「世界一周」についての10の真実
writer
佐々木 拓馬 フリーライター

せかいいっしゅうしましょう じぶんのいきたいところにいきましょう むずかしいことはなしにして さぁ、いきましょう

世界一周前に母に言われました。

「世界一周なんてしたら、どこかで内臓抜かれて、殺されて、煮て、焼いて、食べられちゃうんだよ!!」

 

そんなことはありませんでした(笑)。でも、母は世界一周のことを何もしらなかったため、誤解したイメージだけでそんなことを言ってしまったのです。

今回は筆者がいろんな人から聞かれた「世界一周ってこうでしょ?」という質問や一般的なイメージをもとに、世界一周の真実をお伝えしていきます。

 

世界一周しても英語がペラペラにはならない

8578279742_97b39d980b_b

photo by  pedrosimoes7

「へー。世界一周したってことは英語ペラペラなんだ。」と、言われることはとても多いのですが世界一周したからと言って、英語がペラペラになることはありません。

ただ、旅をしていると外国人と英語でコミュニケーションをとる機会が爆発的に増えるので、たどたどしくても会話をつなげる能力はほとんどの旅人が身に着けられます。

 

世界一周者=意識高い系ではない

6553195897_7b8c235435_b

photo by  Sebastiaan ter Burg

世界一周=意識高い系というイメージは大きな間違いです。重く、まじめなテーマを持って旅する旅人は少なからず存在しますが、一方で「世界一周したいから!!」ってごく単純な理由で旅をしている人もかなり多いのです。

 

「自分探し」をしている旅人ばかりじゃない

5531751864_8bee696ff5_b

photo by The World According To Marty

ドラマなどではよく耳にする「旅の目的は自分探し!」というセリフですが、実際に旅してみると…自分探しを目的に旅をしている人はほぼいません。

もしかすると心の中では自分探しをテーマに旅をしている人もいるのかもしれませんが、恥ずかしいのか声を大にして口にする人はまずいません。

逆に考えれば「私、自分探ししてます!」というテーマで旅するのはかなり新しいジャンルなのかもしれません。

 

世界一周者自身「世界一周」がなんなのかわからない

349497988_fb751a5e3a_b

photo by  Stefan Baudy

たいていの世界一周者は自分ルールで世界一周の定義を決めています。そのため、「世界一周の定義って何?」という質問に対しては、「自分はこう思う」という意見しか出せません。

最終的には「世界一周した!!」って言いきってしまえれば、それは世界一周なのではないでしょうか。

 

アフリカやインドみたいなきついところはスルーする人も

8513971970_aa3b1507fe_b

photo by  Carlos Adampol

世界一周といえばインドやアフリカなどで「大冒険」するというイメージが定着していますが、全ての旅人がインドやアフリカを楽しめるわけではありません。

「インドとか汚そうだし…。」とか、「アフリカは危なそうだし…。」といった理由で、それらの国をスルーする旅人も少なくないのです。

 

海外美女、イケメンとの恋愛はほぼない

16236020296_bfaa09020d_b

photo by lauraflorcar

海外を長い期間旅していると、多くの美女やイケメンと出会いますが…ほとんどの場合恋愛に発展することはありません。

世界一周前に母に言われました。

「世界一周なんてしたら、どこかで内臓抜かれて、殺されて、煮て、焼いて、食べられちゃうんだよ!!」

 

そんなことはありませんでした(笑)。でも、母は世界一周のことを何もしらなかったため、誤解したイメージだけでそんなことを言ってしまったのです。

今回は筆者がいろんな人から聞かれた「世界一周ってこうでしょ?」という質問や一般的なイメージをもとに、世界一周の真実をお伝えしていきます。

 

世界一周しても英語がペラペラにはならない

8578279742_97b39d980b_b

photo by  pedrosimoes7

「へー。世界一周したってことは英語ペラペラなんだ。」と、言われることはとても多いのですが世界一周したからと言って、英語がペラペラになることはありません。

ただ、旅をしていると外国人と英語でコミュニケーションをとる機会が爆発的に増えるので、たどたどしくても会話をつなげる能力はほとんどの旅人が身に着けられます。

 

世界一周者=意識高い系ではない

6553195897_7b8c235435_b

photo by  Sebastiaan ter Burg

世界一周=意識高い系というイメージは大きな間違いです。重く、まじめなテーマを持って旅する旅人は少なからず存在しますが、一方で「世界一周したいから!!」ってごく単純な理由で旅をしている人もかなり多いのです。

 

「自分探し」をしている旅人ばかりじゃない

5531751864_8bee696ff5_b

photo by The World According To Marty

ドラマなどではよく耳にする「旅の目的は自分探し!」というセリフですが、実際に旅してみると…自分探しを目的に旅をしている人はほぼいません。

もしかすると心の中では自分探しをテーマに旅をしている人もいるのかもしれませんが、恥ずかしいのか声を大にして口にする人はまずいません。

逆に考えれば「私、自分探ししてます!」というテーマで旅するのはかなり新しいジャンルなのかもしれません。

 

世界一周者自身「世界一周」がなんなのかわからない

349497988_fb751a5e3a_b

photo by  Stefan Baudy

たいていの世界一周者は自分ルールで世界一周の定義を決めています。そのため、「世界一周の定義って何?」という質問に対しては、「自分はこう思う」という意見しか出せません。

最終的には「世界一周した!!」って言いきってしまえれば、それは世界一周なのではないでしょうか。

 

アフリカやインドみたいなきついところはスルーする人も

8513971970_aa3b1507fe_b

photo by  Carlos Adampol

世界一周といえばインドやアフリカなどで「大冒険」するというイメージが定着していますが、全ての旅人がインドやアフリカを楽しめるわけではありません。

「インドとか汚そうだし…。」とか、「アフリカは危なそうだし…。」といった理由で、それらの国をスルーする旅人も少なくないのです。

 

海外美女、イケメンとの恋愛はほぼない

16236020296_bfaa09020d_b

photo by lauraflorcar

海外を長い期間旅していると、多くの美女やイケメンと出会いますが…ほとんどの場合恋愛に発展することはありません。

せっかくいい感じの人に出会っても、次の街に移動しなければならなかったり、言葉が通じなかったり、旅中の出会いには多くの壁が立ちふさがるのです。

 

時間だけ考えれば観光より移動がメイン

4837936250_1d0981897b_b

photo by  ruffin_ready

世界一周と聞くと、世界中のいろんなところを観光してまわっているイメージがあるかもしれませんが、実際世界一周者が旅中に観光している時間は割合的には短いのです。

一回の観光に費やす時間は数時間程度なことがほとんどですが、世界一周中の移動は基本的に長距離移動なので、ほとんどの場合移動するだけで丸一日つぶれてしまいます。

 

旅人だからって変人ばかりではない

6234217319_e9c4a6be69_b

photo by  jsim93

たしかに旅人の中には一定数の思想や倫理観がぶっ飛んだいわゆる「変人」は存在します。しかし、全員がそうというわけではありません。

ほとんどの旅人は、あまりにも自分の常識とは違う常識を持った旅人と出会ったときは、思いっきり引いてしまったり、距離を置いたりします。

 

旅は若者だけの特権ではない

4329630502_3f3e4422c7_b

photo by  JD Hancock

どこか「旅をするのは若者だけの特権」というイメージがあるかもしれませんが、実際に旅をしてみると40代、50代の旅人も少なくないことに気づきます。

特に海外の旅人には40代、50代で世界一周している人も少なくありません。

 

世界一周しても意外と何も変わらないこともある

5063392410_171f23ef25_b

photo by NASA Goddard Photo and Video

「世界一周して人生が変わった。」とか、「世界一周して、性格が変わった。」などという言葉は、ほとんど世界一周とセットで語られています。

しかし、実際、世界一周したところで何も変わらないこともあります。

正直に言ってしまえば、世界一周は様々な常識や人と出会えるため、自分を変えるのに便利なツールだとは思います。ですが、最終的に自分を変えるのは自分自身の強い意志なのではないでしょうか?

 

まとめ

世界一周というものの実物とイメージの間にはとても大きなギャップがあると思います。

イメージよりも実物のほうが何倍もくだらなくて、汚らしくて、あほくさくて、とても楽しいです。これはなにも筆者に限ったことではなく、ほとんどの旅人が心から思っていることでしょう。

くだらなさも、アホくささもひっくるめて世界一周を楽しみましょう。「楽しむ」という強い意志を持つだけでも何かが変わるはずですから。

writer
佐々木 拓馬 フリーライター

せかいいっしゅうしましょう じぶんのいきたいところにいきましょう むずかしいことはなしにして さぁ、いきましょう

RELATED

関連記事

RANKING

人気記事ランキング