その他

こんにちは、旅を広める会社である株式会社TABIPPOが運営をしている「旅」の総合WEBメディアです。世界一周のひとり旅を経験した旅好きなメンバーが、世界中を旅する魅力を伝えたいという想いで設立しました。旅人たちが実際に旅した体験をベースに1つずつ記事を配信して、これからの時代の多様な旅を提案します。

リアルアラビアンナイト〜アラブストリート〜

MRTリトルインディア駅→MRTブギス駅(駅間2駅)、ブギス駅から徒歩7分。19世紀頃から商いの街として栄えたイスラム色の濃いエリア、アラブストリートにやってきました。

目指すは黄金のドームサンタルモスク。その道のりの途中で、雑貨屋が連なるオシャレな通りを見つけました。

目指した場所以外での、新しい出会いにも感動しました。

アラブの雰囲気にふと歩く足も止まりますが、まだまだ行かなければならない場所が盛りだくさんで、あまり時間がなかったのが残念でした。

サンタルモスクに到着。おお、まさにアラビアンナイトの世界です。

 

プラナカン文化カラフルな街並み〜カトン〜

MRTブギス駅→MRTパヤレバ駅(駅間4駅)、パヤレバ駅から徒歩30分。カトンは、お土産や屋台、またプラナカン文化の残る街並みがあります。

目的地は、ブレアロード以上にカラフルな家があるクーンセンロードですが、最寄り駅から片道30分は歩くこととなりました。シンガポールは流しのタクシーが全然おらず、バスで行くこともできたのかもしれませんが、行き方が分からず断念……。

歩いた甲斐あり、到着したときの達成感は大きなものでした。こういう家の色使いはやはり文化の違いでしょうか。

 

シンガポールに輝く〜マリーナベイサンズ〜

MRTパヤレバ駅→MRTベイフロント駅(駅間6駅)へ移動します。ベイフロント駅で降り、ついにマリーナベイサンズを見るぞ!と意気揚々と探すものの、駅の外はスコールで大雨。

しかもマリーナベイサンズが全然どこにあるかわからずウロウロ。探して10分後に気づきました。自分たちがいる真上が、マリーナベイサンズだと……。ベイフロント駅からはマリーナベイサンズは見えないのでご注意を。

マーライオンを見るか、ガーデンズ・バイ・ザ・ベイを見るか悩んだ結果、マーライオンを見に行くことに。ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ見れず、残念。

 

シンガポールといえば〜マーライオン〜

MRTベイフロント駅→MRTマリーナベイ駅(乗り換え)→MRTラッフルズプレイス ラッフルズプレイス駅から徒歩10分。

人生初のマーライオンとのご対面!感想、意外と大きい!がっかりしないぞ! バックにマリーナベイサンズも見え、シンガポールの最後にマーライオンも見れて大満足でした。帰り道では夜のライトショーも見れて締めとしては最高!

MRTラッフルズプレイス駅→MRTアウトラムパーク駅(乗り換え)→ハーバーフロント駅へ。帰船リミット15分前に船に戻り付き、今回の旅終了。

ガーデンズ・バイ・ザ・ベイが見れなかったのが残念でしたが、他は大満足!時間が限られているのでどういうルートでまわるかが大事だと感じました。時間計算をしっかりすればこんな感じでインスタスポット巡りもできるので、挑戦してみてはいかがでしょうか。

 

 

ピースボートの船旅って?

photo by pixta

ピースボートは全長205メートルのオーシャンドリーム号に乗って地球を一周する船旅です。1年に3回、約100日かけてプランで決められた寄港地を巡ります。価格は部屋のグレードによりますが、99万円〜(朝昼夜の食事付き)です。

 

第104回のピースボート航海

初夏の北欧・ヨーロッパコース

期間:【横浜発着105日間】2020年4月9日(木)〜2020年7月22日(水)
期間:【神戸発着105日間】2020年4月10日(金)〜2020年7月23日(木)

横浜→神戸→中国→シンガポール→スリランカ→スエズ運河通航→エジプト→サントリーニ島(ギリシャ)→ピレウス(ギリシャ)→イタリア→スペイン→ポルトガル→フランス→イギリス→エストニア→フィンランド→ロシア→スウェーデン→デンマーク→ノルウェー→アイスランド→ニューヨーク(米国)→キューバ→パナマ→パナマ運河通航→コスタリカ→メキシコ→シアトル(米国)→釧路→横浜→神戸

 

第105回のピースボート航海

ヨーロッパ&南太平洋コース

期間:【横浜発着107日間】2020年8月21日(金)〜2020年12月5日(土)
期間:【神戸発着107日間】2020年8月22日(土)〜2020年12月6日(日)

横浜→神戸→香港→シンガポール→インド→スエズ運河通航→エジプト→サントリーニ島(ギリシャ)→ピレウス(ギリシャ)→イタリア→スペイン→モロッコ→ポルトガル→アイルランド→イギリス→アイスランド→米国→キューバ→パナマ運河通航→ペルー→イースター島→パペーテ(タヒチ)→ボラボラ島(タヒチ)→サモア→横浜→神戸

 

第106回のピースボート航海

アフリカ・南米・オセアニアコース

期間:【横浜発着107日間】2020年12月13日(日)〜2021年3月29日(月)
期間:【神戸発着107日間】2020年12月14日(月)〜2021年3月30日(火)

横浜→神戸→台湾→シンガポール→モーリシャス→レユニオン島→マダガスカル→ポートエリザベス(南アフリカ)→ケープタウン(南アフリカ)→ナミビア→ブラジル→ウルグアイ→ブエノスアイレス(アルゼンチン)→ウシュアイア(アルゼンチン)→チリ→イースター島→パペーテ(タヒチ)→ボラボラ島(タヒチ)→ニュージーランド→シドニー(オーストラリア)→ブリスベン(オーストラリア)→ケアンズ(オーストラリア)→ソロモン諸島→横浜→神戸

 

 

▼ピースボートデッキ~さらに詳しい情報はこちら~
https://pbdeck.net/
▼ピースボート公式LINE
https://page.line.me/peaceboat

 

その他

こんにちは、旅を広める会社である株式会社TABIPPOが運営をしている「旅」の総合WEBメディアです。世界一周のひとり旅を経験した旅好きなメンバーが、世界中を旅する魅力を伝えたいという想いで設立しました。旅人たちが実際に旅した体験をベースに1つずつ記事を配信して、これからの時代の多様な旅を提案します。

RELATED

関連記事

RANKING

人気記事ランキング