ライター
新田 浩之 フリーライター

国鉄が民営化された1987年生まれ。神戸市出身です。高校の時に読んだある小説の影響で、中央ヨーロッパ、東ヨーロッパ、ロシアに強い関心を持つことに。大学、大学院ではユーゴスラビアのことを勉強していました。2016年3月からライターとして神戸で活動しています。 直近では2015年9月から3ヶ月間、友人を訪ねながら、ヨーロッパ14カ国をめぐる旅を決行。ただ、イギリス、フランス、イタリア、スペインなどの西欧諸国には行ったことがありません。

どうしても別々で航空券を入手したい場合は……

Photo by Nitta Hiroshi

どうしても別々で航空券を入手したい場合は乗換先の空港で荷物をピックアップすることをおすすめします。チェックインの際に預け荷物を乗換先でピックアップすることをスタッフに伝えればOKです。

ただし、これには数多くの欠点があります。まず乗換先の空港で荷物をピックアップするにはその国の入出国審査を受けないといけません。もちろん新たにチェックインも必要です。そのため乗り換えには3時間ほどかかると思ったほうがいいでしょう。

またロシアのように乗換だけでも通過ビザが必要なところもあります。通過ビザを取得せずに預け荷物を乗換先までにしておくと、預け荷物は乗換先の空港で置いてきぼりになると思います。やはり通しで入手するのが1番ですね。

そもそも別々にするとかなり損

photo by pixta

そもそも同一の航空会社を使う場合、先ほどのように別々で航空券を入手するとかなり損です。たとえば、アエロフロートの成田⇔モスクワ⇔ワルシャワで確認してみましょう。

成田⇔ワルシャワ 10月1日成田発、10月8日成田着(2019年8月21日調査)
成田→ワルシャワ:62,070円 ワルシャワ→成田 63,620円
成田→モスクワ:59,840円 モスクワ→成田 59,230円

モスクワ⇔ワルシャワ間を特典航空券で入手しても3,000円ほどしか得になりません。したがって別の日に特典航空券を使ってロシアの国内線に搭乗するか、特典航空券以外のサービスを利用するか、どちらかでしょうね。なおアエロフロートが加盟している「スカイチーム」には日本の航空会社は入っていません。そのため、いくらアエロフロートでマイルを貯めても日本の国内線には搭乗できません。

ぜひ私のような失敗をせず、賢くマイルを使ってくださいね。ただしマイルには有効期限が設定されているのでご注意を。

ライター
新田 浩之 フリーライター

国鉄が民営化された1987年生まれ。神戸市出身です。高校の時に読んだある小説の影響で、中央ヨーロッパ、東ヨーロッパ、ロシアに強い関心を持つことに。大学、大学院ではユーゴスラビアのことを勉強していました。2016年3月からライターとして神戸で活動しています。 直近では2015年9月から3ヶ月間、友人を訪ねながら、ヨーロッパ14カ国をめぐる旅を決行。ただ、イギリス、フランス、イタリア、スペインなどの西欧諸国には行ったことがありません。

RELATED

関連記事

RANKING

人気記事ランキング