マニラ湾に沈む夕日

マニラのおすすめ観光スポット12選

マニラ湾に沈む夕日
Pocket はてブ

「ハロハロ」とはフィリピン語で”まぜこぜ”という意味です。フィリピンの首都マニラはまさに「ハロ」な街。

行き交う人や車のクラクションの音が飛び交い、陽気で賑やかな熱気に包まれた南国の大都市の顔を持ちながら、一方でスペイン統治時代の優雅な面影が街のそこかしこに残っています。

そんなマニラの魅力を満喫できるおすすめスポットを紹介します。

*編集部追記
2016年2月に公開された記事に、新たに追記しました。
2016年10月に更新された記事に、新たに詳細情報とスポットを3ヶ所追加しました。
執筆時点での情報なので、実際に訪れた方で古い情報を見つけた方はmedia@tabippo.netまでご連絡ください。

マニラに行ってみての感想

photo by pixta

私がマニラを訪れたのは冬の季節でした。冬であっても気温はやはり南国らしい暖かさで、過ごしやすいなと感じた覚えがあります。マニラは大都市で人も多く、交通量も膨大で、街を歩くと常に多くのクラクション音を聞きました。

東南アジアらしいカオスさがあり、人は懐っこく、温かみがありました。フィリピンは比較的英語が通じますが、それでもやはり国民全員が話せるわけではありません。

貧富の差が激しいので、家が裕福で高等教育を受けた人はネイティヴのように流暢に話せますが、そうでない人は現地の言葉しかわからない場合もありました。

観光する際のアドバイス

photo by pixta

フィリピンの治安はあまり良くありません。銃の所持が許可されているため、街中でも銃を持っている人をよく見かけます。例えば普通のスーパーやショッピングモールでも、入り口には銃を持ったガードマンがいます。

先ほども述べたように貧富の差が激しいので、路上で生活している人も多く、物乞いやお金を求めてくる子どももいます。犯罪に巻き込まれる可能性も高く、私の友人は睡眠薬強盗に遭い、ATMから20万円ほどのお金を引き出されました。

物価は非常に安く、外食も100円〜300円程度で済むことが多いです。食のバラエティーはタイほど多くなく、基本的に肉料理が多い印象です。

衛生面はあまり良くなく、ネズミやゴキブリなどもよく見かけました。路上にゴミが溜まっている場所もあり、公共の場での衛生面はまだまだ良くないと感じることが多かったです。

おすすめのベストスポット

photo by pixta

マニラのおすすめベスト観光スポットといえば、やはりサン・アグスティン教会!世界遺産に登録されたフィリピン最古のバロック様式の石造教会で、その規模や重厚感は、ヨーロッパの有名な教会と比べても引けを取りません。

フィリピンの人々は信仰深く、周辺の都市からわざわざお祈りに来る人も多いです。

カサ・マニラ博物館

カサ・マニラ博物館

photo by Jorge Láscar

スペイン統治時代の邸宅を忠実に再現し、内装、家具、調度品、絵画などが展示されていて、当時の上流階級の人びとの暮らしをかいま見ることができます。

館内にはレストラン、ホテル。骨董品店、ハンディクラフトショップなどがあります。

■詳細情報
・名称: Casa Manila Museum
・住所:Gen. Luna St.Intramuros
・アクセス:LRT線セントラル(Central)駅から車で15分。サン・アウグスティン教会のすぐ向かい側にあります。
・営業時間:9時〜18時
・定休日:月曜日・祝日
・電話番号:02-527-4084

 

オーシャン・パーク

アジア最大級の水族館。2万種近くの希少な色鮮やかな魚を鑑賞することができます。中でも25mにもおよぶトンネル型の水槽は圧巻です。

人懐っこいサメやエイと遊べるプールや、魚やイルカの様々なショーが見れます。

■詳細情報
・名称:オーシャン・パーク
・住所:666, Behind Quirino Grandstand, Luneta, Manila, Metro Manila 1000
・アクセス:LRT線ユナイテッドネーション(U.N.Ave.)駅から車で5分
・営業時間:10~21時(土・日曜・祭日は9~21時)
・定休日:なし
・料金:400ペソ

 

サン・アグスティン教会

サン・アウグスティン教会

photo by shutterstock

フィリピン最古の石造建築の教会です。教会内はバロック風のインテリアで、パリから取り寄せられたシャンデリアや、イタリア人アーティストによる壁画や祭壇はとても豪華。世界遺産にも指定されています。

■詳細情報
・名称:サン・アグスティン教会
・住所:Gen. Luna St. Corner Real St. Intramuros
・アクセス:LRT線セントラル(Central)駅から車で15分

 

マニラ湾に沈む夕日

マニラ湾に沈む夕日

photo by shutterstock

マニラ湾の夕日は実にエキゾチック。世界三大夕景の一つに数えられているほど。マニラ湾沿いに走るロハス大通りから望むマニラ湾の夕日はマニラっ子たちの自慢となっています。

世界三代大夕景の一つにも数えられています。オープンエアのカフェやレストラン、みやげもの店などが建ち並ぶ人気のスポットで、夜になるとミュージック パフォーマンスが行われます。

■詳細情報
・名称:ロクサ大通り
・住所:Roxas Blvd. Malate, Manila
・アクセス:LRTペドロヒル駅(Pedro Gil)から車で10分

 

ヒロット・マッサージ

ヒロット・マッサージとは、フィリピンの伝統的なトリートメント療法で、バナナの葉、バージン・ココナッツ・オイルを中心に薬草などすべて自然素材のものを使って、全身筋肉のこりをもみほぐしていきます。

シャングリラ・ホテル内の気(Chi)スパなどでラグジュアリーなひと時を満喫してみてはいかがでしょうか?

■詳細情報
・名称:気(Chi)スパ
・住所:1 Garden Way,Ortigas Center,Mandaluyong City
・アクセス:MRT線ショー・ブルバード(Show)駅から徒歩5分
・営業時間:9時〜24時
・電話番号:(63 2) 633 8888
・料金:60分3,200ペソ

 

キアポ・マーケット

キアポ・マーケット

photo by pixta

日用品を中心に、生鮮食品、野菜・フルーツなどの露店が立ち並ぶマーケットで、多くの人で賑わっています。竹や木で作ったハンドメイドの日用品を扱っているお店も多くあります。

まさにアジア!といったマーケットで、地元の熱気を感じます。スリには気を付けてください!

■詳細情報
・名称:キアポ・マーケット
・住所:Carriedo St.Hidalgo St.Villalobos St., Quiapo
・アクセス:LRT線カリエド(Carriedo)駅から徒歩3分
・営業時間:店により異なる
・定休日:なし
1 2
Pocket はてブ

WRITER

TABIPPO.NET編集部
若者が旅する文化を創る!
全員が世界一周を経験したメンバーが学⽣時代に作った組織がTABIPPOです。設立して5年半、2014年4⽉に株式会社になりました。とにかく旅が好きで、たくさんの人に旅を広めたいと思っ…

TABIPPO.NETで
旅の情報をチェックしよう!

Twitter、Facebook、Instagram、LINE@で 編集部が毎日厳選してお届けします。

SNSやメールマガジンもチェック!

EVENTイベント情報

TABIPPOでは、全国で毎週「旅」をテーマにしたイベントを主催していますので、ぜひお気軽に足を運んでみてくださいね ♪

旅大学のWEBサイトを見る

GOODS旅に出たくなる商品

TABIPPOのモノづくりブランドPAS-POLでは、あなたにオススメな「旅グッズ」をたくさんご用意していますので、 ぜひチェックしてみてくださいね♪

オススメの旅グッズを全て見る

RANKINGカテゴリーランキング

フィリピンのおすすめ観光スポット・旅行情報一覧

FEATURED特集

特集一覧へ

EVENTイベント情報

GOODS旅に出たくなる商品