お台場のレゴランドへ大人が行くべき5つの理由。4Dムービーやシューティングゲームも

Pocket はてブ

お台場にある「レゴランド・ディスカバリー・センター東京」は、レゴブロックを作り出したレゴが作った屋内体験型の施設。対象年齢は3歳〜10歳となっていますが、懐かしのレゴブロックを楽しみに、2か月に1度の不定期で開催される「大人のLEGOナイト」では、多くの大人が楽しみに訪れます。

本記事では「レゴランド・ディスカバリー・センター東京」の人気アトラクションや楽しみ方をご紹介します。

 

お台場にあるレゴランドとは

Photo by 桃

正式名称は「レゴランド・ディスカバリー・センター東京」。名古屋と大阪にあるレゴランドと同じく、小さい頃慣れ親しんだレゴブロックを施設全体で楽しめる場所です。

Photo by 桃

お台場のレゴランドは、そこまで大きい施設ではありませんが、一歩中に入った瞬間、レゴワールドが広がっています。レゴで作られた街があったり、映画「レゴ・ムービー」に出て来るキャラクターがお出迎えしてくれたり。

Photo by 桃

レゴが大好きな人にはたまらない場所ですし、小さい頃遊んだ記憶がある人も、懐かしさを感じられる上に、今のレゴを知ることができて楽しさが倍増する施設です。

 

お台場のレゴランドはここが楽しい!5つのポイント

お台場のレゴランドへ実際に足を運んでみて見つけた「これは大人でもハマる!」と思った5つのポイントをご紹介します。

 

懐かしすぎる!レゴができるまで

Photo by 桃

入場し、最初にエレベーターで上の階へ上がると、まず最初にレゴがどうやって作られるかを紹介しているエリアがあります。

Photo by 桃

レゴの元を溶かし、1ピースに形づけて固め、ちゃんとしたレゴが出来上がる。よく知っているレゴがどうやってできているかは、これからレゴランドを楽しむ上で、知っておくとより面白い情報でしょう。

 

リアルすぎて見入っちゃう東京の街並み

Photo by 桃

大人の方こそ、一つ一つの作品をじっくり見てしまうのが、レゴブロックで再現された東京各地の街並み。レゴランド・ディスカバリー・センター東京のあるお台場や、渋谷や銀座、スカイツリーのある浅草周辺などが細かく作られています。

Photo by 桃

実際に、大人の方は子供よりも、このエリアで長い時間過ごす方が多いとか。私も出身地である東京がレゴで忠実に再現されている様子についつい見入ってしまい、写真も多く撮りました。

私が訪れた時間は、ちょうど光が暗くなり、夜の都内に花火が上がっていましたが、時間帯によっては明るくなり、お昼の都内が楽しめます。

 

本気で対決しちゃう!シューティングアトラクション

LEGO, the LEGO logo, the Brick and Knob configurations and LEGOLAND are trademarks of the LEGO Group. ©2019 The LEGO Group.

中へ進んでいくと、レゴランドの中ではかなり人気のシューティングアトラクションがあります。小型銃を持ってアトラクションに乗り込み、プロジェクションマッピングで映し出される映像に向かって、銃を打ち込みながらお姫様を助けるというストーリー。

ちゃんと狙って打たないと高得点は見込めないので、本気になって楽しめるでしょう。

 

面白すぎ!4Dムービー

Photo by 桃

お台場のレゴランドで、シューティングアトラクションと同じくらい人気なのが、4Dムービー。なんと、3Dメガネをかけて飛び出す映像を楽しむだけでなく、シーンによっては風が吹いたり大量の水を浴びることとなるので「シアターで座れてゆっくりできる〜」なんて思ってはいけません。

LEGO, the LEGO logo, the Brick and Knob configurations and LEGOLAND are trademarks of the LEGO Group. ©2019 The LEGO Group.

始まる前に、カメラやスマートフォンなど、電子機器は濡れないようにカバンの中に入れておくようアナウンスがされます。

上映時間は12分程度ですが、なんども水が掛かったり風に吹かれたりするので、想像以上に楽しめるのが特徴です。

 

思わず買いすぎちゃうお土産コーナー

Photo by 桃

お台場のレゴランドには、ルートの最後にお土産コーナーが設置されています。

Photo by 桃

ここでは、レゴが出しているおもちゃのセットやレゴ単体を量り売り購入できたり、自由自在にカスタマイズできるミニフィグなどが販売されています。

 

Photo by 桃

一番のおすすめは、レゴランド・ディスカバリー・センター東京限定のクッキー。最近発売されたばかりで、味はチョコとプレーンの2種類です。包装は一つずつではなくひとまとめになっているので、みんなでワイワイしながらサクッと食べるのにぴったり。しけちゃう前に食べましょう。

 

見つけた!可愛すぎるミニフィグまとめ

Photo by 桃

実は、レゴランドではもう一つ楽しみ方があります。それは、スタッフさんとミニフィグを交換すること!

全国のレゴランドでは「ミニフィグトレード」と言う、自分が持っているミニフィグという小さなお人形と、スタッフさんが名前のプレートにつけているミニフィグを交換できるシステムがあります。

 

Photo by 桃

ミニフィグトレードの条件は、ミニフィグにアクセサリーが付いていないこと。シンプルなミニフィグならトレードOKです。ちなみに、上の画像の「なみき」さんバッチについているミニフィグは、星スティックを持っているのでNGだそう。気をつけてくださいね。

 

Photo by 桃

スタッフさんがつけているミニフィグは、季節によって限定のものや新作のものがあるので、このミニフィグトレードを楽しみにレゴランドに訪れる人も多いとか。お土産コーナーで自分だけのミニフィグを作ることができるので、まずは自分のミニフィグを持つところから始めましょう。

 

お台場レゴランドに大人だけで入場するためには

Photo by 桃

実は、お台場レゴランドは、普段は子供と一緒でないと入場することができません。しかし、毎月5日と毎月末の金曜日の16:00〜18:00(土日は21:00まで)は、大人だけで入場することができます。

Photo by 桃

私が訪れたのも大人だけが入れる日時で、お客さんの多くは子連れのファミリー層でしたが、なかには大人のカップルがちらほらいました。

お台場のレゴランドでは、これから大人をターゲットとしたイベントも開催されるそう。今でも十分楽しめますが、より大人がワクワクするような企画を計画しているそうなので、要チェックですね。

 

お台場レゴランドのアクセス・基本情報

Photo by 桃

レゴランド・ディスカバリー・センター東京は、デックス東京ビーチという大きなショッピングモールの中の3階、5階、6階にあります。受付は3階となっており、チケットを購入して中に入りましょう。出口は6階となっているので、間違えないようにしましょうね。

Photo by 桃

ちなみに、レゴランド・ディスカバリー・センター東京の隣には、世界的に大人気の施設「Madame Tussaud’s」があります。

ここは、ハリウッドセレブの本物そっくりに作られたろう人形が展示されており、とっても近くで写真が撮り放題の施設。海外セレブだけでなく、日本の著名人や世界の偉人も展示されているので、時間があればぜひ寄ってみてくださいね。

■詳細情報
・名称:レゴランド・ディスカバリー・センター東京
・住所:〒135-0091 東京都港区台場1-6-1 デックス東京ビーチアイランドモール 3階
・地図:

・アクセス:ゆりかもめ お台場海浜公園駅から徒歩2分またはりんかい線 東京テレポート駅から徒歩5分
・営業時間:10:00〜20:00(土日は21:00)大人のみの入場は2か月に1度の不定期で16:00~18:00(土日祝日は19:00まで)
・定休日:なし
・電話番号:0800-100-5346
・料金:1,900円
・公式サイトURL:https://tokyo.legolanddiscoverycenter.jp/

 

大人でも楽しめるお台場のレゴランド

Photo by 桃

レゴランドがお台場にあると聞いた時「子供のための施設だから、大人は楽しめないのでは?」と思っていたのですが、想像以上にはしゃいでしまいました!特に、4Dムービーはすべての作品を制覇したいと思うほど面白く、さすがのクオリティ。

男女問わず昔遊んでいたレゴブロックの世界を、ぜひお台場で体験してみてください。

Pocket はてブ
紹介されたスポット

WRITER

ながもも@桃
極度の潔癖症で基本ホテルは4〜5つ星
TABIPPO専属ライター/ライター・ブロガー アメリカ・イギリスでの短期語学留学、ヨーロッパ周遊ひとり旅など経て、新卒でベンチャーの旅行会社・予約手配課に就職。2年間の勤務で12回営業成績トッ…

TABIPPO.NETで
旅の情報をチェックしよう!

Twitter、Facebook、Instagram、LINE@で 編集部が毎日厳選してお届けします。

SNSやメールマガジンもチェック!

EVENTイベント情報

TABIPPOでは、全国で毎週「旅」をテーマにしたイベントを主催していますので、ぜひお気軽に足を運んでみてくださいね ♪

旅大学のWEBサイトを見る

GOODS旅に出たくなる商品

TABIPPOのモノづくりブランドPAS-POLでは、あなたにオススメな「旅グッズ」をたくさんご用意していますので、 ぜひチェックしてみてくださいね♪

オススメの旅グッズを全て見る

RANKINGカテゴリーランキング

テーマパーク

FEATURED特集

特集一覧へ

EVENTイベント情報

GOODS旅に出たくなる商品