22時30分、ホテルにロストした荷物が届きました
writer
前田 塁 TABIPPO / 創業メンバー

TABIPPO創業メンバーで、世界78ヶ国を旅しながら仕事をしてます。せっかく現代に生まれたのだから、世界にあるすべての国を訪れて、宇宙を旅行して、仕事でも成功する、そんなワークライフカオスな人生を目指しています。

中国国際航空による羽田発、北京乗り換え、ベラルーシ行きで、噂に聞く北京空港での乗り換えを突破できたわけですが、僕の荷物は乗り換えできませんでした。そうです、ロストバゲージ(通称ロスバゲ)しました。

普段は持ち込み手荷物だけで、預け入れ手荷物は極力使わないようにしているのですが、中国国際航空は持ち込み手荷物の制限が5kgまで(例えば、ジェットスターやエアアジアなどのLCCは7kgまで)なので、荷物を分けるしかありませんでした。

こんな時にこそ、ロスバゲは起こるんですよね。狙い撃ちされた気分です。56カ国訪問して初めてのロスバゲだったので、対応したことをまとめておきます。

 

預け入れ荷物が出てこないぞ?

預け入れ荷物が出てこないぞ?

こちらはミンスク国際空港の手荷物ピックアップカウンターですが、待てど暮らせど僕の荷物が出てきません。これは、もしかして?

 

Lost and Foundのカウンターへ

Lost and Foundのカウンターへ

残念ながら荷物が出てこないことを確信したら「Lost and Found」と書かれているカウンターへ向かいましょう。悲しみをこらえて、荷物が出てこないんだけど?と話すと、対応してくれます。くれぐれも悲しみのあまりに怒ってはいけません。彼らが悪いわけではないのですから。

ちなみに、写真に写っている男性は中部国際空港(セントレア)から北京空港経由でミンスクまで来た田中さん。出発地は違いますが、同じくロストバゲージです。

 

紛失レポートを書く

紛失レポートを書く

航空会社によってフォーマットは異なりますが、何かしらの紛失レポートを書くことになります。この際に重要なのは、紛失担当の電話番号をしっかりと確認することです。この書類の場合は右上の(29)1853542です。この番号との連絡が命綱です。

 

税関でも紛失レポートを書く

税関でも紛失レポートを書く

この後は、税関にてレポートを書きました。他の国でも共通なのか、ミンスク国際空港独自なのかはわかりませんが、紛失荷物の中身や重量、価格について聞かれました。

税関の担当者も荷物を失ったかわいそうな我々にはとても親切にしてくれますから、色々なことを聞いてみました。

Q. 1日でどれくらいロストバゲージするの?
A. だいたい2個〜10個くらいね

writer
前田 塁 TABIPPO / 創業メンバー

TABIPPO創業メンバーで、世界78ヶ国を旅しながら仕事をしてます。せっかく現代に生まれたのだから、世界にあるすべての国を訪れて、宇宙を旅行して、仕事でも成功する、そんなワークライフカオスな人生を目指しています。

RELATED

関連記事