TABIPPO社員
小倉 茄菜 TABIPPO / デザイナー

海と写真が好きなデザイナー。桑沢デザイン研究所在学中の19歳の時にTABIPPOと出会い、ジョイン。その後、人生はじめての海外&ひとり旅へ出て、旅に魅了され、休みがあれば旅をする日々へ。学生の頃から「旅するデザイナー」として働きながら旅をすることを実現。タイ/バンコク、小笠原諸島父島と拠点を移し、現在は湘南に拠点を置きながらWeb/紙媒体のデザイナーとして活動中。暮らすように旅するのが好き。

②スパイス香る手作りジンジャーシロップ


2つめのレシピはこれからの暑い夏にぴったり、スパイス香る大人の手作り「ジンジャーシロップ」です。こちらもすぐにできちゃうおすすめレシピです。ではレシピに必要な材料です。



甘口と書いてありますが個人的な味の判断になります。より甘めがお好みの方ははちみつを大さじ1ほどプラスしてくださいね。

よりスパイシーかつ辛口がお好みの方は粒コショウ5~8つと鷹の爪を1本プラスして自分だけの味を作ってみてください。

では、早速作ってみましょう!

①最初に生姜をスライスします


生姜を刻んでみたこともあるのですが、刻むよりスライスした方が飲みやすく、生姜の香りも良かったため今回のレシピではスライスしています。

②全ての材料を鍋にいれていきます



ここで 【nanaレシピvol.1】自家製レモネードにおすすめの「レモンの酵素シロップ」を作る過程で出来上がったレモンの砂糖漬けを使用します。今回は砂糖漬けになったレモンを2切れ一緒に鍋に入れていきます。レモンはお好みの量でOK!

③全ての材料を入れた鍋を


すべての材料を鍋に入れ、火にかけていきます。沸騰する手前で弱火にし、10〜15分じっくりと煮ていきます。

④火を止めて粗熱が取れたら瓶にシロップを移ぜばジンジャーシロップの完成



保存期間は、冷蔵庫で2週間ほど。炭酸水で割れば、自家製ジンジャーエールの出来上がり!異なるスパイスを組み合わせてみたり、分量を変えて自分好みの味付けを見つけてみる、そんな楽しみ方もいいですよね。


ぜひ、夜風に吹かれながらスパイス香るジンジャーエールを楽しみ素敵な夏をお楽しみください。

これにて最終回のレシピ紹介は終了です。新型コロナウイルスが終息し、おうち時間が減ってきても、自分の趣味やカラダに優しいものを食べる意識はずっと持っていたいなと思います。

今回の旅の写真は、冒頭にもあげた日本国内の海や山の数々です。早くまた旅ができる日を心待ちにして、まずは国内旅行からはじめてみようかな。


All photos by Nana

他のレシピはこちら

TABIPPO社員
小倉 茄菜 TABIPPO / デザイナー

海と写真が好きなデザイナー。桑沢デザイン研究所在学中の19歳の時にTABIPPOと出会い、ジョイン。その後、人生はじめての海外&ひとり旅へ出て、旅に魅了され、休みがあれば旅をする日々へ。学生の頃から「旅するデザイナー」として働きながら旅をすることを実現。タイ/バンコク、小笠原諸島父島と拠点を移し、現在は湘南に拠点を置きながらWeb/紙媒体のデザイナーとして活動中。暮らすように旅するのが好き。

RELATED

関連記事

RANKING

人気記事ランキング