ライター
桃(Momo) TABIPPO編集部 / フリーライター

書く人・エッセイスト。アメリカ・イギリスでの短期語学留学、ヨーロッパ鉄道周遊ひとり旅など経て、新卒でベンチャーの旅行会社に就職。現在は複数メディアにてフリーのライター兼編集者。趣味は英語で、映画は洋画を中心に年間150本を鑑賞。渡航国数は23ヶ国。

フェリーの中に売店もありフリーWiFiが使えます

香港からマカオへのフェリーの所要時間はだいたい一時間程度。ちょっとうとうとしていたらすぐに着いてしまう時間でもありますが、フェリーの中には売店もあります。売店にはカップラーメンなども販売されているので、お腹が空いてどうしようもなければ購入できます。

フリーWiFiも繋がるので、マカオで何をするかプランを立ててもよさそう。マカオの醍醐味は無料で見ることができる素晴らしいショーの数々なので、ホテルのチェックインをしたらどこに行くかをしっかり計算しながら動きましょう。

フェリーは想像以上に揺れます


photo by shutterstock
フェリー内で気をつけることは特にないのですが、予想以上にかなり揺れます。私はあまり船酔いが得意ではなかったので、WiFiに繋いでネットを見ていたら、気持ち悪くなってしまいました……。

船に薬などはないので、弱くてすぐ酔ってしまう方は、日本から酔い止めの薬を持って行く方が良いでしょう。

揺れることは覚悟して、機内で文字を見ない、音楽を聞いて気を紛らす、移動中は寝てみるなど、工夫をすることがおすすめです。

マカオにフェリーで着いたら、バスまたはタクシーでホテルへ


photo by shutterstock
マカオにフェリーで到着し入国審査を終えたら、バスまたはタクシーでホテルに向かうことができます。ザ・ベネチアン・マカオ、ウィン・パレス、ギャラクシー・マカオなどのホテルには、無料シャトルバスが走っています。

ホテルに無料シャトルバスが着いている場合、バスターミナルへ移動すると、各ホテルのプレートを持ったお姉さんが待っているので、そのお姉さんに着いて行けばOKです。

 

もし、無料シャトルバスがないホテルでも、公共のバスが巡回しているのでそれに乗り、ホテルエリアまで移動することができるので、しっかり調べてから移動しましょう。マカオ市内はホテルの無料シャトルバスを上手に利用することで、市内のどこへでも行くことができるので、無料シャトルバスのあるホテルの宿泊するのがおすすめです。

今年から、香港空港からマカオへバスで行けるように!


photo by shutterstock
実は、昨年末に香港とマカオを結ぶ橋が完成し、香港空港からマカオまで30分で行けるようになりました。料金は65〜70香港ドル。時間帯によって変わるので、確認してから購入しましょう。

まだ橋が出来上がってから数ヶ月しか経っていないので、あまり情報も多くありません。香港は英語が共通語として使われていますので、しっかり確認することが大切です。

今年は香港・マカオの旅を楽しもう

これまではマカオまで行くのに遠回りをする必要がありましたが、昨年末に橋が完成し、実は空港から市内まで行くよりも若干早くマカオに行くことができるようになりました。

マカオはカジノだけでなく、たくさんの世界遺産やポルトガルの領地だった頃のヨーロッパ調の街並み、エッグタルトまで楽しめる素敵な街です。特に、マカオのホテルで行われる無料のショーは必見です。

ぜひ香港と一緒に訪れてみてはいかがですか。

ライター
桃(Momo) TABIPPO編集部 / フリーライター

書く人・エッセイスト。アメリカ・イギリスでの短期語学留学、ヨーロッパ鉄道周遊ひとり旅など経て、新卒でベンチャーの旅行会社に就職。現在は複数メディアにてフリーのライター兼編集者。趣味は英語で、映画は洋画を中心に年間150本を鑑賞。渡航国数は23ヶ国。

RELATED

関連記事

RANKING

人気記事ランキング