ライター
永野 桃 TABIPPO編集部 / フリーライター

書く人・エッセイスト。アメリカ・イギリスでの短期語学留学、ヨーロッパ鉄道周遊ひとり旅など経て、新卒でベンチャーの旅行会社に就職。現在は複数メディアにてフリーのライター兼編集者。趣味は英語で、映画は洋画を中心に年間150本を鑑賞。渡航国数は23ヶ国。

あえて、シンガポールの穴場スポットを訪れる

シンガポール内にある計7個のマーライオンを制覇する


photo by 桃

マリーナ・ベイの公園にある、口から水を出すマーライオンが一番有名ですが、シンガポール国内には他に6つのマーライオンがあることをご存知ですか?

マーライオン公園にある小さなマーライオンや、観光庁にあるもの、マウント・フェーバーの山頂など、国内のいたるところにあるため、探しながら回って見るとシンガポール観光も楽しめるかも。ぜひ全てのマーライオンの訪問制覇にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

セントーサ島にあるマーライオンの中に入って記念撮影


photo by shutterstock

セントーサ島にあるマーライオンは、シンガポール国内にあるマーライオンの中で唯一中に入ることができるもの。階段を登ると口のところが展望台になっているので、そこからセントーサ島を眺めながら写真を撮るのがおすすめです。

口ギリギリに座って写真を撮るのが定番なので、高所恐怖症の方は気をつけて。

■詳細情報
・名称:マーライオン・タワー
・住所:Merlion Walk, Sentosa
・地図:
・アクセス:インビア駅から徒歩1分
・営業時間:10:00~20:00
・定休日:なし
・料金:12シンガポールドル
・公式サイトURL:https://www.sentosa.com.sg/explore/attractions/sentosa-merlion

アラブ・ストリートにあるシンガポール最大のモスク、サルタン・モスクを見学する


photo by shutterstock

世界にはいくつものモスクがありますが、シンガポール国内最大のモスクがアラブ・ストリートにあります。このサルタン・モスクは何より外観が素敵。映画やドラマに出てきそうな、美しいフォトジェニックすぎる魅力溢れるモスクです。

朝日、光が集まる昼、夜のライトアップと、いつ訪れてシャッターを切っても、それぞれ印象が異なる写真になります。もちろん中も見学することができるので、滞在中一度は訪れたいですね。

■詳細情報
・名称:サルタン・モスク
・住所:3 Muscat St, シンガポール 198833
・地図:
・アクセス:MRTのBugis駅から徒歩10分
・営業時間:10:00~12:00、14:00~16:00(金曜日は14:30分~16:00のみ)
・定休日:なし
・電話番号:62934405
・料金:無料
・公式サイトURL:http://sultanmosque.sg/

他に、シンガポールの穴場スポットを楽しむなら、

・大きなクレーンが光に当てられダンスを踊る無料ショー「クレーン・ダンス」をセントーサ島でのフィナーレに
・ウェーブハウスセントーサで波乗り初体験を飾る
・東南アジア最大級の収容数のシンガポール美術館でアートを感じる
・リトル・インディアにあるヒンドゥー寺院、スリ・ヴィラマカリアマン寺院を参拝する
・カトン・アンティーク・ハウスでプラナカン文化を体感する

シンガポール観光のお土産を買う

絶品!クッキーミュージアムでシャンパン&ベリーのクッキーを買う


photo by 桃

シンガポール国内に数店舗ある、高級クッキーを提供するクッキーミュージアム。ここでしか購入できない面白い味が魅力的で、「この味、大丈夫?」と思ってしまうチキンライスやラクサなどのシンガポールグルメもクッキーになっています。

店員さんがとても親切で優しいこと。少しでも気になるクッキーは、味見することができるので、購入後失敗することは少ないでしょう。ちなみに私の一番のオススメはシャンパン&ベリー。ほんのりシャンパンの味がするので、友人が家に遊びに来た時に紅茶と一緒に出してあげたくなるほど、オシャレすぎるクッキーです。

お店はマリーナスクエア ショッピングモール内、ラッフルズシティ ショッピングセンター、高島屋ショッピングセンター内の三店舗なので、一番近い店舗を探してみてください。

■詳細情報
・名称:The Cookie Museum
・住所:#02-280, 6 Raffles Boulevard, Marina Square, シンガポール 039594
・地図:
・アクセス:MRTシティホール駅から徒歩5分
・営業時間:11:00〜21:00
・定休日:なし
・電話番号:+65 6749 7496
・公式サイトURL:http://thecookiemuseum.com/

TWGの紅茶でセレブ気分を味わう


photo by 桃

先ほど紹介したクッキーと一緒に楽しみたいのが、このTWGの紅茶。シンガポールの高級紅茶としてちょっと特別な時に楽しむための紅茶です。

ティーパックと茶葉の両方を販売しているため、自分の好きな方法で紅茶を楽しむことができます。なかなか普段飲む用の紅茶として購入するのは難しい値段設定ですが、ちょっと自分にご褒美やお客さんを迎える時にぴったりです。

ティーパックの布からとてもしっかりしていて初心者でもとても美味しい紅茶を楽しむことができるので、お土産に買うことを全力でオススメします。

■詳細情報
・名称:TWG Tea on the Bay at Marina Bay Sands
・住所:The Shoppes at Marina Bay Sands, 2 Bayfront Avenue, B1-122/125, Singapore 018972
・地図:
・アクセス:ベイサンズ駅から直結
・営業時間:10:00〜22:30(金曜日・土曜日・祝日は24:00まで)
・電話番号:+65 6535 1837
・公式サイトURL:https://twgtea.com/

アーユルヴェーダの石鹸は女子に配ったら最高!

100%動物性で作られているため、非常にお肌に優しいと女性に人気のアーユルヴェーダの石鹸。日本では高級石鹸として販売されているので、なかなか手が出せないという方も多いでしょう。

複数のハーブが使われていたり、肌には万能と言われており世界のセレブが愛用しているココナッツオイルが含まれているもの、最近注目されているターメリックが使われているものなど、もともと保湿力が高いアーユルヴェーダとブレンドされている石鹸ばかりで、プレゼントしたら絶対喜ばれるものばかり。

値段も1シンガポールドル(約80〜85円)前後と、とても安いので購入をお忘れなく!

 

他に、シンガポール観光のお土産を買うなら

・サンズ・スカイパークで売っているシンガポールトートバッグを買う
・キャンデリシャスのぺろぺろキャンディーをお土産に購入する
・ラッフルズ・ホテル・ショップスのカヤジャムをお土産に
・お母さんにはプラナカン文化溢れる陶器をプレゼントして
・みんなに配るならマーライオン型のチョコレートクッキーが◎
・アルコールフリーの香水を肌が弱い方にプレゼントする
・ジャマール・カズラ・アロマティクスでアラビアンスタイルの香水を購入する
・料理好きならシンガポールカレーの素を買って家でもシンガポールを味わう
・インスタントラクサを買って宅飲みの締めに
・カヤペースト入りのチョコレートを買って自宅でもアフタヌーンティーを楽しむ
・シンガポールの国花ランがモチーフになった、可愛いアクセサリーを買う

シンガポールで遊び尽くすための観光スポット

ジュラシック・パーク・ラビット・アドベンチャーで映画の世界を体感する

大ヒット映画『ジュラシック・パーク』シリーズをベースに作られたジュラシック・パーク・ラビット・アドベンチャーは、日本未上陸。ユニバーサル・スタジオ・シンガポールのアトラクションの中でも非常に人気があります。

乗り物に乗って激流を下りをする間に、作品に出てくる恐竜たちの世界を体感できるとして、大人も子供も楽しめます。映画『ジュラシック・パーク』シリーズを観てから楽しむと、より興奮するはず間違いありません!

■詳細情報
・名称:ユニバーサル・スタジオ・シンガポール
・住所:8 Sentosa Gateway, シンガポール 098269
・地図:
・アクセス:モノレールのセントーサ・エクスプレスのウォーターフロント駅から徒歩すぐ(4シンガポールドル)
・営業時間:10:00〜22:00(日付によって異なる)
・料金:大人79シンガポールドル
・公式サイトURL:https://www.rwsentosa.com/Homepage/Attractions/UniversalStudiosSingapore

Temple of Thousand Lights(シャカ・ムニ・ブッダ・ガヤ寺院)にある大きな大仏の中に入る


photo by shutterstock

シャカ・ムニ・ブッダ・ガヤ寺院は、リトル・インディア地区にある仏教の寺院です。カラフルでおもちゃのような可愛らしい外観が目を引きますが、中にはもっと驚くような巨大な仏像が。なんと全長15メートルもあるこの仏像の背中の方に入口があり、中に入ることができるんです!

仏像に入るというのはかなり貴重な体験。もちろん中に入るだけではなく、仏教のことを学ぶこともできるので、シンガポールをよく知る上でも欠かせない場所でしょう。

■詳細情報
・名称:シャカ・ムニ・ブッダ・ガヤ寺院(Temple of Thousand Lights)
・住所:366 Race Course Road, Singapore
・地図:
・アクセス:MRTファーラー・パーク駅かた徒歩5分
・営業時間:8:00〜16:30
・定休日:なし
・料金:無料

博物館が苦手ならマダムタッソー&イメージ・オブ・シンガポール・ライフで歴史を学ぶ

「博物館はなんだか固いし静かで苦手……」という人もシンガポールをもっと知ることができるのが、セントーサ島にあるマダムタッソーと、さらにその中にあるイメージ・オブ・シンガポール・ライフ。

マダムタッソーと言えば東京をはじめ世界各国にある、有名人をそっくりに作ったろう人形が展示されている博物館として有名。本物そっくりの海外セレブと写真を撮ることができるのはもちろん、3Dメガネを掛けて映像を楽しむゾーンがあるなど、かなり変わった博物館です。

その一角にあるのがシンガポールの歴史を学ぶことができるイメージ・オブ・シンガポール・ライフ。30分間スタッフがシンガポールについて、丁寧に説明してくれるため、これまで知らなかったシンガポールを知ることができるきっかけになるでしょう。

■詳細情報
・名称:Madame Tussauds Singapore
・住所:Madame Tussauds Singapore 40 Imbiah Road Imbiah Lookout, Sentosa Singapore, 099700
・地図:
・アクセス:Imbiah駅から徒歩すぐ
・営業時間:10:00〜19:30(木曜日は17:00まで、月曜日・金曜日は18:00まで)
・定休日:HPを確認ください
・電話番号:(+65) 6715 4000
・料金:大人42シンガポールドル〜(オンラインは38ドル〜)
・公式サイトURL:https://www.madametussauds.com/singapore/en/

他に、シンガポールを遊び尽くすなら

・マリタイム・エクスペリエンシャル・ミュージアムで沈没した世界を楽しむ
・人気映画マダガスカル:クレート・アドベンチャーで子供のようにはしゃぐ
・シンガポール・シティ・ギャラリーにあるジオラマでシンガポールをもっと楽しむ

シンガポールで自然を満喫

ガーデンズバイザベイで大きなサボテンを見つける


photo by 桃

ライトアップする夜景が綺麗なことで有名なガーデンズバイザベイですが、ここは植物園。中にはなかなか見ることができない植物が、たくさん植えられています。

中でも見上げてしまうほど大きなサボテンは一見の価値アリ。刺さったら痛いだろうな……と想像しながら東南アジアの植物にふれることができ、お散歩にはぴったりです。

■詳細情報
・名称:ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ
・住所:18 Marina Gardens Dr, シンガポール 018953
・地図:
・アクセス:ベイフロント駅から徒歩
・営業時間:9:00〜21:00(屋外ガーデンは5:00〜26:00)
・料金:28シンガポールドル(屋外ガーデンは無料)
・公式サイトURL:http://www.gardensbythebay.com.sg/en.html

ナイトサファリで超興奮!


photo by shutterstock

動物園はお昼だけ楽しめる場所ではありません。夜行性の動物が活発に動いているところ、暗い中よく目を凝らして何に遭遇するかわからない体験、したくないですか?そんなヒリヒリした体験ができるのも、このナイトサファリの特権。

ナイトサファリの営業時間は毎日19:00頃〜24:00までの夜のみ。いつもの動物園のように、マップを見ながらどんな動物がいるか答え合わせをしながら回るのではなく、いつどこでどんな動物に出会えるかは運次第というのも楽しそう。

ちょっといつもの動物園に飽きてきた方、普段あまり動物園に行かない方こそ訪れてほしい、刺激溢れる場所です。

■詳細情報
・名称:ナイトサファリ
・住所:80 Mandai Lake Road Singapore 729826
・地図:
・アクセス:MRT Khatib駅から$1のシャトルバスまたはSuntec Cityからバスで往復$12
・営業時間:19:15〜24:00
・定休日:なし
・料金:大人47シンガポールドル
・公式サイトURL:https://www.wrs.com.sg/en/night-safari/

シンガポール動物園内のジャングル・ブレックファストでオランウータンと一緒に朝食を


photo by shutterstock

先ほど紹介したナイトサファリの隣にあり、8:00〜18:00まで日中営業しているシンガポール動物園では、ジャングル・ブレックファストゾーンがあります。こちらでは9:00〜10:30までオランウータンと朝食を食べることができるんです!

大人は35シンガポールドルで完全予約制ですが、動物と一緒に朝食を食べるのはとても貴重な機会。ぜひ一度は一緒に食べてみてください。

■詳細情報
・名称:Singapore Zoo
・住所:80 Mandai Lake Road Singapore 729826
・地図:
・アクセス:Khatib駅からMandai Khatib Shuttleに乗る
・営業時間:8:30〜18:00
・定休日:なし
・電話番号:
・料金:大人35シンガポールドル
・公式サイトURL:https://www.wrs.com.sg/en/singapore-zoo/

他に、シンガポールで自然を楽しむなら

・緑溢れる街中をランニング
・花が咲く街で四季を感じる
・ガーデンズ・バイ・ザ・ベイで樹齢1000年以上のオリーブを見つける
・クラウド・フォレストの滝を見て自然を感じる
・リバーサファリで水族館×動物園の新しい刺激を受ける
・シンガポール動物園のトライバル・ショーでテンションが一気に上がる
・マリン・ライフ・パークにある世界最大の水槽を眺める
・アクティビティで燃え尽きたら、空港のテーマ・ガーデンでマイナスイオンを補給してから帰国しよう
・ゴーグリーン・セグウェイで自然を感じながらアクティビティを楽しむ

ライター
永野 桃 TABIPPO編集部 / フリーライター

書く人・エッセイスト。アメリカ・イギリスでの短期語学留学、ヨーロッパ鉄道周遊ひとり旅など経て、新卒でベンチャーの旅行会社に就職。現在は複数メディアにてフリーのライター兼編集者。趣味は英語で、映画は洋画を中心に年間150本を鑑賞。渡航国数は23ヶ国。

RELATED

関連記事

RANKING

人気記事ランキング