ライター

1994年生まれ。国内の旅行WEBメディアでライター・編集者の経験を積んだのち、2021年よりオアハカに在住。アートシーンやフードカルチャーを中心に、メキシコで見つけた〈おもしろいもの、すてきなもの。〉を取り上げています。

カラフルなフォークアートに囲まれ、毎年死者の日で盛り上がりを見せるオアハカ。

食材や食文化そのものにおいても、近年メキシコ国内外から熱い視線が注がれています。首都のメキシコシティからは飛行機でたったの1時間という好アクセスも魅力的。

photo by Hisako Tanaka
この記事ではオアハカに在住する筆者が、いつかオアハカを旅するあなたに、短時間でこの土地の魅力を十分に味わえるアート&美食な2日間の旅をご案内します。

~Day 1~ オアハカに着いたら、まずは空っぽのお腹を満たさなきゃ!

photo by Hisako Tanaka
オアハカは美食の街だというけれど、たくさんお店がありすぎてどんなものを食べたらいいのかわからない、というのが旅人のホンネ。それなら、まず手始めにローカル料理が食べられる『Itanoni(イタノニ)』でランチはいかが?

『イタノニ』はもともとトルティーヤショップとしてスタートしたこともあり、現在でも伝統的な方法で、とうもろこしからトルティーヤ作りをしているレストランです。

入り口では陶器でできた大きな鉄板の上で、油を使わずに熱だけでトルティーヤを揚げ焼きしている様子を見ることができます。

photo by Hisako Tanaka
ぜひ注文しておきたいメニューが、三角形の形をしたトルティーヤでオアハカ名産のチーズ・ケシージョを包み込んだ「テテラス クラシカ ケシージョ」。

シンプルな素材で作られた料理にも関わらず、力強いとうもろこしの味とじゅわっとチーズから染み出るミルクの旨味に圧倒されてしまいます。様々なローカル料理を試すにはぴったりなレストランです。

■詳細情報
・名称:Itanoni(イタノニ)
・住所:Av Belisario Domínguez 513, Reforma, 68050 Oaxaca de Juárez, Oax.
・地図:
・営業時間:7:00〜16:00
・定休日:なし
・電話番号:+529512052282

オアハカの〈映えスポット〉は、やっぱりおさえておきたい。

photo by Hisako Tanaka
オアハカらしい景色ってなんだろう?と考えたとき真っ先に思いつくのはサボテン。そのサボテンの景色がとにかく写真映えしてカワイイ『Jardín Etnobotánico de Oaxaca(オアハカ民族植物園)』は、スマホやカメラの持参がマストな観光スポットです。

街の中心地にあることにまず驚きですが、この植物園はオアハカにルーツを持つ植物を集め研究している場所で、観光客はガイド付きのツアーでのみ園内を見学ができます。

photo by shutterstock
注目は、青空へと向かって伸びる巨大なサボテンの通路。京都の竹林の小径ならぬオアハカのサボテンの小径は、とても迫力がありますが、近くで見ると植物の持つ繊細な美しさも感じられます。

向かいにある人工の池が水鏡となって、青空とサボテンを映し出す自然のアートのような景色もまた必見です。(*2021年2月現在はメキシコ政府のコロナ感染対策のため、臨時休業中。)

■詳細情報
・名称:Jardín Etnobotánico de Oaxaca(オアハカ民族植物園)
・住所:Reforma Sur n, RUTA INDEPENDENCIA, Centro, 68000 Oaxaca de Juárez, Oax.
・地図:
・営業時間:10:00〜18:00
・定休日:火曜日、日曜日
・電話番号:+529515165325

地元民の暮らしを垣間見るなら、メルカドへ行くべし。

photo by Hisako Tanaka
メキシコに来たら、ローカルが集まるメルカド(市場)は外せませんよね。

オアハカにはメルカドという名前がついた市場は中心地のセントロエリアだけでも十数箇所あります。食料品が中心のメルカドや、お土産ぴったりな民芸品だけを集めたメルカドなど、場所によってそれぞれ違ったカラーがあるのが特徴的です。

photo by Hisako Tanaka
短い旅行日程の中でオアハカの魅力を存分に味わいたいなら、まずは『Mercado Benito Juarez(ベニート・フアレス市場)』へ。ここは食料品から日用品までなんでも揃っている大きなメルカドで、ソカロ(中央広場)からワンブロックというアクセス良好な立地もポイントです。

例えば、日本でもじわじわと話題になっているメルカドバッグを買うなら、このメルカドがおすすめ。たくさんの柄やサイズが売られているため、お気に入りの一点を見つけることができるかもしれません。

photo by Hisako Tanaka
もう一つ、ベニート・フアレス市場のすぐ向かいにある『Mercado 20 de Noviembre(11月20日市場)』は、グルメな方にぜひ訪れて欲しい場所。このメルカドにはチョコレートのようなソースを使った〈モーレ〉や、メキシコ版ピザといわれている〈トラユーダ〉など、オアハカを代表する料理が勢揃いしています。

メルカド内には、肉を焼く音と煙、そして香ばしさがが漂うエリアがあり、店先で選んだお肉を野菜と一緒に焼いてその場で食べることができます。

ちょっと小腹が空いているだけなら、どこか一つレストランを選び、チョコラテを飲みながらひと休みしてみるのもアリ。

■詳細情報
・名称:Mercado Benito Juarez(ベニート・フアレス市場)
・住所:Las Casas S/N, OAX_RE_BENITO JUAREZ, Centro, 68000 Oaxaca de Juárez, Oax.
・地図:
・営業時間:7:00〜21:00
・定休日:なし
・電話番号:なし
■詳細情報
・名称:Mercado 20 de Noviembre(11月20日市場)
・住所:20 de Noviembre 512, OAX_RE_BENITO JUAREZ, Centro, 68000 Oaxaca de Juárez, Oax.
・地図:
・営業時間:7:00〜21:00
・定休日:なし
・電話番号:なし

夜空の下で、モダンなオアハカ料理に酔いしれる。

photo by Hisako Tanaka
さて、お待ちかねのディナータイム。星の数だけレストランがある美食の街オアハカで、いきなりお店選びをするのは至難の業。ということで、今夜は〈人気で・立地がよくて・オアハカらしい〉レストランの『Casa Oaxaca(カサ・オアハカ)』をピックアップ。

オアハカ料理の第一人者ともいわれる有名シェフが監修したレストランで、伝統的なオアハカの食文化に現代の食材や調理法を組み合わせた、モダンキュイジーヌを提供しています。

photo by Hisako Tanaka
メニューはコースとアラカルトがありますが、メキシコでの食事は一皿が大きいことも多々あるので、食べたい量を調整できる後者がおすすめ。お通しとして、ウェイターの方が目の前で調理する自家製サルサが食べられるのもこのお店ならでは。

photo by Hisako Tanaka
メキシコの海で獲れたカンパチに、地元のチリを使ったマヨネーズソースを合わせたカルパッチョは特に人気の一皿です。

店内はオープンスカイな造りで、夜はよりロマンチックな雰囲気に。インターネットから席の予約もできるため、事前に屋上の席をチョイスして星空の下での食事を楽しんでみては?

■詳細情報
・名称:Casa Oaxaca el Restaurante(カサ・オアハカ)
・住所:C/ de la Constitución #104-A, RUTA INDEPENDENCIA, Centro, 68000 Oaxaca de Juárez, Oax.
・地図:
・営業時間:13:00〜22:00
・定休日:なし
・電話番号:+529515168889
ライター

1994年生まれ。国内の旅行WEBメディアでライター・編集者の経験を積んだのち、2021年よりオアハカに在住。アートシーンやフードカルチャーを中心に、メキシコで見つけた〈おもしろいもの、すてきなもの。〉を取り上げています。

RELATED

関連記事

EVENT

イベント一覧