」は2階から出発します。間違えないように。


「シティーループ」は神戸中心地の観光地をめぐるバスです。新型コロナウイルス感染症の影響により減便しており、日中時間帯は1時間に2本しかありません。新神戸駅で15分ほど待ちました。


ようやく「シティーループ」に乗り、メリケンパークを目指します。車内は飛沫が飛ばないように透明シートが至るところにありました。これですと、多少混んでいても安心ですね。


「新神戸駅」から約20分で海が見えるメリケンパークに着きました。バス待ちがあっても布引の滝から1時間以内で海に着きました。このように山と海がものすごく近いのが神戸の特徴です。


メリケンパークからは人工島、ポートアイランドが見えます。メリケンパーク周辺は港になっており、時間帯によってはさまざまな船が見られます。ただし、夏ですとものすごく暑いので一か所に長くいるのは危険です!


メリケンパークから神戸を代表する観光スポット、神戸海洋博物館とポートタワーが見られます。「神戸の景色を一望したい!」という人はポートタワーに立ち寄ってもいいでしょう。


メリケンパークには映えるモニュメント「BE KOBE」があります。このモニュメントは2017年につくられました。

「BE KOBE」には阪神・淡路大震災から20年をきっかけに「神戸の魅力は人である」というメッセージがこめられています。写真撮影は自由ですが、モニュメントに登るのはNGですよ。


ところで神戸市民として訪れて欲しいのが園内にある神戸港震災メモリアルパークです。ここは1995年1月に発生した阪神淡路大震災による被害を今日に伝える貴重なスポットです。陥没した埠頭が当時の状態で保存されています。

■詳細情報
・名称:メリケンパーク
・住所:兵庫県神戸市中央区波止場町2−2
・地図:
・アクセス:JR・阪神「元町駅」から徒歩15分ほど
・公式サイトURL:https://www.feel-kobe.jp/area-guide/meriken-harbor/

神戸南京町でオリジナルの味噌ダレ餃子をぜひ

次はプチ海外旅行気分が味わえる南京町に行ってみましょう。メリケンパークから南京町へは歩いて10分ほど。山に向かって、そのまま北に歩けば着きます。


南京町は屋台が立ち並ぶザッ中国のような場所。日本語だけでなく中国語も飛び交います。お昼時は混雑するため、少し時間を外すと密になることも少ないと思います。


ところで、南京町では神戸のB級グルメ「味噌だれ餃子」を味わいましょう。「味噌だれ餃子」は「元祖 ぎょうざ苑」で食べられます。


ここでは餃子を味噌、ラー油、しょう油で混ぜたタレで頂きます。餃子の隠し味は何と神戸牛!ジューシーな神戸牛とパンチの効いた味噌が本当にマッチします。私は平日昼間限定のランチメニュー「定食」を注文しました。これで630円(税別)、なかなかお手頃です。

■詳細情報
・名称:元祖 ぎょうざ苑
・住所:兵庫県神戸市中央区栄町通2-8-11
・地図:
・アクセス:JR・阪神「元町駅」から徒歩10分ほど
・営業時間:11:45~15:00、17:00~20:30
・定休日:月曜日
・電話番号:078-331-4096
・公式サイトURL:https://ganso-gyozaen.com/

海外旅行ロスを癒せるかも?神戸旧居留地


南京町で昼食を食べたところで、少し東へ向かって歩き、旧居留地へ入ります。戦前、旧居留地にはヨーロッパの人々が住み、他の地区とは町のつくりが異なります。まっすぐな道に電線がない光景はまるで海外。ローマ字の看板も目につき、海外旅行ロスを少しは癒せるかもしれません。


旧居留地で最も貴重な建物は旧神戸居留地十五番館です。この建物は1880年頃に建てられ、1881年~1891年までアメリカ領事館としても使用されてきました。1989年に国の重要文化財に指定されましたが、1995年に発生した阪神・淡路大震災により全壊。その後、修復が行われ、現在のような美しい建物になっています。


神戸の歴史に興味があったら、旧居留地にある神戸市立博物館を訪れましょう。この建物は1935年に建てられ、もともとは銀行の支店でした。

■詳細情報
・名称:旧居留地
・住所:兵庫県神戸市中央区
・地図:
・アクセス:JR・阪神「元町駅」から徒歩10分
・公式サイトURL:https://www.kobe-kyoryuchi.com

神戸市立博物館から阪急・阪神神戸三宮駅、JR三ノ宮駅までは徒歩15分ほど。新神戸駅から約4時間の旅でした。

自然も異国の気分も味わえる

今回は神戸を一気に回りましたが、できればおしゃれなカフェでお茶をしながら訪れるとより神戸の魅力に触れられます。

「山」にこだわりたい人は市内にある六甲山や摩耶山に足を伸ばしてもいいでしょう。それでは歩きやすい靴を用意して、自然や海外の雰囲気も楽しむことができる神戸を訪れてくださいね。

All photos by Nitta Hiroshi

【特集】NEXT JAPAN TRAVEL – あたらしい旅、だいすきな場所。-


TABIPPO.NETでは、新しいスタイルでの国内旅行について特集しています。他の記事もぜひチェックしてみてください!
特集を見る

ライター
新田 浩之 フリーライター

国鉄が民営化された1987年生まれ。神戸市出身です。高校の時に読んだある小説の影響で、中央ヨーロッパ、東ヨーロッパ、ロシアに強い関心を持つことに。大学、大学院ではユーゴスラビアのことを勉強していました。2016年3月からライターとして神戸で活動しています。 直近では2015年9月から3ヶ月間、友人を訪ねながら、ヨーロッパ14カ国をめぐる旅を決行。ただ、イギリス、フランス、イタリア、スペインなどの西欧諸国には行ったことがありません。

RELATED

関連記事

RANKING

人気記事ランキング