これまで使った金額や最も高額な買い物、貯金方法を教えて!【リーマントラベラーに聞いてみた】

Pocket はてブ

「正社員と旅を両立するって、ハードル高くない?憧れではあるけど」と悩んでいる方向けに、正社員としてバリバリ働き、有給や休暇を利用して旅に出ている11名の「リーマントラベラー」にお金に関する質問を聞きました。

 

質問:これまでにリーマントラベラーとして旅行に使った金額はいくらぐらいですか?

「これまでリーマントラベルした場所」ではたくさんの場所に旅をしていたリーマントラベラーたち。ぶっちゃけどれだけの金額を使ってるの?その金額ってどうやって捻出してるの…?

そこで実際に、リーマントラベラーとして旅行に使った金額と、最も高かった旅行関係の買い物、そして旅行資金を貯めるために工夫していることや、旅行費用を節約するコツなどを聞いてきました!

 

リーマントラベラー東松

リーマントラベラー東松

平日は激務の広告代理店に勤務するかたわら、週末で世界中を旅するサラリーマン。2016年、3か月で5大陸18か国を制覇し、「働きながら世界一周」を達成。地球の歩き方から旅のプロに選出される。現在、東洋経済オンライン、CLASSY.等で連載中。著書に『サラリーマン2.0 週末だけで世界一周』(河出書房新社)。

 

今ままで使った金額は把握していませんが、他のどんなことよりも好きなことですし、旅に行くと成長も感じられるので、未来の自分への投資だと思って、貯金を一切せずに旅に出ています。

旅行資金を貯めるためにしていることは「浪費をしない」ことくらいですが、旅に出るようになって自分の好き・嫌いがよりはっきりしてきて、自分が欲しいもの・必要なもの、そして不要なものが旅に行く前以上にわかるようになって、無駄遣いがかなり減りました。

 

僕は一都市にゆっくり滞在するよりも、いろんなところを見て回りたい派なので、長期休暇の場合は、ストップオーバーやオープンジョーを駆使して、一回の旅行でもたくさんの土地を見て回れるように工夫して旅程を立てます。

 

あっこ

あっこ

1982年生まれ。福岡県出身&在住。アメリカの大学を卒業後、日本のテレビ局でAD、留学カウンセラー、派遣社員などを経験した後、1年間アメリカに再度留学。帰国後は、福岡の業務用家具メーカーで海外業務担当として勤務、現在に至る。初めての暦どおりの会社でうれしくて、3連休、ゴールデンウイーク、年末年始で旅に行きはじめ、はまりました。

 

今まで旅行に使った金額を正確には把握していませんが、3連休で行く旅行の場合は、10万円以下でホテルと航空券のセットをとるようにしています。現地での使用は、一日1万円以内になるように努力しています。

 

私の場合、服にこだわりがないので洋服代を控えたり、車通勤が主な会社なのですが、自転車通勤をしています。ゴールデンウイークや年末年始の期間が長い旅行の場合は、Airbnb(チェックインとチェックアウトの時間に融通が利く所)とホテルを比べて、安い方に泊まったり、可能であれば知り合いの家にも泊まっています。

最も高い旅行関係の買い物は、行きたかったところがツアーでしか行けなかったので、モンゴルをツアーで行ったことです。

 

Shin Morita

Shin Morita

1988年、埼玉県生まれ。2011年9月、立教大学観光学部卒業。2012年4月、富士重工業(現・SUBARU)入社。当時、就職氷河期で、2011年3月卒業を見送り就職留年。2011年5月に就活を終了し、7月から(途中、卒業式と内定式のためのトランジットを経て)世界を1週していました。

 

300万円くらいかと思います。最も高かったものは、アイスランドの現地で申し込んだ「自然満喫+オーロラ鑑賞ツアー2泊3日」で約10万円だと思います。オーロラが見られませんでしたので体感としては実費以上に高く感じてしまいました。

旅行資金を貯めるためにというわけではないですが、コンビニなども含め全ての支払いをクレジットカードで決済し、貯まったポイントを全てマイルに還元しています。

 

旅行中に費用を節約することはあまり考えたくないですが、週末旅行の近距離ならば1回5~10万、長期連休旅行の中長距離ならば1回20~30万を目標に予算立てをしていますので、その範囲内でまかなうようにしています。

 

yoshi-

yoshi-

小学生時代の読書は時刻表。高校では自転車輪行で日本各地を回り、大学では列車・徒歩・ヒッチハイクで日本放浪。卒業後7年間、東北上越新幹線開発など鉄道関連システムの開発に従事。その後自動車会社に転職し、ナビや自動運転の研究や人型ロボットの研究、5年の海外駐在(アメリカ、ドイツ)を経て日本に戻り、現在は日本とアメリカ半々の生活。アメリカ駐在時は北米の自然を楽しみ、ドイツ駐在時は毎週末ヨーロッパ各地2泊旅行。日本に戻ってからは年に数回、プライベートで海外旅行へ。

 

1984年が最初の海外と旅行暦が長いので、数百万(不明)だと思います。ツアーは基本的に使わないので、チケットの安い時期とホテルは、良くて三ツ星です。ただし食は追求するほうです。

また、ミュージカルなど劇場モノは年1,2回観るので、コストはそれなりに掛かっています。ただし、アジアは元々物価が安いので、費用はほとんど掛からないです。

 

写真が趣味なので、高い買い物はカメラで、ドイツで購入しタックスリターンを有効利用しました。旅行資金を貯めることは、特に工夫はしていません。年収は決まっているので、その範囲でやりくりしています。

 

関東あかね

関東あかね

1983年生まれ。大学時代は徹ゲーをするようなインドア人間が就職し、月曜に家を出て金曜に帰ってくる生活を機に『人生は旅だ』と悟り国内旅行を開始。47都道府県制覇とほぼ同時に男に振られ、結婚をあきらめる代わりに好きなことをしようと海外旅行に精を出し、土日や三連休、まとまった休みはほぼ旅に出る生活。結果、世界は果てしなく広がり、ついでにモンゴルで出会った日本人と結婚もでき、めでたしめでたし。

 

海外への渡航は年1、2回程度だったのですが、2016年からハイペースで渡航するようになりました。中南米・アフリカに複数回行っていることもあり200万超はいっているはずです。旅費以外で最も高かったのはバックパック(3万くらい)です。

元々物欲があまりない方ですが、社内預金と給与の口座分けはしています。生活口座に入ってくる金額が新入社員時からさほど変わっていませんがそれでも意外とやっていけます。

 

飲み会が多く、時期によっては連日予定が入っていたり掛け持ちすることもあるので、出費はこれが大きいような気もしますが、サラリーマンである以上人縁は大切にしたいし、なにより誘ってもらえるのは嬉しいので、基本全部行きます!

旅先でも基本は我慢せず、興味のあるものはとりあえず口に入れ、ビールを飲み、民芸品も買います。ホテルはまぁ安くていいかなってくらいでしょうか。

 

ねもぱい

ねもぱい

名古屋生まれ名古屋育ち、2013年に転勤で大阪にやってきた広告会社勤務。関西地区の渋い居酒屋めぐりをライフワークにする一方で、関西空港に就航しているLCC各社の魅力にドハマりしており、格安航空券を見つけては週末を中心に国内・海外を飛び回っている「LCC激安トラベラー」として毎月国内外のどこかに出没中。

 

正確には算定不能ですが、大阪に来てから5年間のうちに300万円くらいは使ったかなと思っています。

最も高かった旅行関係の買い物は、(いわゆる「モノ」ではないですが)ANAホールディングスの株式です。半年に1回株主優待券が送られてくるので国内旅行のきっかけになりますし、大好きなLCCであるPeachの親会社ということもあるので、ステークホルダーとして航空会社と関わることができるのが嬉しいです。

 

旅行費用を節約するコツとしては、「航空券のセール情報をいち早く入手すること」「ホテル予約サイトでのポイントやクーポンをフル活用すること」を意識しており、この2点は節約リーマントラベルの必須スキルです!

1 2
Pocket はてブ

WRITER

ながもも@桃
極度の潔癖症で基本ホテルは4〜5つ星
TABIPPO専属ライター/ライター・ブロガー アメリカ・イギリスでの短期語学留学、ヨーロッパ周遊ひとり旅など経て、新卒でベンチャーの旅行会社・予約手配課に就職。2年間の勤務で12回営業成績トッ…

TABIPPO.NETで
旅の情報をチェックしよう!

Twitter、Facebook、Instagram、LINE@で 編集部が毎日厳選してお届けします。

SNSやメールマガジンもチェック!

EVENTイベント情報

TABIPPOでは、全国で毎週「旅」をテーマにしたイベントを主催していますので、ぜひお気軽に足を運んでみてくださいね ♪

旅大学のWEBサイトを見る

GOODS旅に出たくなる商品

TABIPPOのモノづくりブランドPAS-POLでは、あなたにオススメな「旅グッズ」をたくさんご用意していますので、 ぜひチェックしてみてくださいね♪

オススメの旅グッズを全て見る

RANKINGカテゴリーランキング

お金

FEATURED特集

特集一覧へ

EVENTイベント情報

GOODS旅に出たくなる商品