ライター
土庄 雄平 山岳自転車旅ライター・フォトグラファー

1993年生まれ、愛知県豊田市出身、同志社大学文学部卒。第二新卒を経験後、大手部品メーカーで営業をしながら、トラベルライターを両立。長期連休は自転車旅に充て、土日は山に足繁く通うアウトドアスタイルを信条とする。 春は桜を愛でながらサイクリング、夏は冷涼な北日本へ自転車で大冒険、秋は秘境の紅葉を求めて登り、冬は輝く樹氷と白銀の世界に魅了される。そんな自然の中へ身を投じる旅がルーティーン。 2020年9月「夏のYAMAPフォトコンテスト2020」入賞。入賞作品がプリントされたTシャツがグラニフから発売決定。

ふと癒やされたくなったとき、私が訪れる旅先は、いつも決まって瀬戸内。ふわふわした色彩と、心地よい潮の香り。日頃耳にしている雑踏はなく、ただひたすらに穏やかな景色と時間が流れています。

マイペースに島を一周するも良し、ふと思い立ってフェリーで離島間をワープしても良し。潮待ちの集落を探検してみたり、瀬戸内名物に舌鼓を打ってみたり、瞬間の絶景に心奪われたり。とても素朴なのですが、瀬戸内は私たちの心を包み込んでくれるような、優しさと癒やしに溢れる場所です。

今回は、そんな“瀬戸内ならでは”を満喫するのに最適なツール「ロードバイク」を使った旅プランをご提案します!既に自転車を持っている方はもちろんのこと、持っていない方でもレンタサイクルを活用して、ぜひ挑戦してみてくださいね。

旅のコンセプトは「ゆるポタ」!自転車×瀬戸内旅へ


今回の旅のコンセプトは「ゆるポタ」。これはサイクリストの間ではよく知られた造語で、ゆるいポタリング(=散歩程度に軽くサイクリングをすること)を意味しています。

一般的に、スポーツ自転車(ロードバイクやクロスバイク)は速く走るための乗り物で、ハードルが高いと思われる方も多いかもしれません。ですが近年は大衆化が進み、楽しみ方もよりゆるい方向へと派生してきました。

そんな「ゆるポタ」が瀬戸内旅にもってこいな理由と、「ゆるポタ」の魅力について5つ挙げていきます。

瀬戸内ゆるポタ旅の魅力①絶景をすぐに撮影できる!


何と言っても旅のツールとしての自転車の魅力は、何度も立ち止まれること。たとえば、ふと目の前の風景が気に入れば、すぐ立ち止まって写真撮影でき、走っている途中、気になる場所があれば、少し寄り道をすることも可能!

車では止まることを諦めてしまう一瞬のフォトジェニックなシーンでも、自転車であれば対応できます。まさに写真との相性が抜群な、旅のスタイルなのです。

瀬戸内ゆるポタ旅の魅力②初心者でも楽しめる!


2つ目は、体力が不安な初心者でも大丈夫という点。一般的に瀬戸内では、島の外周コースが平坦基調の島が多く、30km程度なら誰でも1日で走れてしまいます。特に「しまなみ海道」周辺では、尾道・今治・離島間でフェリーや旅客船が数多く運航しているので、うまく組み合わせて楽をしてもOK。

船に乗れば、瀬戸内らしい穏やかな風景と時間をサクッと味わえるのも魅力!実用性と旅情を兼ね備えた旅程のアレンジが可能です。

瀬戸内ゆるポタ旅の魅力③コースの気持ちよさが唯一無二!


これは2つ目にもつながってきますが、瀬戸内の離島を走る気持ちよさは、本当に病みつきになります。

風が爽やかで、海はひたすらに美しい。そして、その風景がリズミカルに、心地よいテンポで流れていく。車でもバイクでも徒歩でも味わえない感覚です。

自転車で走る楽しさや、自転車で旅をする根源的な魅力を教えてくれる場所。それが、この瀬戸内なのです。

瀬戸内ゆるポタ旅の魅力④おいしいグルメやスイーツがたくさん!


「ゆるポタ」という自転車の楽しみ方において、欠かせないのが食べ物。瀬戸内は名産の柑橘類や、海の幸をはじめとして、豊かな食材に恵まれており、その食材を活用した個性的なグルメ・スイーツをいただけます。

美しい風景と、絶品グルメ。この2つが揃えば、旅の満足度は間違いなく高まりますよね?また、おいしいもののためならの頑張れちゃうはず!

瀬戸内ゆるポタ旅の魅力⑤楽しみ方、無限大!


最後は旅のプランニングについて。上記4つの点に比べて少しハードルは上がってしまいますが、1泊2日以上あれば、オリジナルのルートをいくらでも引くことが可能です!

ふと気になった島へ渡ったり、海道から海道をハシゴしたり、町並みの散策と組み合わせたり、その楽しみ方は自由自在!その時の気分次第で、旅のプランは幾通りにもなります。プランに縛られない旅がしたい!そんな好奇心旺盛な旅人こそおすすめです。

ライター
土庄 雄平 山岳自転車旅ライター・フォトグラファー

1993年生まれ、愛知県豊田市出身、同志社大学文学部卒。第二新卒を経験後、大手部品メーカーで営業をしながら、トラベルライターを両立。長期連休は自転車旅に充て、土日は山に足繁く通うアウトドアスタイルを信条とする。 春は桜を愛でながらサイクリング、夏は冷涼な北日本へ自転車で大冒険、秋は秘境の紅葉を求めて登り、冬は輝く樹氷と白銀の世界に魅了される。そんな自然の中へ身を投じる旅がルーティーン。 2020年9月「夏のYAMAPフォトコンテスト2020」入賞。入賞作品がプリントされたTシャツがグラニフから発売決定。

RELATED

関連記事

RANKING

人気記事ランキング