ライター
キタ トモミ TABIPPO編集部 / 愛犬家

*TABIPPO 専属ライター*​ 東京都出身、大自然に憧れるギャップ系女子。「1度きりの人生、世界を見てから死にたい!」という想いから20歳で初めての海外旅行へ。2ヶ国目のタイではタクシーで爆睡し、3ヶ国目のフランスでは列車で爆睡して待ち合わせに2時間遅刻してしまうほど大雑把で大胆な一面も。憧れの旅人はスナフキンで、将来は気の向くままに世界を放浪しながら仕事をして、自分の旅本を出すのが夢。

埼玉・飯能エリアのおすすめ観光スポット

巾着田曼珠沙華公園

photo by kitatomomi

高麗駅から歩いて15分ほどの場所にある巾着田曼珠沙華公園は、春は桜・菜の花、夏は紫陽花・酔芙蓉(スイフヨウ)、秋は曼珠沙華・コスモス、冬は一面グリーンの絨毯と四季折々の景色を楽しむことができます。河原でバーベキューも楽しめます。

9月〜10月に開催される曼珠沙華祭り(入場料300円)は、500万本もの曼珠沙華が開花する人気のお祭りで、真っ赤に染まった巾着田は圧巻です。
 

阿里山Cafe

巾着田から歩いてすぐの場所にある「阿里山Cafe」は、地元農家の野菜や有機野菜を使ったオーガニックフードを味わえるカフェです。自然農法を採用することで、100%ベジタリアンの持続可能な食べ物を提供しています。

メニューが豊富なのも魅力的で、ランチのお豆と季節野菜のカレー(1250円)は自家調合のスパイスが野菜と絡まり、旨味を堪能できる一品です。
 

メッツァビレッジ

photo by kitatomomi

メッツァビレッジは2018年11月9日にオープンした入場料無料の大型商業施設です。宮沢湖を眺めながら買い物やカフェ巡りなどを楽しむことができます。

施設内は北欧雑貨や飲食店など、北欧ブランドを中心としたテナントが展開されており、スムージー専門店のbiokia(ビオキア)やChocolat Finland(ショコラフィンランド)など、人気店が集まっています。
 

ムーミンバレーパーク

photo by kitatomomi

メッツァビレッジ内にあるムーミンバレーパーク(大人1500円)は、2019年3月にオープンした北欧の小説・絵本「ムーミンシリーズ」のテーマパークです。

パーク内は物語の舞台であるムーミン屋敷や、灯台などのムーミンの世界観を存分に味わえる施設で囲まれ、ガイドツアーやアトラクション、グリーティングなどが楽しめます。他にもレストラン、グッズショップ、劇場などもあるので一日満喫できますよ!
 

喜楽里別邸

photo by kitatomomi

日帰り温泉「喜楽里別邸」は、メッツァビレッジを出て左手にある温泉施設です。平日か土日かによって料金は変動しますが、タオル付き1000円ほどで
入浴することができます。

施設内は清潔で、寝湯や炭酸泉、露天風呂など温泉の種類も豊富です。食事処やマッサージ機、リラクゼーションスペースも充実しているので、飯能旅行の疲れをこちらで癒してみては?

 

埼玉・秩父エリアのおすすめ観光スポット

野さか

photo by kitatomomi

野さか」は、秩父名物の豚みそ丼発祥のお店として連日観光客の絶えない人気店です。価格も1,000円と良心的で、自家製の味噌ダレに漬け、炭火で焼かれた豚肉は味がしっかり染みついていて絶品です!

元々味噌漬けは猟で捕らえた「いのしし」を保存するための方法だったそうで、それがやがて豚肉に代わり「豚みそ丼」に変わったのだとか。並盛りの2倍の量がある特盛でも1,650円なので、ぜひ挑戦してみてください。
 

秩父三峯神社

photo by pixta

三峯神社は、古代日本の皇族である日本武尊(やまとたけるのみこと)が創始したと言われている神社です。境内には日本武尊の巨大な銅像があります。

拝殿は1800年に建立され、標高1,100mという山奥にあることから秩父屈指の雲海スポットとしてツアーも計画されています。家内安全、夫婦和合、五穀豊穣や諸難除けなどさまざまなご利益が期待できます。
 

秩父ミューズパーク

photo by kitatomomi

秩父ミューズパークは、秩父市と小鹿野町にまたがる長尾根丘陵に音楽堂・ステージなど複数の施設が集まった大型の公園です。施設内はアトラクションやレストラン、展望台など遊べる要素が盛りだくさん。

四季折々の植物も美しく、とくに秋に満開になるイチョウ並木は素晴らしいです。アクセスは西武秩父駅からバスで約20分ほど。
 

橋立鍾乳洞

photo by kitatomomi

秩父に34ヶ所ある札所の1つ、石龍山橋立堂の敷地内にある橋立鍾乳洞は、高低差約30mの鍾乳洞です。8時〜16時40分まで営業しており、料金は大人200円、子供100円と良心的です。

鍾乳洞内は水滴が滴っており、急勾配でもあるため履きなれた靴で行くのがおすすめです。中はライトアップされた鍾乳洞とは違って「まさに洞窟!」といった感じでスリル満点ですよ。
 

長瀞岩畳

photo by pixta

長瀞町は全域が県立長瀞玉淀自然公園に指定されており、中心を流れるエメラルドグリーンの美しい荒川でライン下りができることでも有名です。

国の特別天然記念物に指定されている長瀞岩畳は、約8000万年前の白亜紀に火山噴出物と泥や砂がプレートと一緒に地下20~30km以上深くに取り込まれ、圧力によって隆起した結晶片岩でできています。

 

埼玉の魅力を満喫しよう!

いかがでしたか?少し前までは「何もない」なんて言われていた埼玉県ですが、自然景観や神社、おしゃれなカフェなど見所はたくさんあります!

ぜひ埼玉県へ遊びに行く際には、今回ご紹介したエリアをはしごしてより多くの観光スポットを満喫してみてくださいね。

ライター
キタ トモミ TABIPPO編集部 / 愛犬家

*TABIPPO 専属ライター*​ 東京都出身、大自然に憧れるギャップ系女子。「1度きりの人生、世界を見てから死にたい!」という想いから20歳で初めての海外旅行へ。2ヶ国目のタイではタクシーで爆睡し、3ヶ国目のフランスでは列車で爆睡して待ち合わせに2時間遅刻してしまうほど大雑把で大胆な一面も。憧れの旅人はスナフキンで、将来は気の向くままに世界を放浪しながら仕事をして、自分の旅本を出すのが夢。

RELATED

関連記事

RANKING

人気記事ランキング