世界一幸せなネズミ「クォッカ」に会える!オーストラリアのロットネスト島を徹底紹介

Pocket はてブ

キュっと上がった口角、つぶらな瞳、カメラを向ければ必ず決め顔をしてくれる。そんなアイドルみたいなネズミ「クォッカ」をご存じですか?

近頃はテレビやSNSなどのメディアで取り上げられて、有名になりつつあるクォッカですが、彼らは西オーストラリアの島「ロットネスト島」でしか会うことができません。

今回は、そんなクォッカワラビーの魅力に加え、ロットネスト島の観光情報や行き方などをご紹介します。

 

クォッカに会える唯一の島、ロットネスト島ってどこにあるの?

photo by Nanako

ロットネス島は西オーストラリアのパース沖に浮かぶ小さな島。インド洋に位置するこの島は、自然豊かで国立公園に指定されています。ロットネス島は、昔アボリジニたちを収容していた島と言われており、現在では観光地化され、世界中から観光客が集まるリゾート地となりました。

 

小さな島なので体力のある方なら自転車で1日あれば一周できるほど。島内には数々の絶景スポットもあるので、一日以上いても飽きることがありません。

クォッカは島中のいたるところにいるので、簡単に会うことができるほか、エメラルドグリーンのインド洋や白い砂浜、マリンアクテビティなど、様々な楽しみ方があるのも魅力です。

 

世界一幸せなネズミ「クォッカ」ってどんなネズミ?

photo by Nanako

クォッカはカンガルー科に属する有袋類で、正式名称は「クォッカワラビー」と言います。以前はオーストラリア大陸の西南部にも生息していましたが、外敵や環境破壊により激減。現在では、ロットネスト島で多く生息しています。

 

笑ったような顔立ちのため人々からは「世界一幸福なネズミ」と称され保護されてきました。彼らが人気になった理由のひとつが、自撮り。カメラを向けると自ら寄ってきてカメラ目線を向けてくれる姿は愛おしくてたまりません。

人間を恐れずに振りまく愛嬌で、今日も島に訪れる多くの観光客をメロメロにしています。

 

ロットネス島は見どころがいっぱい

photo by Nanako

クォッカで有名になったロットネスト島ですが、国立公園のこの島にはもともと多くの絶景ポイントやアクテビティがあります。続いて、せっかくロットネス島に来たならぜひ訪れてほしい観光スポットを紹介します。

 

ピンクレイク

 

View this post on Instagram

 

Rottnest Islandさん(@rottnestislandwa)がシェアした投稿 – 2019年 3月月18日午後7時15分PDT

ロットネスト島内陸部には12個の湖があります。そのうち5ヵ所が塩湖になっており、天候が良ければピンク色の塩湖を観ることができます。

ピンクレイクを観るためのベストシーズンは、湖が干上がってしまう真夏の12月下旬~2月以外。風がなく晴れた日には青い空とピンク色の湖の見事なコントラストを拝めることができます。

 

オリバーヒル砲台

photo by Nanako

島の内陸部、高台には大きな砲台が設置されています。実はこの砲台、第二次世界大戦中に日本軍を迎撃するためのものだったそう。日本軍が敗戦したため結局一度も使われることなく、当時の姿のまま残されています。

砲台の地下には当時の新聞や弾薬が展示されており、当時の様子を垣間見ることもできます。

 

オリバーヒル砲台までは、オリバーヒルトレインが一日に数本運行されており、この電車に乗ればガイドさんの案内も受けられるので、英語に自信がある方は乗ってみるといいでしょう。

後ほど紹介するレンタルサイクルでも行くことができますが、坂道なので列車がおすすめです。

 

バザースト灯台

photo by Nanako

ロットネスト島には2つの展望台がありますが、アクセスも良くインド洋をパノラマで見渡せるのが、このバザースト灯台。フェリー浅橋の北側に位置するので、ロットネスト島のランドマークにもなっています。

展望室からは天気が良ければパース市内まで観ることができるかも。展望台に登る以外にも、近くのピンキービーチから展望台を撮影する楽しみ方もあります。

 

数々の美しいビーチ

photo by Nanako

ロットネスト島には島の至る所に美しいビーチがあり、その数はなんと60箇所!ビーチでは海水浴やマリンアクテビティを楽しむことができます。

上記で紹介したバザースト灯台の麓に広がるピンキービーチは、フェリー乗り場から徒歩で行ける距離なので、短期間の滞在中にも気軽に行くことができます。一方、シュノーケリングをしたいならリトルサーモンベイが最適。

 

もし、時間に余裕がある方は、島の西側にあるビーチを目指してみましょう。Longreach Bay以西になると人もグンと減り、運がよければビーチを貸切できるかもしれません。

一番のおすすめは、島の丁度くびれた場所にあるRocky Bay Beach。全長550mもあり、人で混み合うことはほとんどありません。砂浜は白いサラサラとした砂で出来ており、サンゴ礁ではシュノーケリングも楽しむことができます。

 

レンタルサイクリング

photo by Nanako

上記に上げた展望スポットをすべて周る場合、徒歩ではかなり時間がかかります。そこで、体力に自信がある方にはレンタルサイクリングがおすすめ。島内の観光スポットを自由気ままにめぐることができます。

島内は小高い丘も多くアップダウンも激しいですが、一周約40キロの島内を一日で周りきることもできます。ぜひ自分の体調と相談して挑戦してみましょう。

自転車はフェリー乗り場から徒歩5分程のところにある「Pedal & Flipper」で借りられます。自転車は3時間から貸出されており、24時間で1台30ドル。自転車とシュノーケルのセットのプランもあります。

■詳細情報
・名称:Pedal & Flipper
・住所:2G2R+JJ Rottnest Island, WA
・地図:
・営業時間:8:30-17:00
・電話番号:+61 (8)9292-5105
・料金:3時間20ドル、1日30ドル
・公式サイトURL:https://www.rottnestisland.com/see-and-do/island-activities/Pedal%20and%20Flipper%20Activities

 

島内巡回バス「Island Explore」

「島内観光したいけど、自転車で周るのはちょっときつい」という方におすすめなのがIsland Explore、乗り降り自由な巡回バスです。島内の各ポイントにあるバス停を定期的に巡回しているので、次の場所への移動もとても楽。

ツアーのように時間制限が無いため、移動では楽をしたけれど自由に周りたいという方におすすめのプランです。チケットは島のVistor Centreか、キオスクで購入できます。

■詳細情報
・名称:Island Explore
・住所:2G3R+PG Rottnest Island, WA
・地図
・電話番号:+61 (8)9372-9730
・料金:20ドル(1日乗り放題)
・公式サイトURL:https://experience.rottnestisland.com/WebStore/shop/ViewItems.aspx?CG=riastore&C=explorer
1 2
Pocket はてブ

WRITER

TsurutaNanako
トラベルライター
英語&ヨガ留学、ワーホリ2か国、ノマド、一人旅を経験するにつれ、いつしか自分を日本人ではなく地球人と認識するようになる。 ヨガと海をこよなく愛する29歳。

TABIPPO.NETで
旅の情報をチェックしよう!

Twitter、Facebook、Instagram、LINE@で 編集部が毎日厳選してお届けします。

SNSやメールマガジンもチェック!

EVENTイベント情報

TABIPPOでは、全国で毎週「旅」をテーマにしたイベントを主催していますので、ぜひお気軽に足を運んでみてくださいね ♪

旅大学のWEBサイトを見る

GOODS旅に出たくなる商品

TABIPPOのモノづくりブランドPAS-POLでは、あなたにオススメな「旅グッズ」をたくさんご用意していますので、 ぜひチェックしてみてくださいね♪

オススメの旅グッズを全て見る

RANKINGカテゴリーランキング

オセアニアのおすすめ観光スポット・旅行情報一覧

FEATURED特集

特集一覧へ

EVENTイベント情報

GOODS旅に出たくなる商品