editor
西嶋 結 TABIPPO編集部 / ライター・編集者

出版社出身のライター・編集者。本の仕事をしています。2012年に半年間の旅行を経験し、今までに訪れた国は60か国ほど。有給休暇をフル活用して弾丸旅に繰り出すべく、筋トレに励んでいます。

理由4 アゼルバイジャンの街並みが素敵すぎるから

photo by 西嶋結

アゼルバイジャンを気に入った理由の一番がこちら。街並みがあまりにも素敵だったんです。新旧が混じっていて、リトアニアのビリニュスと少し雰囲気が似ているように感じました。

とくに素敵だったのは旧市街。城壁都市なんですが、城壁のそこここに絨毯をディスプレイしている絨毯屋さんがたくさん。城壁と絨毯のコントラストがかわいすぎて、たくさん写真を撮ってしまいました。

 

photo by 西嶋結

バクーのもう一つの顔が、「超都会」であること。せっかくならということで、今回はバクーの名所、フレームタワーに宿泊しました。フレームタワーから見下ろすバクーに感動!

 

理由5 アゼルバイジャン人は親日だから

後で知ったのですが、アゼルバイジャン人は親日ということで有名だそう。到着早々バスに乗ったのですが、バックパックが重く、よろけてしまいました。

するとあっという間に四方八方から手が伸びてきて、気づけば周囲の人が笑顔で支えてくれているではないですか!しかも近くに座っていたおじさまが「座りなよ」と席を譲ってくれるという出来事も。

街中を歩いていても、変にじろじろ見られたり、からかわれたりといったことはありませんでした。とても快適で、居心地のいい国です。

 

理由6 アゼルバイジャンはバスが発達しているから

photo by 西嶋結

これも観光には重要。バスが発達しており、本数も十分。どこへでも気軽に足をのばすことができました。

バスの運賃はプリペイドカードで支払います。これは空港から市内に移動するときに買えばOK。バスに乗ってから「どうしよう、小銭がない!」なんてこともないし、ごそごそと荷物を開けずにピッとタッチすれば済む点もうれしかったです。

 

理由7 アゼルバイジャンのバクー空港はwifiが爆速だから

photo by 西嶋結

アゼルバイジャンに到着したときに早速バクー空港のwifiにつないでみたのですが、なんと爆速。日本にいるときと同じくらい、ストレスフリーで使えました。空港の待ち時間はどうしても長くなりがちだから、ネット環境が快適だとうれしいですよね!

しかもバクーの空港は超おしゃれ。オイルマネーで潤っていることをひしひしと感じさせる豪華さでした。空港がきれいだとテンション上がりますよね!

 

さあ、アゼルバイジャンに行こう!

以上、アゼルバイジャンが100点満点の国だった理由をご紹介しました。まだまだマイナー国扱いされていると思いますが、きっとあなたも気に入るはず。バックパッカー初心者にも安心しておすすめできます。機会があればぜひ訪れてほしい国のひとつです!

editor
西嶋 結 TABIPPO編集部 / ライター・編集者

出版社出身のライター・編集者。本の仕事をしています。2012年に半年間の旅行を経験し、今までに訪れた国は60か国ほど。有給休暇をフル活用して弾丸旅に繰り出すべく、筋トレに励んでいます。

RELATED

関連記事

RANKING

人気記事ランキング