フリーランスより就職を選んだ理由は?【旅人の就活失敗談】

Pocket はてブ

もちろん旅は大好きだけれど、好きなことを続けるにはお金も必要。社会経験も積んでおきたいし、生活の安定は捨てられない。できることなら、就職活動を失敗したくない!

そんなあなたの不安を解消するべく、今回は早期退職を経て旅と仕事の両立に成功した4人の先輩たちに、旅と仕事についてのあれこれを聞いてきました!

 

質問:働き方が多様化している現代で、就職を選んだ理由は何故ですか?

大学や専門学校を卒業後に企業に就職する、といった王道パターンから、フリーランスや個人事業主に独立したり、各種SNSを活用して稼ぐインフルエンサーやYouTuberなど、多様な働き方をする人々が目立ってきた現代。

旅好きにとっても、就職して資金を貯めながら有給を利用して旅を続けるのか、それとも個人の力で資金を調達しながら旅をするのかでは、この先の人生が全く変わってくるのではないでしょうか?

そこで実際に、新卒での就職・退職を経てTABIPPOへとキャリアチェンジした4人に、就職を選んだ理由について聞いてきました!

 

前田塁

前田塁

1987年、大阪府生まれ。2011年に慶應義塾大学を卒業後、株式会社大阪ガスに入社。その後、一緒にTABIPPOを立ち上げたしみなおに誘われて、2012年に株式会社オプトに転職。ソーシャルメディアの新規事業を立ち上げました。2014年に株式会社TABIPPOを創業し、編集長に就任。

収入や自由度のことを最優先するとフリーランスの方が良いかもしれませんが、人並みに寂しがりなのでチームがあった方がしっかり働けるタイプだと感じているので、就職自体は正解でした。

ただ、就職活動をしていた時にそこまで考えていたかというと、フリーランスという働き方を知らなかっただけとも言えます。とはいえ、当時の僕に新卒フリーランスを選ぶ準備や技術があったかというと不足していたので、いずれにしても就職になった気がします。

リーマントラベラーの東松くんと時々話しますが、会社員の副業は徐々に解禁されているので、フリーランスに憧れがある人は会社員を主軸に週末フリーランスを試すのも良さそうです。

 

浦川拓也

浦川拓也

1991年、滋賀県生まれ。2015年に大阪大学理学部数学科を卒業し、新卒で当時まだ30名以下の人材ベンチャー株式会社アトラエに入社。法人向け新規開拓営業を行う。その後2016年に、学生時代から縁のあった株式会社TABIPPOへ誘われ転職。営業、イベントを経て、現在は新規事業の「旅人採用」の立ち上げを行う。

当時は今ほどフリーランスという働き方が注目されていたわけでもなく、職種もそれなりの技術を有したクリエイターが職というイメージがありました。フリーで個人で勝負できる技術や経験もなかったため、そもそも新卒フリーランスは選択肢になかったです。

また、学生時代の経験から「組織に属して何かを成し遂げる」ことに非常に魅力を感じており、そういった軸で就職活動をしていたり、現在も組織づくりや組織人としてどうあるべきか?といったテーマに強く興味を持っています。

僕の周りの人や世の中のほとんどの人は、新卒で就職活動をして、会社員となることが一般的だと思いますが、現在も学生向けに新卒採用事業の立ち上げを行っていますし、新卒で就職をした経験は僕にとっては良い選択だったと思います。

 

平野嵐

平野嵐

1993年和歌山生まれ。20歳の時、TABIPPOのイベントをきっかけに旅の魅力にとりつかれる。その後大学を休学し、フィリピン留学や世界一周のひとり旅へ。大学卒業後は専門商社で務めていたが、2018年1月にTABIPPOにジョイン。旅人のための就職・転職サービス「旅人採用」の立ち上げに携わる。

自分の実力からして新卒でフリーランスになる自信がなかったことや、チームで色んな人と一緒に仕事をしたいという思いがあったため、企業への就職を選びました。

普段お付き合いしているフリーランスの方々のお話を聞いていて、自分一人だとモチベーションが続かなかったり、寂しさを感じるということを聞くとやはり自分にはなれそうにないなあと思うのが正直なところです。

良い面も勿論たくさんあるとは思いますが、今後とも同じ思いを持った仲間と一緒に仕事をしたいと思っています。

 

阿部サキソフォン

阿部サキソフォン

1993年新潟生まれ。大学後エネルギー事業を扱う会社に新卒入社。飛び込みの訪問営業を1日20〜30件していたが、商材に疑問を持ち始め約3ヶ月で退社。その後TABIPPOライターとニュースメディア編集の仕事を始め、現在はフリーランスのライターとして活動している。

今は周りにフリーランスで働く方がたくさんいらっしゃいますが、就職活動をしていた時は周りにそのような働き方をしている人は多くありませんでした。またその当時は会社に入ることが当たり前だと思っていたし、フリーランスで働くための実力や能力もありませんでした。

結果的に会社でしていた仕事は自分一人ではできないものでしたし、上司や同期とのチーム感を味わうことができたのも良い経験だったと思います。

今はフリーランスで働いていますが、地元や大学の友達に自分のような働き方をしている人がいないのも事実。愚痴を言いながら毎日いやいや会社へいく友達を見ていると、もっと他の選択肢を考えてもいいのではと思います。

 

人生は選択次第でどうにでも変えられる


仕事は人生の大半を占めるもの。もちろん一度の就職活動で自分にぴったりの会社に出会えればいいですが、入ってみないとわからないこともありますし、環境や自身の心境も変化していきます。大切なのは就職活動の段階でしっかりと自分自身を見つめ直し、後悔しない選択をすること。

旅と仕事の両立のしかたに不安を抱いている方は、一度「旅人採用」で就職相談をしてみてはいかがでしょうか?「旅で世界を、もっと素敵に。」を掲げる弊社TABIPPO株式会社アプリが運営する旅人のための就活・転職支援サービスです。

世界中を旅し、就活で失敗と成功を味わっている経験豊富な先輩旅人が、あなたの相談に親身になって乗ってくれますよ。納得のいく就職活動を送るために、ぜひ活用してみてくださいね!

Pocket はてブ

WRITER

キタトモミ
旅する愛犬家
*TABIPPO 専属ライター*​ 東京都出身、大自然に憧れるギャップ系女子。「1度きりの人生、世界を見てから死にたい!」という想いから20歳で初めての海外旅行へ。2ヶ国目のタイではタクシーで爆睡…

TABIPPO.NETで
旅の情報をチェックしよう!

Twitter、Facebook、Instagram、LINE@で 編集部が毎日厳選してお届けします。

SNSやメールマガジンもチェック!

EVENTイベント情報

TABIPPOでは、全国で毎週「旅」をテーマにしたイベントを主催していますので、ぜひお気軽に足を運んでみてくださいね ♪

旅大学のWEBサイトを見る

GOODS旅に出たくなる商品

TABIPPOのモノづくりブランドPAS-POLでは、あなたにオススメな「旅グッズ」をたくさんご用意していますので、 ぜひチェックしてみてくださいね♪

オススメの旅グッズを全て見る

RANKINGカテゴリーランキング

旅と就職・仕事

FEATURED特集

特集一覧へ

EVENTイベント情報

GOODS旅に出たくなる商品