シンガポール〜バンコクまで!憧れの「深夜特急」を実際に旅してみた!

Pocket はてブ

20年前、この本を読んで旅に出たくなり、仕事を辞めてしまった人が続出しました。「悪魔の書」とまで呼ばれた元祖バックパッカーのバイブル。その本の名は「深夜特急」20年経った今読んでも色あせない、旅のワクワクが詰まった本です。そんな深夜特急に憧れて、実際に作者の沢木さんが旅をしたマレー半島を旅してきました!移動方法はもちろん夜行列車。

 

沢木さんは、バンコク-シンガポール間を往復してらっしゃいます。今回は、シンガポールからバンコクまでのマレー鉄道での移動方法を総まとめでお届けいたします。

 

 おすすめルートの時間と値段

DSC_6472

photo by Shinya Hiraoka

シンガポール→ジョホールバル→クアラルンプール→バターワース(ペナン島)→バンコク

これが、最も簡単に、短時間で楽しめるオススメルートです。最短移動時間は4日〜 日程は、お好みでアレンジを!料金は合計200MYR(約7000円)が目安。クラスによって多少前後します。それでは、1日ごとの移動方法を見ていきます。

 

1日目

DSC_7809

photo by Shinya Hiraoka

シンガポールを朝から出発。MRTブギス駅からジョホールバル行きのバスに乗ります。国境を越え、マレーシアの入国手続きをしたらジョホールバル駅は目の前です。

マレー鉄道は満席になりやすいことで有名です。このジョホールバル駅で、3つの切符を買ってしまうのがポイントです!(ジョホールバル〜クアラルンプール、クアラルンプール〜バターワース、バターワース〜バンコク)

チケットを買って、時間があればジョホールバルを観光。その後、夜行列車でクアラルンプールに向かいます。

 

2日目(クアラルンプール)

朝にクアラルンプールに到着します。荷物を駅のコインロッカーに預けて街に出かけましょう。

DSC_6383

photo by Shinya Hiraoka

オススメ場所としては、まずはバトゥ洞窟。こちらはヒンドゥー教の聖地で、世界一の高さ42.7メートルを誇るMurugan神像で有名です。

1 2
Pocket はてブ

WRITER

平岡慎也
世界中の学校で先生になる旅
立命館大学情報理工学部3回生(休学中)京都市伏見区生まれ。2014年wizTABIPPO「世界一周コンテスト」に出場し、450人のエントリーの中から準優勝。優勝は逃したものの、2014年10月10…

TABIPPO.NETで
旅の情報をチェックしよう!

Twitter、Facebook、Instagram、LINE@で 編集部が毎日厳選してお届けします。

SNSやメールマガジンもチェック!

EVENTイベント情報

TABIPPOでは、全国で毎週「旅」をテーマにしたイベントを主催していますので、ぜひお気軽に足を運んでみてくださいね ♪

旅大学のWEBサイトを見る

GOODS旅に出たくなる商品

TABIPPOのモノづくりブランドPAS-POLでは、あなたにオススメな「旅グッズ」をたくさんご用意していますので、 ぜひチェックしてみてくださいね♪

オススメの旅グッズを全て見る

RANKINGカテゴリーランキング

旅の目的別に調べる

FEATURED特集

特集一覧へ

EVENTイベント情報

GOODS旅に出たくなる商品