ライター
けんちょ サウナが大好きなトラベルインスタグラマー

大学生の頃、友人に誘われたことがきっかけで、初海外でアメリカ横断へ。 これまでに見たことのない景色や、全く違う文化や価値観に衝撃を受け、気がつけば旅にどハマり。訪問国数25カ国ほど。夢は20代で100カ国踏破。 国内外問わず、訪れた魅力的なスポットはInstagramで発信中。 現在は都内IT企業に勤務しつつ、毎週のように大好きなサウナに訪れ、お財布と海外旅行欲を充電しています。

本格的にサウナブームに火がついた印象の今日この頃。雑誌やドラマ、メディアなどで取り上げられる機会が増え、「ととのう」などの言葉をよく耳にするようになりました。

空前のサウナブームの中、リノベーションした銭湯や新たに誕生したモダンなサウナ、アップデートを繰り返す古くからの施設など、日本全国にはたくさんの魅力的なサウナ施設が点在しています。

特に東京はサウナ激戦区と呼ぶにふさわしく、個性的なサウナがたくさん。また、新陳代謝や免疫力UPなどが見込めるサウナ浴は、コロナ禍において個人で取り組める感染症対策としてもぴったり。

そこで今回の記事では、東京都内にある一味違った魅力的なサウナで、検温や入場制限などの感染症対策もきちんと行っている施設をご紹介したいと思います。

サウナの魅力って?

photo by shutterstock

「ととのう」感覚が最高に気持ちいい

サウナの魅力を語る上で外せないのが、サウナ→水風呂→休憩を繰り返すことで訪れるディープリラックス状態。これは「ととのう」ともいわれる、最高の快感です。

「ととのう」という状態は、熱いサウナと冷たい水風呂を繰り返すことで全身の血管が広がり、体内の栄養や酸素が全身に行き渡ることで起こるとされており、①サウナ(8~10分程度)→②水風呂(1分)→③休憩(5~10分)のルーティンを3セットほど繰り返すことで到達できます。

この「ととのう」の状態の多幸感こそが、多くの人を惹きつけるサウナの最大の魅力です。

デジタルデトックスができる

デジタルの普及によって、今や欠かせないものになっているスマートフォン。移動中やトイレなど、生活の中のちょっとした空き時間でさえも無意識のうちにスマホの画面を見てしまっている人は多いのではないでしょうか。

そんなスマホ中毒の現代人がデジタルの世界から解放される場がサウナです。当然のことながら、サウナの中にスマホを持ち込むことはできません。80℃を超えるサウナの中、じっくりと自分と向き合うことができる。これもサウナの魅力の一つと言えるでしょう。

健康への効果も期待できる

健康面でのメリットもサウナの魅力です。

サウナ浴で体を温めることで全身の血管が広がり、血流が良くなります。血流が良くなることによって、疲労回復や免疫力のUP、胃腸の活性化など、さまざまな健康面での効果が期待できます。

このようにサウナには、純粋な気持ちよさに加えて心身の健康へのメリットなどもあり、魅力がいっぱいというわけなのです。

都内の一味違った魅力的なサウナ

①サウナ&カプセルホテル北欧(上野)


photo by Kento Sato

サウナブームを巻き起こすきっかけにもなったドラマ「サ道」の中で、主人公のホームサウナ(行きつけのサウナ)としてたびたび登場する上野の「北欧」。聖地として都内で1、2を争う人気のサウナ施設です。

北欧が聖地として多くのサウナーに支持されている理由は、サウナ、水風呂、休憩スペース、それぞれの設備のバランスのよさにあります。

サウナの温度や湿度の設定が甘かったり、水風呂がぬるかったりする施設も多い中で、北欧は100℃を超える高温サウナ、15℃以下に設定された水風呂、露天に用意された外気浴ができる休憩スペースと「ととのう」ための要素を兼ね備えたサウナなのです。

そんな北欧ですが、現在は感染症対策として事前予約制で人数制限を行っているため、密が気になる今の時期でもゆったりとサウナを楽しむことができます。

■詳細情報
・名称:サウナ&カプセルホテル北欧
・住所:〒110-0005 東京都台東区上野7丁目2-16
・地図:
・アクセス:JR上野駅から徒歩1分
・営業時間:24時間営業
・定休日:なし
・電話番号:03-3845-8000
・公式サイトURL:https://www.saunahokuou.com/

 

②サウナ&ホテルかるまる(池袋)


photo by Kento Sato

2019年の12月に新たに池袋にオープンした「かるまる」。東京都内で最も充実した設備を誇る施設で 、たくさんの人で賑わうサウナです。

1時間おきにオートロウリュが開催される定番の岩サウナ、フィンランド式のケロサウナ、香ばしい香りが心地よい薪サウナ、蒸気浴のような感覚の蒸しサウナ。かるまるではそれぞれ特徴の異なる4つの個性的なサウナを一度に楽しむことができます。

また、それぞれのサウナの後には「サンダートルネード」と呼ばれる、シングル(水温が一桁)の、関東でも有数の冷たさの水風呂(通常の水風呂は18℃ほど)で温まった体を一気に冷やすことができるのも特徴です。

とにかく設備が整っていて、モダンできれいなサウナ施設なので、どこに行くか迷ったらかるまるがおすすめです。

■詳細情報
・名称:サウナ&ホテルかるまる
・住所:〒171-0014 東京都豊島区池袋2丁目7-7
・地図:
・アクセス:JR池袋駅から徒歩5分
・営業時間:11:30~翌10:00
・定休日:なし
・電話番号:03-3986-3726
・公式サイトURL:https://karumaru.jp/ikebukuro/

③スパ&カプセルニューウイング(錦糸町)


photo by Kento Sato

2種類のサウナと水風呂のプールが魅力的な錦糸町の「ニューウイング」。

高温ながらも最適な湿度で心地よい刺激を感じられるボナサームサウナと、セルフロウリュで自分好みの湿度を楽しめるテルマーレ改。2つのサウナはどちらも個性的でハイレベル、とても気持ちの良いサウナ浴を楽しむことができます。

またニューウイングには珍しい冷水プールがあるため、サウナーなら誰しもが一度は憧れる「水風呂に潜る、水風呂で泳ぐ」といった夢が叶う場所でもあるのです。

遊び心満載の支配人が運営するニューウイングは、随所にまでこだわりが感じられる良いサウナ施設です。

■詳細情報
・名称:スパ&カプセルニューウイング
・住所:〒130-0022 東京都墨田区江東橋2丁目6-11
・地図:
・アクセス:JR錦糸町駅から徒歩5分
・営業時間:24時間営業
・定休日:なし
・電話番号:03-3846-1311
・公式サイトURL:http://spa.new-wing.com/

 

④スパジアムジャポン(東久留米)


photo by Kento Sato

関東最大級、東久留米市のスーパー銭湯「スパジアムジャポン」。15種類のお風呂とサウナ、5つのエリアからなる関東最大の岩盤浴、岩盤浴ラウンジには3万冊以上のコミックと、一日中滞在して楽しむことができる施設です。

そんなスパジアムジャポンで最も特徴的なのが、名水百選の湧き水に高濃度炭酸を溶け込ませた炭酸水の水風呂です。サウナで温まった体にシュワシュワする水風呂が心地よい刺激を与えてくれるため、通常の水風呂とは異なる爽快感を感じることができます。

広々とした露天エリアには寝転び湯があり、サウナ→炭酸水の水風呂→外気を浴びながら寝転び湯で休憩のルーティンは驚くほど気持ちがいいので、ぜひ試してみてください。

■詳細情報
・名称:スパジアムジャポン
・住所:〒203-0001 東京都東久留米市上の原2丁目7-7
・地図:
・アクセス:西武池袋線「東久留米駅」東口バス停から西武バスで7分「東久留米団地」下車すぐ
・営業時間:9:00~25:00(土日は8:00~、金土は~26:00まで)
・定休日:なし
・電話番号:042-473-2828
・公式サイトURL:https://www.spajapo.com/
ライター
けんちょ サウナが大好きなトラベルインスタグラマー

大学生の頃、友人に誘われたことがきっかけで、初海外でアメリカ横断へ。 これまでに見たことのない景色や、全く違う文化や価値観に衝撃を受け、気がつけば旅にどハマり。訪問国数25カ国ほど。夢は20代で100カ国踏破。 国内外問わず、訪れた魅力的なスポットはInstagramで発信中。 現在は都内IT企業に勤務しつつ、毎週のように大好きなサウナに訪れ、お財布と海外旅行欲を充電しています。

RELATED

関連記事

RANKING

人気記事ランキング