editor
永野 桃 TABIPPO編集部 / フリーライター

書く人・エッセイスト。アメリカ・イギリスでの短期語学留学、ヨーロッパ鉄道周遊ひとり旅など経て、新卒でベンチャーの旅行会社に就職。現在は複数メディアにてフリーのライター兼編集者。趣味は英語で、映画は洋画を中心に年間150本を鑑賞。渡航国数は23ヶ国。

こんにちは!最近PAS-POLから発売された「ひとり旅英会話BOOK」にエピソードと写真が掲載され、本屋に行ったらつい探してしまう専属ライターの桃(@XxPeach)です。この度、そんな私も大好きなブランドであるPAS-POLの3周年パーティーにお邪魔してきました!

入り口を通って中に入った瞬間広がる装飾にPAS-POLワールドを感じ、旅好きと行うゲームや豪華景品、あの商品の作られる過程やクリエイターが込めた思いなど、最初から最後までもっとPAS-POLが好きになるようなパーティー。そんな素敵なパーティーの全貌をご紹介します。

PAS-POLとは?


photo by 桃

PAS-POLとは、先月発売された「ひとり旅英会話BOOK」をはじめ、


photo by 桃

お昼の大人気番組「ヒルナンデス!」でも紹介された「365日 世界一周 絶景の旅」、


photo by 桃

「絶景日めくりカレンダー」など、持っているだけで旅に出たくなる・旅に一緒に持っていきたいTABIPPOのものづくりブランドです。

クリエイターはTABIPPOのママ代表さっちゃん(左)と、心配性世界一周トラベラーのちゅうやん(右)。


photo by あらし

このお二方を中心に、PAS-POLは旅好きが旅に持っていきたくなる、旅に出たくなるような魅力的な商品を、日々試行錯誤をしながら作り上げています。

PAS-POLから出る商品はいつもシンプルで心にすっと入ってくる優しいデザインで、とても好きです。旅って持ち物に制限があるからこそ、お気に入りのものばっかり持っていきがちですよね。


photo by 桃

PAS-POLの商品は昨日買ったばっかりなのに、ずっと前から持っていたかのような、旅に持っていっても違和感のまったくないデザインなんです。

可愛らしく装飾されたパーティー会場


photo by 桃

PAS-POLは「旅人と一緒につくる」をコンセプトに、これまで旅のエッセイや絶景の書籍が12冊、手帳やノート、手紙や世界地図、ポストカードも100種類近く販売しています。

 

世界で一番旅が好きな会社TABIPPOがつくったPAS-POLは、旅好きクリエイターたちのもと、今年で3周年を迎えました。


photo by 桃

さすがPAS-POL。今すぐ旅に出たくなるような写真が可愛らしいバルーンや装飾と共にそこら中に掲示されています。


photo by 桃

何度でもシャッターを切ってしまうほど、綺麗に装飾された会場に、出されたお菓子や軽食を食べることを忘れてしまった私がいました。

出されるお菓子やおつまみもカラフルで最高


photo by 桃

PAS-POLのパーティーは、ゲストにお出しする物にも手を抜きません。パーティーが始まる前から、旅好き女子の胸をキュンキュンさせたのが、こちらのアイシングクッキー。

種類は全部で4種類です。なんと一人ひとついただけちゃう豪華っぷり!会場に入ってすぐのところにあっため、終始旅好き女子が手に取って眺めていました。


photo by 桃

ちなみに一番人気は地球儀のクッキー。やっぱり旅好きは地球を愛しています♪


photo by 桃

ポップコーンやピザ、お酒やソフトドリンクが色とりどりに並んでいます。カップケーキを手に取りながら「可愛い!」と思わず声に出してしまう旅人も。


photo by 桃

次の企画までみなさん、食事を楽しむ手が止まりませんでした。

editor
永野 桃 TABIPPO編集部 / フリーライター

書く人・エッセイスト。アメリカ・イギリスでの短期語学留学、ヨーロッパ鉄道周遊ひとり旅など経て、新卒でベンチャーの旅行会社に就職。現在は複数メディアにてフリーのライター兼編集者。趣味は英語で、映画は洋画を中心に年間150本を鑑賞。渡航国数は23ヶ国。

RELATED

関連記事