ライター
KAWAHATA KANA ロンドン在住旅人/ワーホリック女子

ロンドン在住、海外生活4年目のワーキングホリデーホリック、略してワーホリック女子。 Be動詞ってなんだ?英語力ゼロから始めたフィリピン留学。 運と勢いに任せてオーストラリア&カナダでワーホリ生活を経験。 現在はイギリス・ロンドンで生活しつつ、ヨーロッパを中心に月1~2回ほど旅をする旅好き人間。訪れた国は25カ国以上。 海がすき!旅がすき!食べるのもお洒落も欠かせない!という欲張りアラサー。

女の子なら誰しもが一度は憧れるであろうおとぎの国。カナダ・ケベックは、そんなおとぎの国へ足を踏み入れたのでは?と思うほど、可愛らしい景観で溢れる夢のような場所。

360度どこを切り取っても絵になる美しい古都の街並みは、まるで絵本を見ているようでワクワクが止まりません。今回はそんなケベックの街並みとおすすめのスポットを写真とともにご紹介します。ケベックの街を散策している気分でご覧になってみてください。

女子旅におすすめのケベックってどんな街?

カナダ東部の州の1つ、日本人にはまだあまり知られておらず、日本人観光客が少ない穴場スポット「ケベック」。

ケベックとはインディアン語で「狭い水路」を意味しており、その名の通りセント・ローレンス川が川幅を狭める地点に位置します。

北米では唯一の城壁都市として、ユネスコの世界遺産に登録されている歴史の長い地域。

フランス文化や生活仕様が今現在でも根強く残っており、 住んでいる人の多くがフランス語と英語を話すことができるため、看板やメニュー、お店や地域の名前はフランス語が多く使われています。

そんなケベックは大きく、アッパータウン(Upper Town/Haute-ville)とロウワータウン(Lower Town/Basse-ville)の2つに分かれており、それぞれ歴史的建造物、優しいパステルカラーの家々、おしゃれなカフェ・ショップなど、見所がたくさん。

こじんまりとした小さな街ですが、アップダウンの激しい道が多いのも特徴です。

そして、ケベックの一番の魅力はなんと言っても街の景観。絵本の中に入り込んだように感じるほど、メルヘンで可愛いらしい景観は、どこを見渡しても可愛らしく街歩きを楽しめます。

アッパータウンの見どころ散策

セント・ローレンス川を一望できる城壁に囲まれた丘の上にあるアッパータウン。 まずはそんなアッパータウンの街並みを散策して見ましょう。

フェアモントシャトーフロントナック(Fairmont Le Château Frontenac)

ケベックシティの中でもずば抜けて伝統があり、街のランドマークと言っても過言ではない高級ホテル。「贅沢な旅を応援しよう」という目的で建てられたホテルで、その名目にふさわしい、まるでお城のような圧巻の佇まい。

とても豪華で規模の大きいホテルですが、スタッフの応対はきめ細かいことで高く評価されており、アメニティも高級品を揃えている徹底っぷり。まさにセレブの気分を味わえるホテルです。

■詳細情報
・名称:Fairmont Le Château Frontenac
・住所:1 Rue des Carrières, Québec, QC G1R 4P5 ,canada
・地図:
・アクセス:パレ駅より徒歩約15分
・営業時間:24時間
・電話番号:+14186923861
・料金:時期により変動
・オススメの時期:年中
・公式サイトURL:https://www.fairmont.com/frontenac-quebec/

テラス・デュフラン(Terrasse Dufferin)

フェアモントシャトーフロントナックの目の前に位置するオリエンタル様式の遊歩道。ケベックの街並みと、セントローレンス川を合わせて眺望することができます。

■詳細情報
・名称:Terrasse Dufferin
・住所:Rue des Carrières, Québec, QC G1R 5J5,canada
・地図:
・アクセス:パレ駅より徒歩約15分
・営業時間:24時間
・電話番号:+18887738888
・料金:無料
・所要時間:30分〜
・オススメの時期:7月〜9月

トレゾール通り (Rue du Trésor street)

絵画やアート作品などが集まるアートエリアであるトレゾール通り。5分ほどの短いストリートであるものの、出店で賑わう活気溢れる雰囲気が魅力です。

ケベックの街を描いたポストカードや絵画の作品なども多く、旅の記念にもってこいのお土産を選ぶことができますよ。

■詳細情報
・名称:Rue du Trésor
・住所:Rue du Tresor, Quebec City
・地図:
・アクセス:パレ駅から徒歩やく15分
・営業時間:24時間(出店は17時まで)
・料金:無料
・所要時間:20分〜
・オススメの時期:7月〜9月

ノートルダム大聖堂(La Basilique-Cathédrale Notre-Dame de Québec)

カナダの教会の中でもかなり古い歴史を持つとされているノートルダム大聖堂。無料で参拝することができるとあって、観光スポットとしても人気が高いです。

こじんまりとした外観ではありますが、一歩足を踏み入れると豪華爛漫な内装に驚くこと間違いなし。艶やかなステンドグラスやきらびやかな装飾品たちは必見です。

■詳細情報
・名称:La Basilique-Cathédrale Notre-Dame de Québec
・住所:16 Rue De Buade, Québec, QC G1R 4A1 ,canada
・地図:
・アクセス:パレ駅より徒歩約15分
・営業時間:7~8月 8:30~20:30、9~6月 8:30~16:00(時期により変動あり)
・電話番号:+14186922533
・料金:無料
・所要時間:30分〜
・オススメの時期:年中
・公式サイトURL:http://holydoorquebec.ca/en/

可愛い街並みが魅力のロウワータウンを散策

城壁外からセントローレンス川までの愛らしい町並みを堪能できるロウワータウン。足を進める度に写真を撮りたくなってしまうほど愛らしい街並みをのんびりと堪能しましょう。

 プチシャンプラン通り(Rue du Petit Champlain)

旧市街地のメイン通りと呼ばれるカルティエ・プティ・プチシャンプラン通り。北米最古の繁華街として多くの観光客が集う人気の観光名所です。

お土産屋さん、レストラン、カフェなどが建ち並び活気溢れるスポットで、ウィンドウショッピングをしているだけで胸が弾んでしまいます。

カラフルな装飾のお店が多いのも特徴で、街散策の様子を写真に収めるだけでも素敵な1枚になること間違いなし。人通りが多いので、シャッターチャンスを見逃さないように歩きましょう。

■詳細情報
・名称:Rue du Petit Champlain
・住所:Rue de Petit Champlain, Quebec City, Quebec G1K 4H5
・地図:
・アクセス:パレ駅より徒歩約20分
・営業時間:24時間
・料金:無料
・所要時間:1時間〜
・オススメの時期:7月〜9月
ライター
KAWAHATA KANA ロンドン在住旅人/ワーホリック女子

ロンドン在住、海外生活4年目のワーキングホリデーホリック、略してワーホリック女子。 Be動詞ってなんだ?英語力ゼロから始めたフィリピン留学。 運と勢いに任せてオーストラリア&カナダでワーホリ生活を経験。 現在はイギリス・ロンドンで生活しつつ、ヨーロッパを中心に月1~2回ほど旅をする旅好き人間。訪れた国は25カ国以上。 海がすき!旅がすき!食べるのもお洒落も欠かせない!という欲張りアラサー。

RELATED

関連記事

RANKING

人気記事ランキング