ライター
永野 桃 TABIPPO編集部 / フリーライター

書く人・エッセイスト。アメリカ・イギリスでの短期語学留学、ヨーロッパ鉄道周遊ひとり旅など経て、新卒でベンチャーの旅行会社に就職。現在は複数メディアにてフリーのライター兼編集者。趣味は英語で、映画は洋画を中心に年間150本を鑑賞。渡航国数は23ヶ国。

シンガポール観光をもっと面白くする宿泊場所・ホテル

評価は世界一!シンガポール航空のビジネスクラスで最強の優雅を感じる

毎年夏前に発表される、イギリスのスカイトラックス社が発表するエアラインランキングで、カタール航空、エミレーツ航空といった中東の航空会社と並び、常にトップ争いをしているシンガポール航空。その機内の過ごしやすいさ、サービス、機内食には定評があります。

特にビジネスクラスは超豪華。一緒に一度は搭乗してみたい素晴らしいサービスの数々に圧倒されること間違いありません。

マリーナ・ベイ・サンズホテルのデラックス・シティ・ビューに宿泊する


photo by shutterstock

シンガポールのランドマークであるマリーナ・ベイ・サンズホテル。宿泊者専用のインフィニティプールに入りたい!という理由で宿泊される方も多いと思います。そこでとてもおすすめなのがデラックス・シティ・ビューです。お値段は張りますが、お部屋からシンガポールの美しい夜景が一望できるのは、かなりの贅沢。

内装もシンプルに大人っぽく、かつ色をゴールド系に統一させており、かなりおしゃれ。一緒に一度しか泊まらないのであれば、ぜひ利用してみてください!

■詳細情報
・名称:マリーナベイ・サンズ
・住所:10 Bayfront Ave, シンガポール 018956
・地図:
・アクセス:ベイフロント駅直結
・電話番号:6566888888
・公式サイトURL:https://jp.marinabaysands.com/hotel.html

チャンギ国際空港で早めにチェックインして大きなスクリーンで最新映画を楽しむ


photo by shutterstock

「遊べる空港」として世界中から注目されているシンガポール・チャンギ空港。いくつものガーデンがあることで、観光地と並ぶほど楽しすぎる!なんていう噂も。

特に注目なのが、ターミナル2と3にある映画館。ここでは無料で映画を楽しむことができます。鑑賞できる映画は時間ごとに異なり、スケジュールは公式ホームページをご覧ください。

基本的には一般の映画館で公開が終了している作品が中心ですが、ディズニーの人気映画やマーベル作品など、見応えある映画ばかり。少し早く、いやもっと早く空港について、遊び倒すのもアリかも!

■詳細情報
・名称:シンガポール・チャンギ国際空港
・住所:Airport Blvd, シンガポール
・地図:
・公式サイトURL:http://www.changiairport.com/

他に、シンガポールを楽しむ宿泊施設・ホテルは

・エクアリアスホテルに宿泊してシンガポールの自然を感じる
・憧れホテル・ラッフルズでおしゃれをしてお買い物を楽しむ
・カペラ・シンガポールで贅沢な大人時間を過ごす
・大人な時間を過ごすなら数々の賞を受賞したマンダリン・オリエンタルのスパへ。
・グランドハイアット内のスパ「ダマイ」なら国花のランのエキスを配合したオイルですべすべの肌に
・オーチャード駅徒歩6分のスパ「エルエス・フィロソフィー」で、化学添加物や鉱物オイルを含まないやさしい製品を堪能

シンガポール観光の一日プラン

観光客の少ないマーライオンパークで朝の散歩


photo by 桃

マーライオンとマリーナ・ベイ・サンズが綺麗に写真に収まるということで、日中は人がうじゃうじゃいてなかなかシャッターが切れないそう。実は穴場は朝一ということで、カメラ片手にお散歩するのはいかがでしょうか。

7〜8時台の公園内には健康志向のシンガポール在住者がランニングをしていますが、影になるような建物が少ないせいか、思いっきり日差しを浴びることができるのでとても気持ちいいんです。滞在中一度は早起きして、歩いてみてはいかがですか?

■詳細情報
・名称:マーライオン公園
・住所:1 Fullerton Rd, シンガポール 049213
・地図:
・アクセス:MRTのラッフルズ プレイス駅から徒歩10分

シンガポールで一番古い仏教寺院できになる運勢を占ってみる


photo by 桃

シンガポール人がこよなく愛す占いが、この観音堂の運勢占いだそう。ここにお参りに来た人はほとんどの人が運勢占いを行って帰るほど、お参りとセットで済ませることが地元ルール。

おみくじだけできるというわけではないので、しっかりお参りをしてからおみくじを引きましょう。そして引いたおみくじはしっかり頭に焼き付け、一年を過ごしていくと、いいスタートが切れるはず。

■詳細情報
・名称:観音堂
・住所:178 Waterloo St, シンガポール 187964
・地図:
・アクセス:MRTブギス駅から徒歩7分
・営業時間:6:00〜18:15
・定休日:なし
・料金:無料

美しくライトアップしたフラートンホテルの夜景を鑑賞


photo by shutterstock

マリーナ・ベイ・サンズの反対側に位置する老舗フラートンホテルは、昼もその佇まいに圧倒されますが、なんといっても夜が美しすぎるんです。どこかお城の舞踏会に来たかのような、豪華なオペラやコンサートを聞きに来たかのような、大きな入り口と壮大なライトアップに見とれてしまいます。

フラートンホテル内のレストランでシンガポール料理を楽しむことができるので、素敵な夜にしたいならディナーの帰りにゆっくり歩きながら夜景を堪能するのが良さそう。

■詳細情報
・名称:ザ・フラトン・ホテル・シンガポール
・住所:1 Fullerton Square, シンガポール 049178
・地図:
・アクセス:ラッフルズプレイス駅から徒歩すぐ
・電話番号:+65 6733 8388
・公式サイトURL:https://www.fullertonhotels.com/the-fullerton-hotel

他に、シンガポールを楽しむスポットなら

・超パワースポットの富の噴水で願い事をする
・シンガポールの地下鉄を乗り回す
・光り輝くマーライオンを後ろに写真撮影
・水陸両用車で行く「ダック・ツアー」でシンガポールをもっと知る
・午後はシソロ・ビーチでまったりする
・初カジノをセントーサ島で体験してみる
・シングリッシュでレストランのオーダーにチャレンジする

さあ、シンガポールで遊び尽くそう


photo by shutterstock

日本から直行便で7時間半〜でアクセスすることができるシンガポール。様々な文化が融合しているため、ひとつ道に入ると今まで見ていた景色がガラッと変わる魅力を持ち合わせています。

市内では、マリーナベイ・サンズに入っている最先端のお店でショッピングを楽しんだり、屋台でシンガポール料理に舌鼓をしたり、夜のライトアップに心奪われてみたり、親子旅行や女子会には最適な場所でしょう。セントーサ島では美しいビーチと自然溢れる山々で体を思いっきり動かすアクティビティを堪能しましょう。

シンガポールは一年中暖かくてフルーツが美味しく、治安もいい国として日本人にはとても人気の国。ぜひ今年こそ、シンガポールを遊び尽くしてみてはいかがですか?

シンガポール観光について調べている方に、人気の商品はこちらです

created by Rinker
¥150 (2020/10/26 11:04:18時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
ラッキーシップ(Lucky-ship)
¥1,463 (2020/10/26 09:29:27時点 Amazon調べ-詳細)
Anker PowerCore Fusion 5000 USBプラグと充電器の1台2役
Anker
ライター
永野 桃 TABIPPO編集部 / フリーライター

書く人・エッセイスト。アメリカ・イギリスでの短期語学留学、ヨーロッパ鉄道周遊ひとり旅など経て、新卒でベンチャーの旅行会社に就職。現在は複数メディアにてフリーのライター兼編集者。趣味は英語で、映画は洋画を中心に年間150本を鑑賞。渡航国数は23ヶ国。

RELATED

関連記事

RANKING

人気記事ランキング