editor
西嶋 結 TABIPPO編集部 / ライター・編集者

出版社出身のライター・編集者。本の仕事をしています。2012年に半年間の旅行を経験し、今までに訪れた国は60か国ほど。有給休暇をフル活用して弾丸旅に繰り出すべく、筋トレに励んでいます。

フリーランスのWebデザイナーとして、デザインショップRirianを経営する扇田美紀さん。インスタグラマー旅MUSEとしても、多くの女性の憧れの存在となっています。

今回は、TABIPPO.NET編集長・前田塁との対談という形で、「フリーランスWebデザイナーの旅と仕事」をテーマにお話をうかがいました。

扇田美紀 (Ogida Miki)さん

旅するWebデザイナー/インスタグラマー。
フリーランスでデザインショップRirianを経営しながら、
デザインのヒントを探してPC片手に世界中を旅している。
そんなライフスタイルが多くの女性の憧れとなっている。

2019年の旅行予定はトルコ・LA・上海・ポルトガル・スペイン。
Travel Blog : http://mikimiki1021.com

 

前田塁

1987年、大阪府生まれの三重県育ち。株式会社TABIPPOでWebメディア「TABIPPO.NET」の運用と開発が得意な編集長やってます。慶應義塾大学卒、ニューヨーク交換留学、大阪ガス、オプト勤務を経てTABIPPOを創業しました。

52ヶ国訪問、世界二周して、ワークライフカオスに生きてます。最近はWebメディアの仕事以外にも、コンサルやったり、ラジオのパーソナリティーしてますが、次の夢は宇宙飛行士です。

Twitter:@NY_ruisu
ブログ:Work Life Chaos

 

自分の「やりたいこと」を追求した結果、今がある

前田 塁(以下、前田):フリーランスのWebデザイナーとして活躍されている扇田さんですが、改めて今のお仕事についてお聞かせください。

扇田 美紀さん(以下、扇田):リーフレットや名刺、ブログデザインなど、女性向けのデザインの仕事をしています。ネイルサロン、エステサロン、パーソナルトレーナーなど、個人の方からお仕事をいただくことが多いですね。

Webデザインが7割ほどを占めていて、残りの3割はSNS運用や撮影、インフルエンサーのマネジメントのお仕事です。興味の対象が年々変わっていくので、その時々の自分の「やりたいこと」にあわせて動いています。

前田:デザインは、女性向けに特化されているんですね。

扇田:そうです。自分が好きなもの、興味があるものだからこそ、「もっとこうしたほうがいい」というアイデアを出せます。自分の「好き」に従って提案を続けた結果、今があると思っています。

前田ブログを拝見したんですが、毎日更新されていて驚きました!「旅しながら仕事」というと、ゆったりした生活をイメージをされる方もいると思いますが、かなりお忙しいのでは?

扇田:ありがたいことにお仕事をたくさんいただいていて、常に何十件の案件を抱えています。お客さまが求めるもの、お客さまの成果につながるものをくみ取り、アウトプットして……の繰り返しですね。

前田:かなりパワフルな働き方ですよね。新卒からずっとフリーランスですか?

扇田:いえ。最初はアパレル系の会社員で、その次は自社のECサイトを運営する会社で働いていました。これらの会社を選んだのは「自分のECサイトを持ちたい」「手に職をつけたい」という思いがあったからです。

フリーランスの友だちが多かったので、会社員のかたわら、彼女たちのためにロゴをつくったり、ショップカードやブログのデザインをしたり。お稽古サロンブームだったこともあってか、お仕事を任せていただけることがどんどん増えていきました。

前田:はじめは副業だったんですね。本業でも、Webデザインのお仕事をされていたんでしょうか。

扇田:イラストレーターやフォトショップは使っていたものの、それがメインというわけではなくて。「もっと勉強してスキルを身につけたい」と思っていたころ、上司が「スクールに通って勉強してみたら?」と背中を押してくれたんです。スクールでの勉強が楽しくて、どんどん上達していきました。

editor
西嶋 結 TABIPPO編集部 / ライター・編集者

出版社出身のライター・編集者。本の仕事をしています。2012年に半年間の旅行を経験し、今までに訪れた国は60か国ほど。有給休暇をフル活用して弾丸旅に繰り出すべく、筋トレに励んでいます。

RELATED

関連記事