ライター
永野 桃 TABIPPO編集部 / フリーライター

書く人・エッセイスト。アメリカ・イギリスでの短期語学留学、ヨーロッパ鉄道周遊ひとり旅など経て、新卒でベンチャーの旅行会社に就職。現在は複数メディアにてフリーのライター兼編集者。趣味は英語で、映画は洋画を中心に年間150本を鑑賞。渡航国数は23ヶ国。

マレーシアにとても可愛くて写真映えするピンク色のモスクがあるって、ご存じですか?たまたまマレーシアのクアラルンプールにいるときに、Twitterで回ってきた写真を発見し、ライターの私(@XxPeach)はどうしても自分の目でピンク色のモスクが見たくて、行ってきました!

アクセスも簡単だし、クアラルンプール市内からも近い!なによりかわいいピンクモスクを紹介します。

クアラルンプールにある可愛すぎるピンクモスクとは


photo by shutterstock

ピンクモスクとは、マレーシアはクアラルンプールの二大モスクの一つ。もう一つは、白とブルーのコントラストが美しすぎるブルーモスク(スルタン・サラディン・アブドゥル・アジズ・モスク)です。

ピンクモスクの正式名称は「Masjid Putra(プトラモスク)」ですが、その真っピンクな外観からピンクモスクと呼ばれています。ただ、現地では「プトラモスク」で通っているので、道を聞く際は間違えないようにしてくださいね。


photo by 桃

どうやら世界には、ピンク色のモスクが世界で3つしかないそうなのですが、その中の一番ピンクが強いモスクが、クアラルンプールに存在しています。

さらに、ピンクモスクの中でも水面が近くにあり、遠くから撮影すると浮いているように見えるのも、ここだけ。なんだか特別な感じでワクワクします。

ピンクモスクへのアクセス

ピンクモスクへのアクセスは、とても簡単。市内と空港の間にあるプトラジャヤと言うエリアにあります。

空港から市内へのアクセスでも利用するKLセントラル駅から、空港行きの「KLIA TRANSIT」という列車に乗り20分でプトラジャヤ駅に到着。


photo by pixta

KLセントラル駅でプトラジャヤ駅までは、カウンターまたは駅構内で切符を買う必要があります。行きはカウンターで購入したのですが、帰りは駅構内の販売機で切符を買ったところ、クレジットカードを差し込んで決済完了!非常にスムーズで便利でした。

 

駅の下にあるバス・タクシー乗り場で、どちらかを選びましょう。バスならプトラ広場まで1RM(約26円)、タクシーは10RM(260円)ほどです。

バスで行く場合、時間まで待つ可能性がある上に、バス乗り場が変わることもあるので、カウンターで確認しましょう。タクシーの場合、時間を気にすることなくすぐにモスクへアクセスできます。

 

東南アジア版UberのGrabの利用もできます。私も利用しましたが、特に、帰りはバスもタクシーもなかなか乗れなかったので、便利でした。

ピンクモスクの外装・内装はピンクづくし!


photo by 桃

ピンクモスクへ到着したら早速中に入ります。入り口からピンクづくし!モスク内では肌を出すことはできないので、入ってすぐのところにあるカウンターでローブを借りて、入場しましょう。


photo by 桃

ガイドさんは特につかないので、見学時間は自由に移動できます。帰りにローブを返すのを忘れずに。


photo by 桃

クアラルンプールのもう一つのモスク「ブルーモスク」は、白と青がメインカラーでしたが、ピンクモスクはすべてがピンク色。真っピンクというよりはスモーキーでパキっとした色です。


photo by 桃

ピンクモスクのあるプトラジャヤというエリアは、政府の重要機関が集まる場所ですが、近くにレストランなどはありません。しかし、ピンクモスクのすぐ隣のエスカレーターを降りて行くと「Selera Putra」というフードコートがあります。

ご飯が食べられるのはもちろん、お土産やアイスクリームも売っているので、観光にぴったり。少ししたから見上げるピンクモスクも素敵ですよ。

ライター
永野 桃 TABIPPO編集部 / フリーライター

書く人・エッセイスト。アメリカ・イギリスでの短期語学留学、ヨーロッパ鉄道周遊ひとり旅など経て、新卒でベンチャーの旅行会社に就職。現在は複数メディアにてフリーのライター兼編集者。趣味は英語で、映画は洋画を中心に年間150本を鑑賞。渡航国数は23ヶ国。

RELATED

関連記事

RANKING

人気記事ランキング