other

こんにちは、旅を広める会社である株式会社TABIPPOが運営をしている「旅」の総合WEBメディアです。世界一周のひとり旅を経験した旅好きなメンバーが、世界中を旅する魅力を伝えたいという想いで設立しました。旅人たちが実際に旅した体験をベースに1つずつ記事を配信して、これからの時代の多様な旅を提案します。

あなたは、今までに英語でプレゼンをしたことはありますか?

英語もあまり話せないのに、プレゼンなんてできるの?と不安に思う方も多いと思いますが、実はプレゼンで大切なのは、事前準備と伝える順序。基本的な英語、使えるフレーズ、注意事項などを理解すれば、意外と簡単に覚えられるのです。

今回の記事では、プレゼンで使える英語のフレーズをシチュエーションに合わせてまとめてみたので、ぜひ参考にしてください。

*編集部追記
2016年12月に公開された記事に新たに5選追加しました。(2017/09/08)
2017年9月に公開された記事に新たに5選追加しました。(2018/11/16)

 

海外で実際に使った時のエピソード

グローバル化の現代においては、海外のみならず日本でも英語を使ったプレゼンを行う機会が増えているはずです。英語のプレゼンで大切なのは、事前準備と伝える順序です。

私自身、海外の大学で面接を受けた経験があり、その際には事前に自分が伝えたいことを模擬的に練習を重ねて本番に挑みました。

その際に重要だと感じたことは、会話の主導権を自分で握ることだと思います。

せっかく伝えたいことを英語で練習していても、相手に会話の主導権を握られると、思ったように自分の考えを表現できません。まずはこちらのペースで進められるよう、焦らず、事前に繰り返した練習通りプレゼンできるようにしましょう。

 

始めの挨拶

 

Good afternoon, everyone.

皆さん、こんにちは。

 

Thank you all for coming today.

皆様、本日は起こし頂きましてありがとうございます。

 

Welcome to ○○ company.

ようこそ、○○社にお越し下さいました。

 

Let me introduce myself first.

まず始めに自己紹介をさせてください。

 

Thank you for attending this presentation. My name is Jun Watanabe and I am responsible for marketing at ○○ Company.

皆様、本日はお越しいただき、ありがとうございます。私の名前は渡辺潤です。○○社でマーケティングを担当しております。

 

プレゼンの内容を紹介する時

shutterstock_439214011

 

I’m here today to ○○.

私は本日○○をするためにここにいます。

 

In today’s presentation, I’d like to talk to you about ○○.

本日のプレゼンテーションでは○○についてお話したいと思います。

 

The purpose of today’s presentation is to ○○.

本日のプレゼンテーションの目的は○○です。

 

This presentation will take about one hour.

プレゼンテーションは一時間くらいかかります。

 

I will be speaking for about 30 minutes.

30分ほどお話をする予定です。

 

We’ll have a Q&A session at the end of the presentation.

プレゼンテーションが一通り終わってから質疑応答を行います。

other

こんにちは、旅を広める会社である株式会社TABIPPOが運営をしている「旅」の総合WEBメディアです。世界一周のひとり旅を経験した旅好きなメンバーが、世界中を旅する魅力を伝えたいという想いで設立しました。旅人たちが実際に旅した体験をベースに1つずつ記事を配信して、これからの時代の多様な旅を提案します。

RELATED

関連記事