ライター
けんちょ サウナが大好きなトラベルインスタグラマー

大学生の頃、友人に誘われたことがきっかけで、初海外でアメリカ横断へ。 これまでに見たことのない景色や、全く違う文化や価値観に衝撃を受け、気がつけば旅にどハマり。訪問国数25カ国ほど。夢は20代で100カ国踏破。 国内外問わず、訪れた魅力的なスポットはInstagramで発信中。 現在は都内IT企業に勤務しつつ、毎週のように大好きなサウナに訪れ、お財布と海外旅行欲を充電しています。

 

⑤松本湯(落合)


photo by Kento Sato

落合駅より徒歩すぐのいわゆる昔ながらの銭湯、「松本湯」。浴室のタイルに描かれた絵や少し熱めの湯船など、まさにイメージ通りの古き良き銭湯です。

そんな松本湯では、屋上で大都会の夜景を見ながらテントサウナが楽しめる「銭湯deテントサウナ」や、プロ熱波師レジェンドゆうさんのロウリュを楽しむことができる「銭湯deロウリュ」など、定期的にサウナのイベントが開催されています。

特に毎月第1、3月曜日に開催される「銭湯deロウリュ」では、アロマの香りとプロの美しいタオル捌きから繰り出される心地よい風を存分に堪能できるので、ぜひ一度は体験しに訪れることをおすすめします。

■詳細情報
・名称:松本湯
・住所:〒164-0003 東京都中野区東中野5丁目29-12
・地図:
・アクセス:東京メトロ東西線落合駅から徒歩3分
・営業時間:15:00~24:00
・定休日:木曜日
・電話番号:03-3371-8392
・公式サイトURL:http://www.matsumoto-yu.com/

 

⑥カプセル&サウナ ロスコ(駒込)


photo by Kento Sato

昭和のテイストが色濃く残る老舗サウナの駒込の「ロスコ」。100℃を超える高温サウナと地下からくみ上げた天然ミネラルウォーターの水風呂が自慢のサウナです。

ロスコの最大の特徴はサウナ室内で寝ることができる点です。通常、サウナで寝転がる行為は他の人の迷惑になるので御法度とされています。しかしロスコのサウナには、「どうぞ寝てください」と言わんばかりのスペースがあり、心地よい刺激を感じながら、ゆっくりと横になることができるのです。

ロスコは他のサウナと比べると比較的空いており、ちょっと穴場の良いサウナを探している人にぴったりの施設です。

■詳細情報
・名称:カプセル&サウナ ロスコ
・住所:〒114-0015 東京都北区中里2丁目4-8
・地図:
・アクセス:JR駒込駅から徒歩5分
・営業時間:24時間営業
・定休日:なし
・電話番号:03-3915-0005
・公式サイトURL:http://www.rosco.tokyo/

 

⑦天空のアジト マルシンスパ(笹塚)


photo by Kento Sato

サウナーたちの間で絶大な支持を誇る笹塚の「マルシンスパ」。日中は小窓から狭いサウナ室内に太陽の光が差し込み「隠れ家」といった表現がぴったりのサウナ施設です。

サウナ室内にはテレビはなく、あるのはセルフロウリュの用意のみ。100℃を超える高温サウナを自分好みに湿度を調整し、テレビのない静寂の空間でじっくりとサウナに集中し、サウナを楽しむ。マルシンスパではそんな贅沢な時間を過ごすことができます。

サウナに集中したい人には、マルシンスパがおすすめです。

■詳細情報
・名称:天空のアジト マルシンスパ
・住所:〒151-0073 東京都渋谷区笹塚1丁目58-6
・地図:
・アクセス:京王線笹塚駅から徒歩3分
・営業時間:12:00~翌9:00(土日は24時間営業)
・定休日:なし
・電話番号:03-3376-5225
・公式サイトURL:http://marushinspa.jp/

心身ともにリフレッシュ!都内のサウナ巡りはいかが

継続的にサウナ浴を行うことで、ストレス解消や健康への作用など、心身ともに良い効果を期待することができます。また、サウナ通いで免疫力をつけ、少しでも新型コロナウイルスのリスクを低減したいものですよね。

東京都内には昔ながらの銭湯から新しくできたモダンな施設まで、感染症対策をきちんと行った魅力的なサウナがたくさんありますので、こんな時期だからこそ、気になるサウナを巡る旅をしてみてはいかがでしょうか。

【特集】NEXT JAPAN TRAVEL – あたらしい旅、だいすきな場所。-


TABIPPO.NETでは、新しいスタイルでの国内旅行について特集しています。他の記事もぜひチェックしてみてください!
特集を見る

ライター
けんちょ サウナが大好きなトラベルインスタグラマー

大学生の頃、友人に誘われたことがきっかけで、初海外でアメリカ横断へ。 これまでに見たことのない景色や、全く違う文化や価値観に衝撃を受け、気がつけば旅にどハマり。訪問国数25カ国ほど。夢は20代で100カ国踏破。 国内外問わず、訪れた魅力的なスポットはInstagramで発信中。 現在は都内IT企業に勤務しつつ、毎週のように大好きなサウナに訪れ、お財布と海外旅行欲を充電しています。

RELATED

関連記事

RANKING

人気記事ランキング